山の中で、もののけ倶楽部

50歳過ぎて始めた時々摩訶不思議な田舎暮らしをつづったブログ・・・

菩提樹の花

月1回の良寛講座にいってきました。
毎月楽しみにしています。

講座終了後、良寛さんお手植えの菩提樹を見てきました。(今が花の季節です。)

花が咲いていました。 いい匂い~ この木、気に入った!
菩提樹4

        菩提樹2     菩提樹3

この菩提樹の子供か孫を、植えたい・・・
   
親切な造園屋さんに ねぇ~やっぱり、あの木の子供か孫がほしいわ~ 
              (我慢しない暮らしをしている。)

親切な造園屋さん 大変申し訳ありません、。売ってないものは売ってません。
             ご依頼のあったオオバ菩提樹は、探して、探して、ようやく見つけた木です。
             来年3月に植えます。

祝詞婆  例えば・・・お姫様と一緒にお興し入れした桜とか、震災の時に残った松とか、
       そういうエピソードが重要なの。 わかる?

親切な造園屋さん 売ってないものは売ってないのです。 菩提樹ならどれも同じですよ。
             子供・孫じゃないけど、従兄・ハトコみたいなものです。
             どうしてもエピソードがほしいなら、従兄って言えばいいですよ。

う~ん・・・ それで・・・ 手をうつか・・・ 従兄の菩提樹です。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
人の貧乏は蜜の味
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

家はご縁です。人との出会いもご縁です。ご縁て何?

家はご縁です。人との出会いもご縁です。 はて? ご縁て、どういうことなんだろう?

2週続けて、隣人(?)との交流がありました。
車で1時間の距離なのに、なぜ、隣に住んでいると思うのか? (またまたイカレた話です・・・)

ーはじめて遊びにきたご近所様との出会いー
彼女が、新しくできた会社の事業案内と挨拶のため、お婆が50歳過ぎてパートで働き始めた会社を、
訪れたのが出会いのきっかけでした。

その日、お婆は休日で不在でしたけど、後日、彼女から会社宛に丁寧な礼状をいただき、
その礼状の中で、見知らぬ彼女が花好きで田舎暮らしを楽しんでいることを知り、(礼状に惹かれた。)
返事を書いたのがお付き合いの始まりだったと思う。(記憶が薄れているが確かこうだったと思う・・・)

お互いに、花好き・庭仕事が好きといっても、(世の中に花好き・庭好きはたくさんいる。)
彼女が、田舎の家を買わなければ、
お婆が、この家を買わなければ、お付き合いはなかったと思います。

ーなぜ、彼女がご近所様なのか?ー
付き合いっていくうちに、「アイタデ」の花を全く別の所で同時期に買ってみたり、(偶然です。)
こちらで黄色の蝶の話をすれば、(黄色の蝶はめずらしくはないけど。)黄色の蝶の話がでたり、(偶然です。)
福島で不思議な体験したって・・・(詳しいことは聞いてないけど。)
祝詞婆の周囲にいる一部の時々変なことを言う人たちと、どこか似ている所がある。

彼女の買った田舎の家の1家置いた隣には、神社があります。 (遊びにいったが、わからなかった。)
最初、この家が見つからず、神社を参拝した後で、ようやく見つけたと言います。
どこに玄関があるかわからないくらい草が生い茂っていたけれど、一目見て、気に入ったそうです。
普通は、たいてい、スル~する家じゃないかしら?

家って、ご縁なんです~  でも、どういうご縁なんでしょうかね??

ここで暮らすようになってから、人間が家や土地を選んでいるんじゃなく、
家や土地が、住む人間を選んでいるように感じるのです。(住まわせていただいてます。)

前回の記事で書いた生粋の都会人の彼が、田舎に中古家を買って、
彼の家を訪問して、彼の家と彼女の家は、近くにある!??と気付きました。
(彼と彼女のご主人様は、視覚の中でお互いを見てます。接点があります。それぞれに偶然があります。)

6次元では、
お婆の家の近くのお寺と、
彼の家の近くのお寺と、
彼女の家の近くの神社は、
ご近所様です。(6次元での地図上のお話です。)


あ~ つくづく、イカレた話だ~  
ひとまず、おしまい~  寝る・・・

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
人の貧乏は蜜の味
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村









家はご縁です。出会いもご縁です。

2週続けて、隣人との交流がありました。
車で1時間の距離なのに、なぜ、隣に住んでいると思うのか? (完全にイカレた話です・・・)

ーお宅訪問をしたご近所様ー
ここで暮らしてから働きはじめた会社で出会った、都会生まれ都会育ちの彼 都会人
彼の暮らし方や生き方に対する考え方が好きです。 
全くの他人ですが、遠くへ行かないで、お婆の側に居て欲しかった。ここに居て欲しかった。

彼が、田舎で中古家を探していると聞き、ある不動産屋さんを紹介しました。
お婆が人に不動産屋さんを紹介したのは、後にも先にも、彼だけです。
その時は、彼の気に入る家がなくて、紹介した不動産屋さんとは、それっきりとなりました。

2年後、彼は、新聞広告の中のある物件に惹かれ、その物件を見に行きました。
6年間探してようやく気に入った家に巡りあったのです。
その家を、仲介していたのは、お婆が紹介した不動産屋さんでした。 (時が満ちて、舞台が整った。)

2年の時間を経て、あれ?どこかで会った人だ。ってお互いに思ったそうです。

ー不動産屋さんから聞いた話ー
あの家の元持ち主は、家を売るために、東京・100km離れた県庁所在都市・50km離れた地方都市
地元と合わせて不動産業者70社に電話をしたそうです。 70社も電話する人ってめったにいないです。
たまたま、元持ち主が電話した100km離れた県庁所在都市の不動産業者の1社が、私の会社の近くで
同じ商売していて、田舎物件はよくわからないと、この物件を私へ紹介してくれたのです。 
70社の中から、3社が選ばれ、最終、3社の中から、私が家を仲介することになった。 
地元じゃなく、100km離れた所にある不動産屋ですけど。

新聞広告だして、家の内覧会をしていたら、以前、ご紹介いただいた彼が現れた。 
まさか、彼がこの家を買うとは思わなかった。 正直、驚いてます。
う~ん・・・お婆も驚いてます。 偶然です?  このパターンがやけに多い気がするが・・・

家って、ご縁ですね~  

ー彼の奥さんから聞いた話ー
この家の元持ち主が言うには、彼に売ることになってから、ある建設会社が、3倍の値段で買うから、
売ってほしいと言ってきた。金は関係ない!気に入った人に売る!とこの話を断ったって。

へ? 70社も電話するって、少しでも高く売りたかったんじゃない?
3倍の値段って、とても、魅力あるよね~ 菓子パンじゃなく家の値段だよ・・・
いくら彼等が気に入ったからでも、普通は、絶対、3倍のほうを取る・・・ 
(お婆なら微塵の迷いなく3倍を取る!)
 
家って、ご縁ですか~  なんかおかしくないかね? 

彼の買った家(場所)の近くに、お寺があります。 お寺を中心にできた集落です。
お婆の家(場所)の近くに、お寺があります。 お寺を中心にできた集落です。

昨年お婆が転職したため、ほとんど話すことがなくなったけど、こうして、家を見に来てくださいって
招待してもらい、嬉しく思っている。 ゆるっと末永くお付き合い願いたい。(ご近所ですから?) 


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
人の貧乏は蜜の味
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村







美少年林 名前の由来

毎日、毎日、草取り、草取り、草取ってます・・・ (優雅にお茶のはずが。)

今年の春先に山桜を10本植えて範囲を拡大した「美少年林」と名付けたエリアは、
あっという間に、草で埋もれてしまって・・・完璧な雑草園・・・ 「美人林」の足元にも及ばず・・・ 

美少年林

そこで、美少年林への、熱~い思い(?)を語って、自分自身を励ましたい。

お婆の住んでる近くに、ブナの木の立ち姿がとても美しいので、
美人林と名前がついているブナ林がある。 (地元では有名だ。)

その美人林より、美しくなってほしいとの切なる願いを込めて、庭の一部分を「美少年林」と名付けた。

決して、ふざけてはいない。 (真面目・勤勉・努力をモットーに生きたいと、たまに、思っている。)

自然界では、圧倒的にメスよりもオスのほうが、美しい。
この自然界の一員である人間も、同様と思う。全体的に女より男のほうが美しいと思う。

男が化粧をすると、その美しさに女はついていけない。
おかまの人って、きれい! (おかまは、男だ。)
ニューハーフって、もの凄くきれい! (ニューハーフは、男だった。)

何が言いたいかというと、美人(女)より美しいのは、美少年(男)だってこと。 

美人林の上をいく美少年林・・・ (祝詞婆の庭への思いが、わかっていただけるといいけど。)

さぁ~ 明日も草取りするか・・・  (何が言いたいかさっぱりわからない文章でした・・・ )

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
人の貧乏は蜜の味
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

隣に住んでいる人が遊びにきた。

一昨日の日曜日、ずっと、来てほしいと思っていた人が、遊びにきました。

偶然出会って、2年?3年?が経ちます。とても忙しい人なので、なかなか機会がなく・・・
というよりも、最初は気付かなかったんですけど、この2年の間に、だんだんと不思議ないい匂いがして
時満ちて、なんで、この人がいい匂いがするのかが、分かってきたところでの訪問でした。
隣に住んでる人でした・・・(車で1時間かかる所ですけど・・・)

雑草だらけの庭を、とってもいいって、褒めてくれて、ホントに、嬉しかった。
山桑の木を、こんなに褒めてくれた人は、はじめてです。桑の木が喜んでいました。
今まで、あまり大切にしなかったけど、これからは、大切にしよう。

この小さな芽を見つけて、
「アイタデ」ねって・・・ (普通の人は、絶対にわからないよ~ ある意味おそろしや・・・
アイタデ
たまに行く野菜を売る店で、買った「アイタデ」
祝詞婆が買った翌日、信州松本で、「アイタデ」を買った隣人 (アイタデってめったに売ってない植物よ。)

人間が庭を作るのでなく、
庭が自分自身で庭を作るのを、手助けしていけばいい。
お手伝いだよ。
遊歩道を作って、クズなどの木を殺す植物を、整備するだけで、いいんじゃない。


天からの声のように感じた・・・ (こんなことを言う人は初めて・・・)

お土産にいただいた「ゆうがお」 
ゆうがお

鉢に植えてアンドン仕立てにしょうか・・・
花が咲くのが楽しみ~ (あさがおじゃなくてゆうがおだもの。)

とっても楽しかった。  楽しかった~  次は満月の月のでる夜がいい。 また来てね~  

写真を撮るのを忘れてました。次は、忘れずに撮ろうっと。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
人の貧乏は蜜の味
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




この暮らしは、あの時から始まった。

今日は、6次元での隣に住んでいると思われる人が、はじめて遊びにきました。
(車で1時間位かかる所に住んでいます。)

楽しかった。 ホントに楽しかった。あっという間の時間でした。
偶然、出会ってから2年? ずっと、遊びに来てほしいって思っていたんだけれど
なかなか、機会がなくて、今日になってしまいました。

今日が、ベストです。

なぜ?今日遊びにきた人が、6次元での隣と思うのか?

先週、田舎に中古家を買った人の所へ、お宅訪問にいきました。(前回の記事で書きました。)
この人が買った家(場所)が、どうも、6次元での隣の家のようで・・・

この田舎好きの生粋の都会人と、今日遊びに来たご主人様は、
お互いに全く知らない(認識していない。)と思いますが、視覚の中で、お互いを見ています。(たぶん・・・)

この田舎好きの生粋の都会人が、都会からここへ転居してきたのは、大学院へいくため。
今日遊びに来たご主人様は、その大学で働いています。(出会ってから、あとで知ったことです。)
正面での出会いはなくても、後ろ姿は見てると思うよ・・・

ここで、暮らしはじめてから、やたら・・・こういったことが多い・・・

思えば、

50歳過ぎてからの田舎暮らしは、週3~4日は田舎で、週2~3日は都会でのつもりだった。

田舎のボロ家の改築工事が終わり、家の掃除をしていた夕暮れ時、(日曜日で掃除にいってた。)
2人組みの女性が、道に迷いました。ここはどこですか?タクシーを頼みたいのですが。と
尋ねてきました。 
ここは、○○です。タクシーは、この道を下って・・・と説明してると、

2人組みの片方の女性が、あれ?!! ○○さん? なんでこんな所に居るの?

退職した時に、新しいパート先を紹介してくれた先輩でした。 (パート先は50km離れた都会にある。)
先輩は、ここの住所を知らない。
先輩が、その日、山歩きをするなんて、知らなかった。(山といってもたくさんある。)

聞けば、朝9時から、ずっと山の中を歩いて(予定のルートを途中で変更したら迷った・・・) 
山の中を20km近く歩き、ここが何処かも全くわからず・・・(ヘトヘト)
ようやくたどり着いた民家が、ここだった・・・(助かった。)
 
ものすご~い 偶然!? (普通はあり得ないことよ~)

山の中で、道に迷った。
夕方、ようやく、山を下り、最初の民家に、道を尋ねた。
驚くことに、民家に住んでいたのは、パート先で一緒に働く後輩だった。


出会うのはどれくらいの確率かな?  計算できない・・・

思えば、この田舎暮らしは、この時から始まっている。
偶然が、絶妙のタイミングで、起こるのである。(なんで???)

6次元の隣に住んでる人の話は、次回に。

今は昔なんです。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
人の貧乏は蜜の味。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村





隣のお宅訪問 続き

もののけ倶楽部の観点から、この家(場所)は、どうも・・・ご近所のようなので・・・
カテゴリーに、 「ご近所様」 を追加しました。

6次元の世界での、ご近所様 の話です。 (こりゃ~ 完全にイカレた話だ・・・)

50歳過ぎて、アーリーリタイアをして、田舎暮らしをはじめた頃、
パートで働き始めた会社で、知り合った人が、田舎に中古家を買ったというので、
お宅訪問にいってきました。 続きです。 

このご夫婦、年の頃は、40歳前後、二人とも生粋の都会の人 子供が4人 

どんな田舎暮らしかというと、

お風呂が五右衛門風呂なので、毎日、木を燃やして、お湯を沸かしている。(給湯器がない。)
たくさんの薪が必要なので、薪割りをするのが、お仕事が休みの日の日課だそうです。

薪割り用の斧は、近所の人から、「俺はもう使わないから」ともらったもの

彼は、とても、上手に薪割りしてました。
コツをおしえてもらい、祝詞婆もやってみたけど、斧がはずれて空振り。(むずかしい・・・)
彼の息子さん(小4)が、その斧で、スパンと、木を割るのには、驚きました。(力じゃなく、コツだね。)

集落の人たち全員が、子供が4人いる家庭ということを知っているようで、(集落の期待の星)
とにかく、みんなが野菜を持ってくるそうです。
野菜は、ほとんど買わず、頂き物で、足りていると言ってました。
タケノコが食べきれず、捨てるのはもったないと、大きな冷凍庫を買ってそうです。
毎日、いちごがくるので、いちごも食べきれず、ジャムにしたそうです。

畑は、来年からと、思っていたら、
ある朝、突然、ここの家の元持ち主が、耕運機をもってやってきて、畑を耕していった。
じゃがいもが植えてありました。

畑といえば、もち、自然農法・自然栽培 (とても、興味をもっています。)
本を片手に、検証研究って感じ。 (農業に生活がかかっていたらやれない。)

祝詞婆の周囲で、自然農法・自然栽培に関しての会話ができるのは、彼の奥さんだけ。

で、奥さんが、宝物を見せてくれた。
木村秋則さんの直筆のサイン (この本の中にサインがある。)
自然栽培

わぁ~ いいなぁ~ 祝詞婆もサインがほしい・・・

帰りのおみやげに、参拝したお寺の石の間から芽をだしていたド根性紅葉を、いただきました。
彼の息子さんが転んだので、抱き上げた所で、偶然、発見した紅葉
もみじ2
ただでは、帰りません!

隣の家に引っ越してくるなんて、なんとも、不思議なご縁だね~ 
(当の本人は、全く気付いていないですけど・・・)

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
人の貧乏は蜜の味
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村





お宅訪問

50歳過ぎて、アーリーリタイアをして、田舎暮らしをはじめた頃、
パートで働き始めた会社で、知り合った人が、田舎に中古家を買ったというので、
お宅訪問にいってきました。

このご夫婦、年の頃は、40歳前後、二人とも生粋の都会の人
田舎暮らしが好きで、実家(都会)から遠く離れたこんな田舎に転居してきた。(モノズキ・・カワリ者・・・)
田舎で暮らそうと、自分の思う家を探して6年間、見た物件は多数、もうないかもと思ったところで、
この度めでたく(?) 田舎に家を買ったと聞き、突撃隊のように、訪問してきました。

家って、ご縁なんです。 

古い部分は、築60年、新しい部分でも、築40年経っているって、どんな家かな~ 

明るくて風が通る、とっても、美しい家でした。
アルミサッシは1枚もなく、全て木枠の戸で、どれもデザインが美しくて、家全体の雰囲気を作っていました。
昔の建具は、なんと美しく素敵~  (うっとり~ 写真撮るの忘れた。)

欄間 (デザインがいい。)
家1

梁 (幅60cmはあるものすごく立派なもの)
家2

舶来の薪ストーブ (煙突も含めお値段の高い代物)
家3

お風呂も薪だって・・・五右衛門風呂 (給湯器なし!)
家4

家の前を流れる川 水が澄んでいてキラキラ光っていた。(気持ちいい~)
川1

お宅訪問後は、みんなで、近くにあるお寺へ、参拝にいきました。(少し有名なお寺)
寺1   寺2

               寺3

もののけ倶楽部の観点から言えば・・・
この家(場所)  祝詞婆の家の隣かな?  (車で1時間かかる位の距離ですけど・・・)

もののけ倶楽部の観点から言えば・・・・
来週は、祝詞婆の家の反対隣の家の人が、はじめて、遊びにきます。(車で1時間かかる位の距離ですけど・・・)

なんか摩訶不思議だけど、隣?ご近所?だって、感じがするのよね~ 
(祝詞婆は、霊感・六感・超能力全くありません。凡人です。)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
人の貧乏は蜜の味
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

まるまると美味しそうな虫

冬の雪が少なかったせいか? 早春に、庭全体に、油粕を撒いたせいか?
今年は、やけに、アブラムシやらアオムシやら、虫が多いような気がする。
木酢液を散布しなきゃ・・・

花が終わったつるバラの葉を、食べていた虫 (糞がたくさん落ちていた。)
ホントは、見つけるとすぐに捕獲して、処分するんだけれど、
あまりに大きくて、まるまると美味しそうなので、処分せず、そのまま。

葉っぱをすきなだけ、食べていいよ。  
写真がピンボケ。虫がどこにいるかわかるかな?
虫

コメリで、たった1本売れ残っていた半額の薔薇 (半額好き。得した気分。)
ドイツの作出で、名前が、確か・・・クレメンタンザ? 違ってるかも。
昨年秋に、大きな枝の中に虫が入り、その枝が枯れてしまったから、今年は、花が少ない。
クレメンタンザ

明日は土曜日だけど、お仕事があります。(週5日働くってなかなかハード。)
もう・・・ 起きてられない・・・ 寝よう~


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
人の貧乏は蜜の味
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 

トラ科猫属自由猫(野良猫ではありません。)

 野良猫といわれる境遇に生まれながらも、強運に恵まれ、
(野良猫でも、いかにいい飼い主に巡りあうかで、天国か地獄かが決まる。全てが運である。)
今となっては、召使い付きの家で、羨ましい限りの自由で気まま生活を送っている2匹の猫にゃんである。

生まれてから4~5か月までは、母猫のたまさんが片時も離れず、一緒にいたため、(幸せな日々でした。)
ご飯の時以外、人間は近づくことも、なでることもできなかった。
子猫に触れようとすると、母猫のたまさんが、険しい目つきで、必ず、「シェー!」って、威嚇していた。

母猫のたまさんが、突然、いなくなって、一人と2匹の生活が、はじまって、早、1年半になる。
完全なる猫小屋となって、1年である。 (この家で一番偉いのはお猫様である。)

おはぎとさくら

お猫様との同居は、はじめてのことなので、驚きと発見の毎日である。(心臓ドキドキ)

先日の真夜中、またまた、バリバリと、軟骨を噛み砕く音で目が覚めた。
今晩はネズミかな?モグラかな?トリかな?  (はぁ~ また、何か食べている・・・)

噛み砕く音がしたまま、(まだ、口の中に残っている・・・)

ポンと、祝詞婆が寝ているベットの上に上がり・・・ 

お婆の足元から頭に向かって歩いてくる・・・(早い!!)

そして、寝ている祝詞婆の頬に顔を近づけ、(バリバリと軟骨を噛む音がハッキリと聞こえる・・・)

鼻息が顔にかかる・・・ニヤ・ァ・・・(

思わず、手で払いのける。 (寝たふりはできません!)

ヒ・ヒェェ~  今は、なめるな! 絶対になめるな!!

日頃、抱っこしょうとすれば、逃げていく。なでようとすれば、逃げていく。ちっとも触らせてくれないくせに、
なんで、こんな時だけ、近寄ってくるのよ?

そりゃ・・・ お猫様自らから近づいていただけるなんて嬉しくって、感激のあまり泣けてくるけど、

ちゃんと、口の中のものを飲み込みなさい! お行儀が悪い!!

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
人の貧乏は蜜の味
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スペクタリビス

雨に打たれて、薔薇がうつむいています。
庭にある薔薇のほとんどが、1季咲きなので、この季節を過ぎると、薔薇をほとんど見ることができません。
1年で数週間だけの贅沢な至福の時間
この季節は、仕事を休み、薔薇に浸っていたいんだけど、この年齢で雇っていただいてますから、
わがままは言えません。 まぁ、もう少しすれば、毎日サンデーです。 (否応なしにご隠居さんです。)

雨の日は、庭仕事を休んで、ボンヤリと、家の中から外を眺めています。(仕事があるので早朝のことです。)
雨の日もいい。(ボンヤリが好き・・・グータラが好き・・・テキトーが好き・・・)

スペクタリビス  今年で3年目、やっと花が咲いた。
スペクタリビス

ヒルデガルド  名前のダグがなくなり、たった1つ売れ残っていたショボイ薔薇だった。
          四季咲き とても丈夫 1m位の大きさ 中輪系 とてもいい匂い(これがいいの~) 
          名前がわからないので、祝詞婆が勝手に「ヒルデガルド」って名前を付けた。(聖女の名前)
ヒルダ
植えた場所が合うのかとてもよく成長してくれるのですが、
祝詞婆からすると、植えた場所が気に入らず、植え替えようか、迷っている。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
人の貧乏は蜜の味
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




トラ科猫属

自宅をお猫様に乗っ取られて、1年が過ぎようとしている。(完全なる猫小屋である。)
お猫様が使っている部屋のほうが多い。 (この家で一番偉いのはお猫様である。)

お猫様は、完全なる夜行性で、日中は、ずっと寝ていて、夜になると活発に動く。
毎晩、夜食をご自分で調達され、召し上がっており、 自由気ままな生活を送っている。(自由猫)
お猫様との同居は、はじめてのことなので、驚きと発見の毎日である。

トラ1

先日の真夜中、バリバリと、軟骨を噛み砕く音で目が覚めた。
また、何か食べている・・・ ネズミかな?モグラかな?トリかな? (キャットフードじゃ満足できない?)

噛み砕く音が止んで、(食べ終わった様子・・・)

ポンと、祝詞婆が寝ているベットの上に上がり・・・ 

お婆の足元から頭に向かって歩いてくる・・・(来た!来た!)

そして、寝ている祝詞婆の頬を、(寝たふり・・・)

にゃ~(美味しかったよ~)って鳴きながら、ぺロってなめた・・・(

ヒェェ~!! 今は・・・なめるな!! 口が生臭い?!!

日頃、抱っこしょうとすれば、逃げていく。なでようとすれば、逃げていく。ちっとも触らせてくれないくせに、
なんで、こんな時だけ、なめるのよ?

そりゃ・・・ なめていただけるなんて嬉しくって、感激のあまり泣けてくるけど、

ちゃんと、歯を磨いて、うがいをしてから、ナメナメしてほしい・・・

トラ2

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
人の貧乏は蜜の味
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

その木は起こしてください!

この春、山桜を10本植えるために、美少年林と名前をつけたエリアの奥側の土地の整備を行いました。
カヤとクズとススキで覆われた荒野です。  
カヤとクズとススキの中に山桜を植えることはできません。

奥側のエリアで作業するための通路を、塞ぐようにニセアカシアの木が、倒れていました。
昨年の大雨の日に、土砂の流れ出しにより倒れた木です。

親切で丁寧な造園屋さんは、
通行のじゃまになるので、このニセアカシアの木を切っていいでしょうか?と言います。
間違って1本の木でも切ったら、仏の祝詞婆が、鬼婆に変身するのを知っているようです。(コワッ・・・)
ですから、ちゃんと、切っていいか?聞いてきます。 (怖いからね・・・)

もちろん、切ってはいけない! 倒れた木を起こしてください。

親切な造園屋さん 「ニセアカシアなんて、この辺にはいくらでもある木です。 雑木ですが、
             わざわざ・・・起こすんですか?」 (お金かかります。)

ここで、祝詞婆の説教(?)が、はじまる。 (よせばいいのに・・・悪いクセ・・・) 

ニセアカシアとはいえ、この大きさになるまで、何年かかるでしょう?
長く生きている、大きいというだけで、価値が高い!
単なる杉の木でも、1000年生きていれば、屋久杉・縄文杉と言われ、大切にされる。

確かに、整地したあと、好きな木を植えているが、鳥が運んできて芽が出た木も含めて
庭造りをしょうと思っている。 (できるだけ自然に添ったほうが楽。本音は苦しい・辛いのはダメ・・・)
決して、丸刈りがいいとはと思ってはいない。

ニセアカシアは、雑木ではない!  起こせ~!

ハハァ~ 承知しました・・・ 

却下1

起こすって簡単にいうけど、これだけ大きな木だと、起こすのも大変な作業なんです。 絶対、切った方が楽。

わがままな婆姫

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
人の貧乏は蜜の味
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

その申し出は、却下します。

イチイの垣根が好きで、

いつもお願いしている人相が悪いが気のいい造園屋さんに (ちよっと見、○○団のお兄さん風・・・)
イチイの木10本を植えて垣根を作ってもらったんだけれど・・・(とても立派な苗木でした。)

どんどんと枯れていく・・・・  また、死んじゃった・・・

プロが植えたのになぜ?と、見てもらったら、
どうも、土の中に山からの水の通り道があったようで、、根腐れを起こしたのが原因のようでした。

どんどん枯れていって、残ったのは、4本・・・(泣)
そして、竹垣だけが残った・・・(お値段の高~い竹垣 

却下2
イチイの後に、「つるうめもどき」と「けやき」を植えました。 両者はいたって元気に成長している。

結構なお金をだしてイチイを植えたのに、半分以上が枯れてしまい、
すまないと思ったのか、(イチイの苗木は高かった。)
人相の悪い造園屋さんは、「土を高く盛り上げて、もう一度イチイを植えます。」と言ってくれたが、

その申し出は、丁寧に、却下しました。 イチイは植えなくてよい! 

合わない土地に、無理やり植えられるイチイは、気の毒である。
土を盛り上げて植えれば、根腐れをおこすことはないと思うが、
長い年月の間に、人が盛り上げた土は、自然の形に戻っていくと思う。

無理せず、水の好きな植物を、例えば、「かつら」や「やなぎ」を植えればいいのである。

その土地に合うものを、植えて、育てていくほうが楽だ。 

ということで、イチイは、却下!

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
人の貧乏は蜜の味
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

野イバラが咲いた。虫喜ぶ。

いや~ 今日から6月・・・ 1年も半分終わりか・・・
早い・・・ 

ゆるっと暮らそうと早期リタイアして、田舎暮らしをはじめたが、とても、忙しい~  
仕事をしていた時の忙しさとは、全く異なるそれなりに心地よい忙しさではあるが、
身体が3つほしい所である。

あれもこれもと、欲張るからこういう状況になる。
身体は1つなんだから、それに合わせた暮らしをしていかなきゃね。
過労死は、したくない。(毎日グータラの上9時間寝ているんでしょう!過労死するわけない!)

大好きな野イバラが、満開。 
ふわっといい匂いがする。 

他のバラは、虫に食べられたり、病気になるんだけれど、
ホントに丈夫で、手間いらずのバラです。あっという間に大きくなりました。

いい匂いがするから、花に顔を近づけて・・・
わぁ~!!
この時とばかりに、蜂や虫たちが、花の周りを飛び交っている。
ものすごい数の虫たち・・・ (ブーンって羽の音が聞こえる。)
鼻を刺されたら、大変なことになる。(これだけは絶対に避けたい。)

野バラ1

野バラ2

結局、花に近づくことが出来ず、3メートルは離れて、観賞しました。
隣のロサカニナの薄いピンク色の花も、可憐で、いいね。

ロサカニナ

これからバラの咲く季節
ゆっくりとバラを楽しむ。至福の時間だ。ね。

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
人の貧乏は蜜の味
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

祝詞婆

Author:祝詞婆
名前 祝詞婆(のりと婆)人生50年。二回目の人生を自分の思いのまま穏やかに暮らしたいと全てを捨てて?普通の田舎暮らしを始めました。暮らし始めたら・・何か変だぞ? マジー?!
普通とチト違う田舎暮らし。 
楽しい~ はまる~
今は昔。 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8)
プロローグ (1)
遠野語り。今は昔。 (65)
シンクロニシティ (17)
もののけ倶楽部部員 (4)
妖怪(倶楽部員) (2)
猫にゃんこ(倶楽部員) (93)
阿部正二(俱楽部員) (5)
美少年の森 (15)
山暮らし (295)
究極のエコ (14)
健康オタク (30)
越後三十三観音巡拝 (2)
木香 (11)
楽しい貧乏 (102)
思うこと (96)
自然栽培 (17)
ご近所様 (9)
鎮守の森 (10)
愛のエプロン (15)
ぼやき (49)
わらしべ長者 (3)

アクセスカウンター

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん