山の中で、もののけ倶楽部

50歳過ぎて始めた時々摩訶不思議な田舎暮らしをつづったブログ・・・

深蒸しコーヒー

これからの季節、薪ストーブの脇で雪が落ちてくるのを見ながらゆっくりと飲むコーヒーは、冬の楽しみの一つです。

キリマンジァロがお好みです。な~んて、通ぶっているけど・・・

ホントのことを言うと、インスタントとドリップの違いがわかる程度で、コーヒーの味がわからないのです。緑茶はわかりますけど。

コーヒーの入れ方は、お湯を適当に入れます。美味しい入れ方を書いた紙を持っているんですが、気がつくとすでにドリップ終了してます。

休日になると、必ずドリップしたてのコーヒーをゆっくり楽しんでます。

おひとり様なのに、コーヒーフィルターの消費が多すぎる!!

一度ごとに捨てるなんてもったいない。フィルターを洗って乾かして使おうかとも考えましたが、面倒です。

で、一人の時のコーヒーは、フィルターを使わずテイシュペーパーを使っています。
残っていたフィルターは来客用として棚に保管しました。恥ずかしいのでお客様にはフィルターを使います。
コーヒーが、テイシュペーパーででてきた場合でも、お客様として見てないわけではありません。誤解のないよう・・・

ネピア320枚160組 1箱 60円 (特売なら50円)
単純に計算して、160枚で60円 

テイシュペーパーでのコーヒーは、さしずめ
深蒸しコーヒーって感じかな?

フィルターに比べ非常にゆっくりと落ちていきます。
水出しコーヒーのような感じかな?

テイシュペーパーのほうがコーヒーのコクがでて絶対美味しいと思うんだけど・・・
(味覚オンチですから、本気にしないでくだい。)

テイシュペーパーの折り方をいろいろ工夫してます。

いい加減型 丸めて入れただけ。
コーヒー

三角錐型 こっちのほうが型に馴染んでいいようです。
コーヒー2

コーヒーフィルターがいらなくなりました。

少ないもので豊かな暮らしだね。

(田舎暮らし)
ランキングに参加しています。1クリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

(エコライフ)
ランキングに参加しています。共感頂けたら1クリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

完全なる箱入り家猫にゃん改造計画 ②

お婆と一緒に暮らしている「おはぎ」と「さくら」は
家付き、召使い付きの完全なる自由猫にゃんである。
(一般には野良猫と言う。)

おはぎ3  さくら3

密かに完全なる箱入り家猫にゃん改造計画を企んでいる。

完全なる箱入り家猫にゃん改造計画発動 その2

日中は自由に外を遊び回ってもいいのだが、夜間は夜行性の外敵が多く危険であることから、まず、夜間外出禁止を試みた。
彼女たちの行動パターンを観察すると、夕食が終わると外へ排泄にいき、一回り散歩をしてから家に戻ってくるようである。
彼女たち2匹がそろったところで、戸を開けることができないようにガムテープをはった。(しめしめ・・)

お婆が寝入って間もなく、
にゃ~にゃ~(戸が開かない!戸が開かない!)
カリカリ。ガタガタ。にゃ~ぁ にゃ~ぁ(戸が開かない!!!)

ふふっ・・・夜間外出禁止だよ~ 
諦めて寝ろ~ 

にゃ~ぁ にゃ~ぁ~ にゃ~あぁ~

ガタガタ  ガタガタ・タ  ガタガタ・ガター

えっ?! 開けようとしているのは、玄関じゃなく・・・
お婆が寝ている部屋の戸だ~!! 

戸・戸がはずれる・・・

仕方なく起きてみれば、「おはぎ」が必死に戸を揺すっている・・・

そんなに外へでたいの? と玄関に来てみれば、
「さくら」が部屋の中に入られず戸の前でチョコンと座っている。
ありや~ 「さくら」は外にいたのね・・・

ごめん。お婆が悪かった・・・ 「おはぎ」ありがとうね。

「さくら」のために、必死に戸を揺すったんだね。

猫でも人間でも、なにかスッと通った生き方があるのが好きだ。
「おはぎ」のお母さん猫の「たまさん」も、猫道一直線というかスッと通る生き方があった。人間に媚びることなくしっかりと猫なりのポリシーがあった。お婆は、そんな「たまさん」に魅了されていた。
「おはぎ」は、そんな「たまさん」の血を受け継いでいるんだね。

「おはぎ」が大好きだよ。

おはぎ2

お婆の負け~

薪ストーブ

新しい薪ストーブがきました。

薄いブリキ製時計型のストーブ
薪ストーブ3

近くのコメリホームセンターでこの時期になるとうず高く積み上げられます。
このストーブ、結構人気があるようで、年末になると売りきれるのです。

ピカピカ 

ポカポカ    

夏の間ずっと二階の布団部屋から降りてこない、お婆を完全無視の猫にゃんも、このストーブの暖かさにつれられて、お婆の椅子を占領してうたた寝してます。 お婆もついついうたた寝。(ストーブなくてもいつもうたた寝してるけど・・・)

いい気持ちにゃ~
猫1

結露が全くない!(驚いてます)

お湯がガンガン沸くので、寝る前に湯たんぽにお湯をいれます。

湯たんぽは、「お婆」と「おはぎ」と「さくら」用で3つ。
湯たんぽ
ブリキの湯たんぽよりこちらのほうが使い勝手がいいです。

朝まで暖かい~  いい気持ちにゃ~ 

布団と仲良し・・・
ついこの前まで、毎朝5時には起床していたなんて信じられない・・・

(田舎暮らし)
ランキングに参加しています。1クリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

(エコライフ)
ランキングに参加しています。共感頂けたら1クリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ
にほんブログ村

シンプルライフ

最近、いや以前からであるが、物を収納してしまうとどこへ収納したかすっかり忘れてしまい、
家中を探し歩きまわることがよくある。
全ての物を一目瞭然でわかるように目に見える所に置きたいのだが、そうもいかず、
なにかよい方法がないかと考えている。

持ち物自体を少なくすればいいのであるが、未だ物への執着があり、
後50年は生きるんだからきっと使えるわ・・・なんて未練たらたらで、
捨てられない理由を自分勝手にこじつけながら、いったんはゴミ袋へ入れたものを元に戻したりしている。

情けない話である。

こんな情けないお婆であるが、一つだけ実践できているものがある。

それは、調味料である。

なんということはない。いろいろな調味料を買うの(目新しい調味料を買う癖がある・・)だが、

大半が全部使いきれず、賞味期限6か月すぎで(2~3か月くらいなら平気で使います。)
捨ててしまっているのである。

おひとり様であるから、使いきれず気が付くと6カ月は経っているのである。 

単価計算すれば、ものすごく高い調味料・・・ 

今あるのが、定番

さ:三温糖
し:天塩
す:酢
せ:醤油
そ:味噌

そして、
粗びき黒コショー・豆板醤(七味の代用です)・わさび・オリーブオイル・
ごま油・みりん・オイスターソース(これがなくなったら買いません)
ターメリック・マヨネーズ・ケチャップ
めんつゆ(これは便利。手離せません。)

調味料
う~ん・・・こうしてみるとけっこうとたくさんある・・・

ドレッシング類は買いません。自分で作ります。

チキンブイヨンが必要な料理は、しません。

ボン酢がほしいが、自分で作ります。(市販のほうがずっと美味しいけど)

ソースがほしいが、結局捨てることになるので我慢します。


消費量が分かるように冷蔵庫のドアポケットと台所の棚に一列に
並べてあります。

もう少し削れない?  どれを削ろう?

思案してます。

これもシンプルライフの一つだと自分勝手に思い込んでます。

完全なる箱入り家猫にゃん改造計画 ①

お婆と一緒に暮らしている「おはぎ」と「さくら」は

家付き、召使い付きの完全なる自由猫にゃんである。
(一般には野良猫と言う。)

相変わらず、草の種ダンゴ状態で帰ってくるので、モコモコの毛にからんだ草の種を取るのが召使いの仕事である。

相変わらず、朝方になると小腹が空き何かを食べているようで、朝起きると食べ残し(肝)を片づけるのが召使いの
仕事である。
おはぎ6
草の種だんごの「おはぎ」

さくら6
小腹が空く「さくら」

自由に外と家を行き来しているせいでストレスがないのか、家の中は、泥だらけ、砂だらけであるが、障子を破ることも柱で爪を砥ぐことも全くない。食べ物に不自由したことがないせいか、テーブルの上にお菓子を置きっぱなしにしても食べることはない。排泄もしっかり外でやるので家の中ですることは一度もない。良い子である。

夜はお婆の家の2階の布団部屋で寝るのだが、朝と晩の食事の時にどこからともなくやってきて顔を見せる。日中どこにいるのか全く姿を見せないのである。これでは野良猫と同じである。

そして、時々、どこへ行くのか? 1~2日いなくなるのである。家の前の道路がゆるいカーブで、通る車は必ず減速するので交通事故の心配は少ないが、ここは山の中である。タヌキやキツネ、イタチといった外敵がいる。「おはぎ」と「さくら」の姉妹である「いろは」が、タヌキに殺られている。

あの頃はホントに小さな子猫だったからと思うが、このことがお婆はトラウマとなっているのである。

外へ出したくない。家の中にいてほしい。 心配。心配。

完全なる箱入り家猫にゃん改造計画 発動・・・

これから冬、寒い季節である。猫にゃんは暖かい所が好き。

今がチャンス!  まず、夜間外出禁止!!

戸を器用に開けるので、ガムテープ貼りました。 ヨシッ~!

戸を開けようとカリカリ、ガタガタ。 部屋中を歩き回っている。
2匹で戸の前にじっと座り、作戦会議・・・
ガムテープに気付いたようで、伸びあがって爪でカリカリ・・・

外出禁止だよ~

猫玄関
わざわざ作った猫用出入り口  お金かけました・・(泣)

ガムテープ
ガムテープ貼りました。

2日目の朝、2階の布団部屋のソファーの上にウンコしてる~ 

3日目の朝、ガムテープがはがれ戸が開いている。あちゃ~ 出た! 

お婆の負け~  

冬支度

土曜に続き日曜もいいお天気でした。

土曜の薪作りの疲れがでてきました。身体中が痛い。

こんなにいいお天気の日はめったにないと頑張るのですが、

午後からは、気が焦るばかりで身体が付いていかず、ペースダウン。

まだお昼なのに、疲れたぁ~

薪ストーブは、薪作りだけじゃなく、火をつけるための木っ端拾いも必要なのです。

杉とカヤの葉を拾い集めました。山の暮らしは豊かです。 
杉葉

腰が痛い~

紅葉を楽しむ時間もなくチラッ見
紅葉
赤い絨毯もいいけど、紅葉で真っ赤に染まった道を冬を感じながら歩くって最高の贅沢と思う。

リースにバラの実を飾りました。クリスマス頃完成予定。
リース3
リースより冬支度のほうが先だろう・・・

落ち葉をスコップで片づけていたら

スコップがポキッ・・・ また、壊れた・・・
シャベル

疲れたぁ~

お茶飲んで寝よう~


田舎暮らし)
ランキングに参加しています。1クリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

(エコライフ)
ランキングに参加しています。共感頂けたら1クリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ
にほんブログ村

薪作り

薪ストーブは、冬を暖かく快適に過ごすための必須アイテムです。

一度薪ストーブの暖かさを知ってしまうと、もう他のストーブは使えません。

本来ならば、もっと早めに春から夏の間に少しずつ薪を準備すべきでした。今となっては完全に遅いのですが、まぁ、まだ雪が降らないからギリギリセーフといったところかな・・・

この土曜日は、お天気もよく、薪割りをお手伝いしてくれる人の都合もいいということで、一日薪割りをしました。

斧を使う自信がないので、薪割りクサビを木に刺してハンマーでクサビをたたいて木を割る方法を選びました。

ターシャは80歳すぎても長いスカートをはいて薪割りしてたって。
お婆もターシャのように長いスカートをはいて薪割りしたい。

夢だよ。ロマンだよ。

さぁ~ がんばる~ 

なぬ~!? 1時間もしないうちに、ハンマーがポキッって折れた・・・
薪1

なんか、たたくもの・・・木槌でクサビをたたいたら木槌がボロボロ・・・
薪3

どうしょう? 薪割りができない・・・

お手伝いの人「チェンソーがあるのだからこれ使いましょう~ょ 」
薪2

なぬ~? チェンソーですって? 夢もロマンもないじゃん・・・
ターシャは80歳すぎても長いスカートをはいて薪割りしてたって・・・

お手伝いの人「新しいハンマーを買ったらお好きなようにどうぞ。差し当たり、薪がないと冬困りますよ。」

仰せのとおりです。 

お手伝いの人「チェンソーっていいね~ 楽~ ガンガン切れる~ 」
薪

お手伝いありがとう。 これで今年の冬は暖かく過ごせます。
今日は薪割りでなく薪作りでした。

でも、次は、絶対クサビとハンマーで薪割りするからね。

あっ・・長いスカートも買わなきゃ・・・


(田舎暮らし)
ランキングに参加しています。1クリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

(エコライフ)
ランキングに参加しています。共感頂けたら1クリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ
にほんブログ村

猫にゃんは「もののけ倶楽部員」です。

カテゴリー「猫にゃんこ」を
「猫にゃんこ(倶楽部員)」に変更しました。


昨年からお婆と一緒に暮らしている猫にゃんの「おはぎ」と「さくら」は、もののけ倶楽部員でした。
お婆には、猫を飼っているという感覚はありません。この場所で一緒に暮らしているといった感覚です。

お婆は、人間の着ぐるみを着ているので人間の役割を、
あちらは、猫の着ぐるみを着ているので猫の役割を、演じています。

昨年の夏、突然お婆の家に姿を現すようになった青い目のシャム猫風野良猫のたまさん(お婆がつけた名前です。)を飼うと決め、餌をやりはじめました。餌をやりはじめてしばらくしてから、たまさんは、3匹の子猫を連れたお母さん猫だったのに気付きました。(困った・・)
当時は、人間のお婆が主で猫は餌をあげ飼うものでした。今は、ご飯を召し上がっていただく地位です。
1匹の猫を飼う予定が、4匹います。(困った・・困った・・)
たまさんは、とても子猫たちを大切にしていました。
どの猫を選ぶなんてできませんでした。0か4です。

今では、同居猫としてお婆のボロ家を完全に占領していますが、当時は、4匹を家の中に入れることができませんでした。
そこで、今にも潰れそうなボロ小屋を建て替える予定だったので、新しく建てる小屋をたまさん親子が安心して住めるように猫仕様に、建て替えてもらいました。貧乏ですが、いたしかたありません・・・(泣)

新しい小屋 高床式・断熱材入り・床は杉板貼り・テラスあり
小屋3

猫用玄関
小屋2

遊べるように棚付き
小屋1

新しい小屋が完成する前に、親猫のたまさんがフッといなくなって、
この猫仕様の小屋・・・空いてます。(泣)
「おはぎ」と「さくら」は、警戒してこの猫仕様の新しい小屋に見向きもしないのです・・・(泣)

潰れそうなボロ小屋
小屋

小屋の中には、古い自転車やガスレンジなどの粗大ゴミがいくつか残っていました。
来週からボロ小屋の撤去作業を行うというので、大工さんに「この粗大ゴミを片づけておきます。」って言いました。まぁ~じゃまにならないようその辺に置いておけばいい~ それなりに庭が広いし・・

打ち合わせを終えて大工さんが帰った20分後・・・

「ごめんください。鉄くずを無料回収しています。何かありませんか?」

はあ~? あなただれ? 鉄くず回収業者です。 

ぼろ小屋の中の粗大ゴミを全部処分していただきました!!

いただいた名刺
名刺

ここに住んでから、鉄くず回収業者がきたのは、はじめてのことです。
回収業者が来るのは、別に不思議なことではありません。 しかし・・・
タイミングが良すぎない? 片づけるって言ってから、20分後よ~

偶然? ぐー然? またまた偶然ですか?

う~ん・・・お婆と大工さんの会話を聞いてました?
 
猫にゃんを呼びました?


今は昔。

冬到来

今日は昼過ぎより雨がみぞれに変わり、寒い~ 

天気予報は、今年はじめての雪だるまがでていました。

冬到来・・・

今晩、薪ストーブの試運転をしてみました。
パチパチと木がはじけて、いい音・・・
あったかい~  なんとも柔らかい暖かさです。

このストーブの脇で、お茶を飲むのが冬の楽しみの一つです。
 
ここは、近くの町に比べ標高が少し高いので冬はとても寒いのです。
薪ストーブがなかったら、ここでは冬は暮らせないかな・・・

お婆の薪ストーブは、日本製の薄いブリキのストーブです。
お値段は、3980円。
ストーブ本体より煙突とめがね石とその他付属品のほうが高かった。
お値段は、50000円位。

薪ストーブ
あっという間にお湯が沸く。 結露が全くない! すごい!!

北欧製のしっかりとしたストーブにしようか迷いました。
北欧製のものは値段は安くても15~20万円、ストーブと煙突工事代金で80~100万円と高いのですが、おしゃれですし何十年も使えます。
あこがれでもあります。

日本製のブリキのストーブの寿命は、2~3年です。

ここで、計算したのです。貧乏です・・・
例えば2年ごとに、ストーブを買い替えるとして、単純に20年で39800円となります。
いつまで、薪が手に入るかわからないことも考え、このブリキのストーブを選びました。
シンプルなデザインも気に入ってます。

3年目のストーブ

薪ストーブ1
さびて穴が空いてる。火が見えて風情がある?

買い替えなきゃ・・・

煙突
煙突が長いので暖かいんだけど、その分掃除が大変。

煙突掃除もしなきゃ・・・ 

山暮らしは何かと忙しい。 晴耕雨読・冬は冬眠とはいかないのです。


(田舎暮らし)
ランキングに参加しています。1クリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

(エコライフ)
ランキングに参加しています。共感頂けたら1クリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ
にほんブログ村

門扉が開いた・・・

祝詞婆です。

このブログのメインテーマというべきか目指すところを書かなきゃねぇ~ (そんなに誇れるもんじゃないけど・・・)

なんてったって題名が「もののけ倶楽部」ですもの。 で、  

このブログをとおして何が言いたいのか?何を伝えたいのかっていうと

この世界は、遠野の世界だってこと
遠野物語の世界は、今も存在しているってこと


祝詞婆流にいえば、
背筋の凍るような楽しいお話・・・
モォォ~ ワクワクする楽しいお話よ~  

お婆がこの4月から新しい会社に就職したこと、この会社には見えない裏名簿があるようだと、
前回のブログで書きました。

この会社では、頻繁に出入りのある門扉は、カメラによるモニター設置のほかに赤外線センサーがあり
人でも車でも猫でも石でもセンサーを通ると、アラームが鳴るシステムとなっています。
(ハイテク~)

門扉1
門扉

今年、8月19日夜間の出来事。
その日の当直は、前回のブログに登場のトモさん(チトイケメン)と七尾さん(若くカワユイ)でした。

8月19日 23時50分頃 門扉センサーのアラーム音が突然鳴った。 
モニター管理室内の給湯室にいたトモさんが「ん?今頃、何だ?」と急いでモニター画面をみると、
人が通る位門扉が開いている。  (赤外線カメラのため夜でも映像が映るのです。ハイテク~ )

誰か入ってきた? もしくは誰か出て行った?

トモさんは、懐中電灯をもって門扉を閉めにいき、周囲を見回す。 不審者なし。ホッ。

夜が明け、トモさんは、あんな真夜中、誰が門扉を開けたのかが気になり、モニターを巻き戻してみたのである。

ぎえ~!!!  
モニターがうつってない・・・


23時50分 アラームが鳴って管理室でトモさんがモニターを見た時、門扉はすでに開いていた。
モニターは、23時50分 門扉が閉まった状態を映し出している。
そこから、突然、0時 門扉が開いている状態で、懐中電灯を持って門扉を閉めに向かうトモさんの画像にとんでいた・・・
トモさんは、確かに開いた門扉を閉めてから戻ってきたのである。

門扉が開いたところが映ってない・・・
なんで?


電気系統の異常ですか? 門扉を開けるところを見せたくない?
門扉1
誰よ? 誰? 誰が門扉を開けたの? 


誰かが出入りした・・・   裏名簿にのってる人?

今は昔。   背筋の凍るような楽しいお話でした・・・

  

裏名簿

ここのところ普通の田舎暮らしについて書いてきた。
このブログのメインテーマというべきか目指すところを書かなきゃねぇ~
(そんなに誇れるもんじゃないけど・・・)

なんてったって題名が「もののけ倶楽部」ですもの。 で、  

このブログをとおして何が言いたいのか?何を伝えたいのかっていうと

この世界は、遠野の世界だってこと
遠野物語の世界は、今も存在しているってこと


祝詞婆流にいえば、
背筋の凍るような楽しいお話・・・
モォォ~ ワクワクする楽しいお話よ~  

お婆は、霊感・6感・超能力全くありません。ついでに、金運・男運もありません。普通のおばさんです。

お婆は、この4月から新しい会社に就職した。
もうすぐ退職する年齢なのに、よくぞ雇っていただいたと会社に感謝している。(お婆は上から4番目の高齢者です。)
しかし、この年齢での新しい仕事と人間関係はなかなかハードなものがある。いつまで頑張れるかと思いつつ、
なんとか7カ月が経ったところである。
7カ月経って、この会社へ就職した本当の理由が少し見えてきたような気がする。よ~く見ると見える?

この会社の人員名簿では、パートを合わせた全職員で110人位である。が、
どうも・・・これは表向きの人員名簿で、この会社には、見えない裏帳簿、
もとい、裏名簿が存在しているようである。

お婆が一緒に働く由美さん(佐藤キヨ美さんの娘さん)の話
どうも、ここには何かいるみたいなの・・・
見てのとおりこの部屋の戸は引き戸でしょう。引き戸って強く閉めると戸の跳ね返りがあるよね。
この部屋に入ろうとした時、パンって音とともに戸の跳ね返りがあったから「あっ 誰か入った。私も入れて~」と
思って部屋に入ったら誰もいなかった。

ある日は、この窓から人影が映って見えたので、「誰か用事があるのかな?」と思って戸を開けたら
誰もいなかった。

戸
誰か入った?

トモさんの話(トモさんは27~28歳の普通の男性。少しイケメン。)
今年の1月1日の真昼間男子ロッカー室での出来事。
トモさんが一人ロッカー室にいたらトントンとロッカー室の戸をたたく音がした。誰か来たかと戸を開けた。
誰もいなかった。

その日の出勤者全員にロッカー室に来たか?と聞いたが誰も行ってないとの返事だった。

戸2
あのトントンは誰?

同じくトモさんの話
2011年春、地上デジタル放送に変わった年の出来事。
ある日の昼下がり、会社内にある一台のテレビがスイッチを入れてないのに突然ついた。
突然テレビがついただけなら接触かなとあまり不思議と思わないが、このテレビ、地上デジタル対応の
新しいテレビであったが、デジタル放送を見るために必要なB―CASカードが入ってなかった。

一般的にB-CASカードを入れないとデジタル放送が映らないはずだが、映像がでた! そんなことあり?

B-CASカードなくても画面が映るのね~ B-CASカード必要ないじゃん? 必要です。
トモさんと他2人がこの事件に遭遇。 3人、唖然!? 

後日、また同じテレビでスイッチ入れてないのに突然テレビがついて、カードなしでデジタル放送が映った・・・
トモさんこの時も遭遇。

トモさん、裏で操作しているでしょう?

なんで映る? おかしいじゃない!!  スイッチだけの問題なら電気系統の異常と理解するけど、
B-CASカード入ってないのにデジタル放送が映るのは、おかしい!!

 B-CASカードってホントにいるの?

地上デジタル放送が見たかった? 誰が?

お婆は確信している。

この会社、裏帳簿じゃなく、絶対に裏名簿がある!?


背筋の凍るような楽しいお話でした・・・

今は昔。

白鳥が来た。

いつも通勤している道の田んぼに白鳥が来ました。
白鳥が来ると、もうすぐ冬・・・

白鳥
道路標識もカーナビもないのに、遠くシベリアから間違わずにやって来る。
画像が小さくてよく見えなくてごめんなさい。


冬だね~

今年一年を振り返れば(ちと早い?)雨が多くてさっぱり庭仕事が進まなかった・・・

昨日は、いいお天気だったがお仕事で、庭仕事できず・・・
今日は、朝から雨降りで、庭仕事できず・・・
なんか、さぁ~今日は仕事が休みだ。って日に雨が降るのが続いてたような感じがする。
焦る・・・が、今更焦ったところで何ができよう? 
植物の植え替え?種まき? もう冬です。

冬支度しねばならん~ 

雪で大切な枝が折れないように支柱をして・・・
短く剪定して・・・
今日も雨振りで、冬支度できず・・・ 
雪が降ってしまえば、大切な花木の枝が折れるか折れないか運を天に任せて諦めの境地となるのだが、今の時期が一番焦る時期なのです。

焦っているのに、雨の合間をみて、
木にからんだクズのつるで今年用の新しいリースを作った。
テキトーに輪にして、製作時間3分・・・
松ぼっつくりやヒイラギは、あとで・・ おいおいと追加していく・・・
クリスマス頃に完成予定。
リース1  
  
冬支度が思うように進まないので、
今年は雪がたくさん降りませんようにとお祈りをした。
神頼みしかない・・・(他力本願)

(田舎暮らし)
ランキングに参加しています。1クリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

祝詞婆

Author:祝詞婆
名前 祝詞婆(のりと婆)人生50年。二回目の人生を自分の思いのまま穏やかに暮らしたいと全てを捨てて?普通の田舎暮らしを始めました。暮らし始めたら・・何か変だぞ? マジー?!
普通とチト違う田舎暮らし。 
楽しい~ はまる~
今は昔。 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8)
プロローグ (1)
遠野語り。今は昔。 (61)
シンクロニシティ (17)
もののけ倶楽部部員 (4)
妖怪(倶楽部員) (2)
猫にゃんこ(倶楽部員) (89)
阿部正二(俱楽部員) (4)
美少年の森 (13)
山暮らし (263)
究極のエコ (13)
健康オタク (29)
越後三十三観音巡拝 (2)
木香 (10)
楽しい貧乏 (94)
思うこと (91)
自然栽培 (14)
ご近所様 (9)
鎮守の森 (10)
愛のエプロン (13)
ぼやき (46)
わらしべ長者 (2)

アクセスカウンター

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん