山の中で、もののけ倶楽部

50歳過ぎて始めた時々摩訶不思議な田舎暮らしをつづったブログ・・・

瓶の底から見える景色

セミリタイア前、友人が、シングルで女っていうだけで、見下される、バカにされるのよ、と
憤慨して言う言葉を、時々聞いたことがあった。

その時は、へ~そうなんだ、程度にしか思っていなかった。
それなりの名前の通った会社に勤め、一応役職で、それなりの給料をもらっているのが、
世間様に知れていたせいか、値段の高い物を着ていたせいか、(ブランド物ではないけど)
見下されるとかバカにされるといったことは感じなかった。

もっとも、月から金曜日は、朝8時から夜8時まで会社で働き、
土日曜日は、家の中で家事をしてるか寝てるかで、
見下されるとか、バカにされるといった状況にあう機会がなかった。

セミリタイアして、一人の貧乏なおばさんになったら、

時々、

一応お客であるのに、忙しいので、作業は来月にします、と、勝手に変更してくる。
頼みもしないのに、勝手に、このほうがいいのでやっておきました、と言う。

おじさんたちは、命令口調、子供扱いで話しかけてくる。
同年代のおばさんは、完全上から目線で指導してくる。
店員さんは、おばさんだからどうせ何を言ってもわからないだろうと
いい加減な返事しかしない。(確かに理解できないことがある。)

似たようなおばさんなのに、一人暮らしの貧乏おばさんと、○○さんの奥様では、、
明らかに、態度と口調が違う。(夫という光背がないってこういうことね。)

ふ~ん、これが、見下される、バカにされるってことか。 はじめて知った。(面白い・・・)

集落のはずれの山の中、古い小屋のような家に住んでいる。
錆びた車に乗っている。(13年目)

いつも、シャツにズボンに長靴だ。
化粧なし、すっぴんで、日に焼けて真っ黒の顔。
髪は、とにかくショート。

貧乏暮らしで、見るからに、お金がなさそ~ 

きっと、こんなおばさんは、見下され、バカにされるんだね。 (なかなか興味深い・・・)

日常は、

会社では、幹部役員はじめ皆さんからいつも丁寧に声をかけていただいている。
友人以上に友人のご主人たちから、丁寧な挨拶をいただいている。
造園屋さん、大工さん、車屋さんたちは、もちろん、非常に丁寧だ。電話するとすぐに来る。
ここへ来る皆さんは、まず、丁寧に頭をさげ、挨拶をされる。
古くからの友人からは、貴女の暮らしは非常にクオリティが高い、と言われる。

お婆自身は同じなのに、違う・・・ (人間って面白い・・・)

セミリタイアする前は、瓶の口から瓶の中を見ていた。瓶の中はたいてい同じ景色。
セミリタイアしてからは、瓶の底から上を見ている。黙ってじっと見ている。
景色が次々と変わり、いろいろなものが見える。
時々ひっくり返るので、裏側も見える。(見下した相手には何でも思ったままを話しかけてくるようだ・・・)  

肩書きや光背のない、貧乏おばさんて、面白い~

追記:最初、命令口調、子供扱い、完全上から目線の言葉や態度が、3ケ月もすると、
    なんで?と思う位、非常に丁寧に変容するのが、これまた、面白いのよね。。。



ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

爪みがきブギ

外敵の多い野山を駆け巡り、自由に獲物を捕獲する猫にとって爪は大切な武器である。
爪がなければ、木に登れない、獲物も捕れない。

お猫様は、毎日、熱心に爪のお手入れをされている。(大事な爪ですから。)
実は、一度も爪を切ったことがない。 (実は暴れて、外へ逃げていくので切れない。)

では、爪が伸び放題かといえば、
自分で伸びた爪を噛んで切っている? 噛む音がする。
セッセと、爪みがきをされている。 ので、それなりにいい長さである。

段ボールで作られた爪みがきを常備している。(ホームセンターに売っている。)
この段ボールの爪みがきも愛用してくださるのだが、
お気に入りは、やはり、柱だ。。

この柱の材質と厚さと立っている場所が、お気に召されているようで、
昔昔の歌にあったっけ・・・

外から帰って、ガリガリ
ご飯の前に、ガリガリ
ご飯の後に、ガリガリ
○ンコの前に、ガリガリ、後に、バリバリ

一日中、暇さえあれば、2匹で、お婆の顔を横目で見ながら、交互に、バリバリ、バリバリ、、
寝ても覚めても、暇さえあれば、2匹で、お婆の顔を横目で見ながら、
交互に、ガリガリ、バリバリ、バキバキ、ジョリジョリ、、

とっても、上手に爪をみがくのよ~ (親バカ丸だしですw)

丸2年間、ひたすら、爪をみがいたため、
柱が、薄くなった・・・
お猫様がご存命の間は、もってくれと願っている。(柱は、諦めた。)

爪とぎ   1爪とぎ


襖も、全て、諦めた。なすがままだ。。
襖を張り替えても、何分ももたないだろう・・・
せめて、穴があかないようにと願っている。。。

爪とぎ4  爪とぎ2

お猫様との暮らしは、ホント、飽きない。 


ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

3分のために、一日休暇を取る

2月17日は、千手観音御開帳の日

この千手観音様は、
天平の時代、行基が夢枕に現れた千手観音を模写して彫ったと言われている。

この千手観音様は、
夢枕に現れたり、空を飛んだり、テレポートしたり、黄金に輝いたり、と
不思議なエピソードがたくさんあるから面白い。
だから、参拝する。 今年で3回目です。

御開帳は、2月17日の年1回、1日5回、1回3分(たった3分・・・)
たった3分のために、一日休みを取って、一人で、参拝にいってきた。

千光寺2


お堂の中で座る場所は、もちろん、天女が描かれた天井絵の真下。
今年も、お婆を待つように?真下が空いてた。
(天女とお婆、完全、ミスマッチ、 ほっといてくれ・・・)

千光寺3

平日なので、参拝する人が少ないと思っていたが、結構、大勢の人がいた。
一般参拝者に加わって、近所の保育園児と小学3年生が、
先生に引率されて来ていた。

子供1   子供

子供たちは正座して、高齢者は膝が痛いので足を伸ばしたまま、
お経と不思議な縁起のお話を聞いて、
(般若心経は何回聞いてもいいお経、ウットリ・・・)

御開帳3分の千手観音様に無心?で手をあわせて拝んだ。
(減るものでなし、もっと見せてもいいじゃないか。3分にこだわる・・・)

こうやって、子供たちに、身体で伝承していくんだね。

3分なんです。ホントに幕があがって3分で幕が降りる。 (ウルトラマンか?)

はい。 終了~。。。

今年は、電灯の光で、目が光って見えた。

また来年。 こっちが大事。 

仕事なんかしていられるかっ・・・



ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

ボンヤリと一日が過ぎた

春が近い。
昨日の最高気温14℃ 
暖かい~


今朝の風景 まだ、雪がたくさんあるけど、春の日差しです。

朝日

                         朝日2

庭仕事はまだできない。 

白鳥の鳴き声があたりに響いている。(写真撮る前に飛び去った。)
どこかな?と見渡せば、空を2つの団体が飛んでいた。
シベリアへ帰る?
春が近いね。 

玄関まで車が入るように、雪道を少し広げた。(まだ車が通れない。不便だ。)

朝日1


もう少しで雪が融ける。 

ゆっくりと四季の移り変わりを、
身体で感じる静かで穏やかな暮らし といえば、カッコイイが、

な~にもしないで、ボンヤリと一日が過ぎた・・・

まぁ、春になれば、雪が降るまで、怒涛の日々ですから、ボンヤリできるもの今だけですw 


ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

愛のエプロン 沢庵編 極楽・お気楽・お道楽


春になったら、お山へ沢庵を捨てようと覚悟していたのに、
皆さんが、喜んでもらってくれた。 有り難いことだ。

漬け桶が軽くなったら、少し、、やる気がでてきた。  (根っからの単純人間でしたw)
気力、知力、体力を駆使して、それなりに、頑張っております。 

こんな沢庵、どこの店にも売ってない! 芸術的1本 (アートだよ)
リメイク5 糠が付いている状態

もらった美味しい白菜漬けの残った半分に、沢庵を細かく切って混ぜた。
リメイク7

白菜、人参、塩こんぶ、ゆず、沢庵  豪華な一品

硬いものばかりで、チト、、顎がカッタルい・・・
ふふっ
残り8Kg (大根8~10本位)
 
煙突掃除をしたので、薪ストーブが使えるようになった。(3時間かかった。なかなかのロードー。)

薪ストーブとカンテラからの炎の灯りと、沢庵リメイクの豪華な一品、
静かな穏やかな夜、 極楽・お気楽・お道楽 

寝るのはもったない・・・  

 
ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

停電した

2月19日(木) 今日の出来事

PM6:00 仕事より帰宅 薪ストーブが使えないのでファンヒーターを点ける。
PM7:00 いつもの貧食 ファンヒーターは暖かくない。
PM7:30 突然、停電する(付近一帯300軒が停電)
       当然のことだが、真っ暗・・・(ホントに真っ暗)
       懐中電灯を持って、ロウソクをつける。
       あれ? 停電用のおおきなロウソクどこだっけ? な~い。。。(汗っ)
       しかたないので、ケーキ用のロウソクをつける。
       電気が復旧するまでの1時間、すぐに溶けてなくなるケーキ用ロウソクを
       継ぎ足し続ける。真に面倒な作業だ。 
       当然のことだが、ファンヒーターは点かず、石油ストーブはあるものの、寒い。
       お猫様は、いつもより活発に動きまわる。(猫は暗闇に強い。)
       薪ストーブが使えない時に、停電か・・・(泣  さぶいよ~ )

PM8:30 ようやく、電気が点く。
       
昨日は、煙突が詰まって、悪戦苦闘した。
今日は、停電で、ロウソクの継ぎ足し作業に悪戦苦闘した。

2晩続きの、トラブルに、疲れた・・・

PM9:30 もう、何もする気にならず、寝た。  (こんな日は、寝るに限る。)

20年前、キャンプ用に買ったが、一度も使っていないカンテラが、あったことを思い出した。
早速、非常用に常備した。
あちこち錆びているが、一応、ドイツ製で、燃料は灯油を使うものである。
炎の光が柔らかい。 炎が揺らめくのもいい。

カンテラ1  カンテラ

昔の人は、なんて情緒豊かな夜を過ごしていたんだろう。
これからは、非常時に限らず、時々、カンテラの光で、夜を楽しもうと思う。


ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

煙突が詰まった

2月18日(水) 今日の出来事

PM6:00 仕事を終え帰宅 薪ストーブに点火。
PM7:00 粗末な夕食 薪ストーブでお湯を沸かしお茶を飲む。
PM8:00 入浴  薪ストーブで髪を乾かす。
PM8:30 人様のブログを訪問 薪ストーブが暖かい。 
PM9:00 薪ストーブに大きな薪を入れる。
       大きな薪を入れた途端、、、煙突が詰まった。(何でも燃やす焼却炉です。)
       煙突掃除をして1カ月しか経っていないのに、もう、詰まった。。(詰まるの早すぎ!)
       煙が逆流して来る。 (わっ!わっ! わぁぁ~!)
       あわてて、空気孔を閉じるが、煙が部屋中に充満してくる。(燻製状態)

どうしょう~ どうしょう~  どうしょう!
       ものすごい煙で、部屋中が曇っている。臭いもする。
       息ができない・・・ (燻製状態)
  
夜の9:00というのに、部屋の窓と戸を全開にして空気の入れ替えをしたが、
煙の勢いのほうが強くて、全く空気の入れ替えにならない。(焼け石に水状態)
何か手を打たなければ、これ以上、この部屋に居られない。息ができない。。

どうしょう~! どうしょう~!!  どうしょう~???       
       とにかく、煙を止めなければ・・・
       煙が目にしみてきた・・・ (燻製状態)
       目が開けていられなくなる前になんとかしないと、元を絶たないとだめ・・・

薪ストーブの中の燃えかかって煙のでている薪を、火箸ではさんで、
ストーブの中から、ひっぱりだし、(火事になっちゃう~)
掃き出し窓から、外の雪の上に投げた。(汗っ・・・)

木1 雪の上に投げ捨てた薪

煙がでなくなりました。(雪があってよかった・・・)
煙がひくまで、全開にした窓から、お猫様と並んで首をだし、
新鮮な外の空気を胸いっぱい吸った。(燻製にならなくてよかった・・・)

PM10:00 疲れたので、寝た。

翌日、職場へ、燻製状態の部屋に掛けてあったカーディガンを着て部屋へ入った途端、
お婆から線香の臭いがすると言われた。  洗濯しますw


ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村       

猫生の楽園

集落のはずれ、人も車も通らない淋しい山の中の一軒家

訪れる者が全くいない山の中、頻繁に訪れる牛模様のオス猫1匹あり。

この猫、セカンドネームを「マスオ」と言う。 (お婆が勝手につけた。)

昨年の春から、お婆のいない時に、頻繁に来るようになったようだ。
最初の頃は、家の周囲をうろうろするだけで、姿を見せなかったのが、
後ろ姿が見えだんだんと行動が大胆となり、、
家の中に入り、ご飯を食べて昼寝をして?帰るようになり、(ヒルズと懐石)
夜ともなれば、「にゃ~あ」と、声をだす。
玄関脇の猫用通用口から頭をだし、家の中をうかがう。「チっ、ババアがいるぜ・・・」

冬となり、雪が降って、さすがに、200mの坂を上って来ないだろうと思っていたら、
朝、玄関から麓の集落へ続くおはぎさんの足跡を追っていたら、
誰もいない雪道を、麓からまっすぐこちらへ歩いてくる動物がいる。

んん?! 牛模様の動物、、、あれは猫のマスオさんだ!!

目と目とあって、
マスオさん 「やべー ババアがいる。出直したほうがいいな。」と、
クルッと向きを変え戻った。
あぁ・・・ やっぱり、時々来ているんだ。 この雪の中、ご苦労なことだ。

今朝は、、

お婆の家では、
仕事で不在の日中は、2階にある猫部屋のコタツに電気を入れている。
日中は、おはぎさん、さくらさんは、この暖かいコタツの中で寝ている。

夜間は、
1階の一晩中石油ストーブを点けた部屋で気ままに過ごすので、
2階のコタツの電気を切るのだが、たまに、寒い2階から降りてこないおはぎさんのために、
常にコタツの中に湯たんぽを入れている。これが結構暖かい。

今朝、2階のコタツの中の湯たんぽを回収しようと、布団をめくったとたん、
中から、、 もの凄い勢いで、、

牛模様の猫が、飛び出して、階段を下りて、でていった・・・  

猫のマスオさんでした。
お婆が寝た夜中、そっと、忍び込み、
「ふかふかで、ぽかぱかで、おはぎちゃんとさくらちゃんのいい匂いがして、モフモフ、
つい、寝込んでしまった・・・」

猫生の楽園・・・ お婆の楽園をはるか上をいく楽園でございます。

マスオさんの写真がないので、代わりに、一昨年、遊びに来ていたマイケルです。
むこ2

ついでに、おはぎさんとさくらさんです。
おはぎとさくら3

注: マスオさんもマイケルも、麓のどこかの家で飼われている猫です。野良猫ではありません。


ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

人生の楽園(終焉)です

日曜日は、いつも、引きこもり。

今日は、雪が降ったかと思えば、急にお日様がでてきたり、天気がめまぐるしく変わった。
雪はたくさんあるけど、
地面が暖かくなってきているようで、下から雪が融けている。
2月 白い雪と青い空

2月1 カヤの木と青い空

春が近い。 うひゃひゃ~ 

どんぐりから芽がでるといい。(100ポット作った。)
水路を整備して、水路脇に、何を植えようかしら。
蛍の餌の「カワニナ」と採取にいかねばならん。 (蛍の舞うお庭・・・)

山桜、タブの木、シラカシなどなど、雪の中で生きていてくれ。(雪で枝が折れている。)

今年こそ、山側の整備をはじめよう。 
やれる範囲でいいから、40年、少しずつゆっくりやればいい。(40年が限界。)
それから先は、ターシャのように、山へ帰せばいい。(ターシャは森へ帰すって言ってた。)

草取りしたくて、腕がウズウズしてきた。 (庭仕事が生きがい。)

今日も人間との会話なし。お猫様と会話していた。
さくらさん、テーブルの上はダメよ。 無視・・・
さくらさん、可愛いね~  「にゃぁ~」
お猫様は、お婆の言葉がわかるのに、お婆は、猫の言葉がわからない。
お猫様のほうが、言語能力が高い? 

洗濯と掃除をしながら、薪ストーブの脇でコーヒー飲んで、
合間、合間に篠笛の練習をする。
(頭の血管が切れそうになるので5分以上笛が吹けないのですw。)
篠笛を吹いた途端、蜘蛛の子を散らすように、お猫様はいなくなる・・・(不快音?)

山の中、人も車も通らない。

人生の楽園? 終焉に近くない?  

早いけど、チョコと柿の種食べて、寝るべ・・・

チョコ これを超えるチョコはない。(貧舌ですw)

柿の種 ゴールド。半額。(半額でも味は同じですw)


ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

愛のエプロン 沢庵編 これでいいのだ!

2月10日、愛のエプロン的沢庵、残り29kg

母に、この沢庵は塩が足りない、と言われ、いまさらと思いながらも
テキトーに塩を投入してみた。(やぶれかぶれ・・・)

日々、完食に向け、それなりに、頑張っていたつもりだが、
目標が高すぎて、ゴールが見えないため、気力、知力、体力が、急速に落ちていた。
春になったら、お山が沢庵を食べたいと待っている、わけないよね~(残り29kgだもんね。)

ブロ友から、勿体ない!捨てるな!と激励メールをもらったので、

確かに、買えば1本300~400円するし、食べて食べれないとこはないし、
(添加物なしの高級品?)
思い切って、例年沢庵をあげている友人に、訳を言って、貰ってもらった。

友人、
はぁ? そんなにまずいの? (美味しくないと言ってくれ!
35kg!・・・ なんで一人でそんなにたくさん漬けたのよ・・・ (ほっといてくれ!
捨てるなんて勿体ない! 捨てちゃダメ! また持って来なね。
代わりに私が漬けた美味しい沢庵をあげるよ。(わらしべ長者の気分・・・

翌日、友人から、
是非とも、愛のエプロン的沢庵をいただきたい、と言う人が数人いるから、
持ってきてとメールがあり、1桶分、持っていった。 (残り15Kg )

沢庵愛のエプロン

後日、この沢庵を食べた人から、
塩加減がちょうどよくて、とても美味しかった。(いまさらテキトーの塩が効いた?)
どこが美味しくないの?とても美味しかった。とメールをもらった。
(ホント?!マジ? メールくれた人は料理上手なんです。)

お婆は、このメールに舞い上がり、、天狗さんに変身してしまった。
(単純人間!)

市販の沢庵の味に慣れた人には、まずくても、
子供のころから糠で作った自然の沢庵を食べてきた人には、
古臭さがあっても、酸味があっても、美味しいのかもしれない。

人の味覚はそれぞれに違うようだ。(酸味のある沢庵が好きな人もいる。)

すっかり天狗さんになったお婆は、残りの沢庵を、(いつの間にか高級品。。)
今の職場で、お世話になっている年配者に、配ることにした! (押しつけることにした!)

これでいいのか? これでいいのだ!

捨てるなんて勿体な~い・・・ 
残り10kg ゴールが見えてきたぞ!  

ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村






1枚5円の皿を買って、反省する

月2~3日、100km離れた所に暮らす老父母の御機嫌伺いに行っている。

老父母の家へ行く途中の小さな町にある小さなリサイクルショップへ寄るのを楽しみにしている。
ここのリサイクルショップは、骨董品が少しある。

たいてい、お客はお婆一人なのだが、 結構、流行っているようで、品物がよく回転している。
4年間、毎月、2~3回必ずお店へ行くので、お店のおじさんと顔馴染みである。

若い頃から、器が好きで、安物ばかりだが、気に入った物を購入していた。
気が付けば、お茶碗は30個、小皿50枚、湯のみ50個、きゅうす10個と
とにかく、死ぬまで使うのに十分な数がある。

若い頃気に入ってたものが、年齢のせいか、今は気に入らなくなってしまい、
気に入らない器を使うはずもなく、場所をとるゴミ化しつつある。 

もう、買わない、と決めているのだが、
昨日は、全て1個100円のワゴンの中に、一目で気に入った小皿があった。
今は、藍色の文様、たこ唐草とか波といった昔からある文様のものが好みだ。

これ以上、ゴミを増やしてどうする、と思わないわけでなかったが、、

「1枚100円、安い。気に入ったんだろう。買えよ。」と悪魔のささやきに負けて、
4枚あったうち、表面に細かい傷のある物と、黒い点のある物を除いて、2枚買ってしまった。

皿  染付は手描きです

2枚で200円のはずが、財布の中に10円硬貨が1枚しかなく、一万円札をだしたら、
店主が、あげるよって言う。 タダは好きだが、悪いので、10円を支払った。(ラッキー
店主は、笑いながら、ありがとうって。

1枚5円、2枚で10円。 値段は関係なくお気に入りの皿だが、
よくよく考えれば、皿、52枚は、どう考えて使いきれなかった。
ゴミ以外の何ものでもなかった。 

もう~ 買いません。買いません。 

もう~ 買わないって思うんだけど、悪魔がささやくのよ。 


ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村







 

あの世とこの世が混線したお話、続き

あの世とこの世が混線したお話の続きです。

このブログには、現実にお婆を含めた複数の人が見た、体験した事象だけを、(現実に起こったこと)
書きたいと思っています。 唯物論者です。

あの日だけ、猫のおはぎさんが開けた戸が、何、これ?!  って、
開け方でしたから、この話を、書きました。

背筋の凍る楽しいお話、続き・・・

昔、不慮の事故でなくなった女の子の名前を、1回50万円の霊能者から、思いもかけず、言われ、
背筋が寒くなった妖怪(ニックネーム)の話でした。 (どうも、1回50万円にこだわります。)

女の子の話しが終わる頃、突然、玄関と居間の間の戸が開く大きな音がしました。
お客さんでも来たかと、玄関へ行けば、戸が開いているのに誰もいません。

猫のおはぎさんが、戸を開けて外へでたのでした。(さくらさんは2階の猫部屋にいました。)
おはぎさんは、戸を開けるのが上手です。

戸5   普通の4枚戸 表から

戸6   普通の4枚戸 裏から


戸1  頭が通る幅だけ開けます。
  
戸2  これくらいの幅

いつもと、戸の開き方が全く違う・・・ 

戸3

ん?! 何? これ? どうやって開けたの?  

猫が開けたのです。 
どうやれば、こういう風に戸が開くか、実際にやってみました。

右側の戸を、開けるのと反対方向に(戸を閉める方向)力をいれて引けば、この形になります。
猫の力でも、できると思います。(たぶん)

妖怪が、戸が開く時、ゴーって音がしたと言うのです。(お婆には戸が開く音しか聞こえませんけど。)
女の子の名前を言った時から、やけに背中が寒かった。(気のせいだろう。)
戸が開いてから、背中が暖かくなった。(お婆の背中はずっと暖かいけど。)
猫のおはぎさんが戸を開けるのを待って、何か、出て行った感じ・・・って言うのです。
(出ていくって、何がさ?? )

祝詞ちゃんよ、
猫が戸を開けたと思うけど、これは普通じゃない! (確かにいつもと違うけど。)
女の子の名前を口にだした所から、背中が寒いし、なにか変だった。

ゴーって音がして、何かが出て行ったんよ・・・
 (だからさ、出ていくって何がさ???)


猫のおはぎさんにどうやって戸を開けたのか、問うも、返答なし。
(妖怪が変な話をするから、おかしなことになったんじゃないの・・・)
(どうも、、妖怪が来るとおかしな雰囲気になる・・・)

そういえば、、
年末の小掃除の時に、草刈りのお手伝いに来る阿部正二さんからもらった塩を
戸の脇に置いたんだっけ・・・ 忘れてた。 (小掃除前までは、別の所に置いてあった。)
なんでこの場所に、塩を置いたのかな? この塩がちょっと気になる。
(やっぱり、何かが出て行った?)
 
戸4


祝詞ちゃんよ、悪い感じや怖い感じがないから、安心していいよ。
ここに住めるのは、祝詞ちゃんしかいないね。(??? 言ってることの意味がわからない。)

前々回の白いモヤ?といい、 ホント、ここはオモシロイ場所だね~ 
此処好きだw~  また遊びにくるww~
と、言って、妖怪が帰っていった。。。  不思議な人だ・・・    

何か変だけど、、、 この田舎暮らしは大変面白い。
背筋の凍る楽しいお話は、これでおしまい。  

猫を飼っている方で、これと同じ戸の開け方を見たことのある方がいたら、
お手数ですが、コメントをください。 事実を検証したい。 


ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

冬のある日のお猫様

冬のある日のお猫様

昨日から今朝まで、この冬一番の寒さだった。マイナス4~5℃位かな。
マイナスになると、寒さが身体を刺すように感じる。

朝起きたら、いつもは外に出ていないはずのおはぎさんがちゃんとストーブの前にいました。
(一晩中、ストーブを点けている。1月の灯油代12000円也。チーン!)

寒いから、外へ出て行かなかったのね、と思ったが、出ていました。
今朝も、足跡が、玄関から200m下の集落まで、しっかりと残っていました。
マイナス4~5℃の中、どこへいってなにをしているのやら? (猫の早朝集会に参加?)

足跡  猫は寒がりのはずだが

朝ご飯の後は、窓から外を見て、ボンヤリ。

シルエット2  おはぎさん    

シルエット3  さくらさん

お天気のいい日は、外へでて日向ぼっこ。

シルエット5  まだ雪がある

夜は薪ストーブの脇でぬくぬくする。

シルエット4  もっと、薪を入れるにゃ~ 

あまりの暑さにのぼせるようで、時々、外へ涼みに行っている。(真冬にサウナ状態ですw)

撫で撫でさせてやるから、
トイレを掃除しろにゃ~
もっと美味しいご飯をだせにゃ~
しっかり、働くにゃ~~  

撫で撫でさせていただけるのであれば、誠心誠意、勤めさせていただきます。
しあわせだ~ 


 
ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

お酒が当選した

懸賞マニアではないが、時々、食べ物をメインに応募して楽しんでいる。(ささやかな楽しみ)

めったに当たらないのだが、昨年は、5000円相当のグルメとドレッシングの詰め合わせが当った。

今年最初のご当選の品 (タダだと思うと、嬉しさが、100倍です。)

かれんプラムとかれん小町  最近のお酒ってワインみたいにおしゃれ。
かれん小町
かれんぷらむ アルコール 8度 リキュール 梅酒です。
かれん小町  アルコール 8度 リキュール 麹と植物性乳酸菌でつくったにごり酒です。

このご当選の品は、昨年末の忘年会で、お婆の欲しかった食事付き温泉入浴券を
譲ってくれた同じ会社で働くDさんに、プレゼントします。

ホントは、Dさんも温泉入浴券がよかったのだと思います。
奥さんと子供さんと行きたかったのに、あまりに落胆するお婆の姿を見て、
お婆が当てたデジタルフォトフレームと交換してくれたのだと思います。

このDさんの優しさが心に沁みました。
忘年会の翌日、お婆は、

来年、つまり今年、懸賞で当選した品物は、現金・金券以外の全ての品物を
Dさんにプレゼントすることに決めました。

Dさんにとって、ありがた迷惑な物でも、全て、プレゼントすることに決めました。


当選しただけで、充分に嬉しいです。 物はいらない。

さぁ~ 次は何が当選するかしら?  Dさん、楽しみに待っててね~ 


ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

あの世とこの世が混線するお話

久し振りに、もののけ倶楽部らしい記事を書きます。

今回は背筋のぞっとする楽しいお話よ。(文才なくてね・・・)

普通の田舎暮らしだったら、きっと、このブログを開いていないと思う。

正月明けに、ここで友人となった妖怪(ニックネーム)が遊びに来た。
たいだい、3~4か月に1回くらい遊びに来る。
前々回は、真日中、篠笛を吹いて遊んでいて、白いモヤ?が通ったのを見ている。

今は昔。

妖怪の話
(妖怪はお金持ちの奥様、三味線、琴を弾き、描いた絵が売れる程の才能豊かな、一見綺麗な人)

世間一般的なお話 
妖怪の家では、例年、大晦日は、お寿司屋さんに寿司を注文していたが、
今年は、スーパーの閉店間際で半額になった寿司を買った。味も値段も大満足した。
これから大晦日は、半額狙いでいく。 万一、半額の寿司が売り切れていた場合は、
寿司なしで大晦日を越す。 
亭主は絶対に寿しが必要だと言い張るが、他の物を食べりゃいいだけのこと。

これからが、不思議なお話
年末、家を離れ遠く他の県で働く娘さんから電話があった。

先日、仕事関係である会合に出席した時のこと
一緒に出席した友人から、その会合に予定してない霊能者が出席していると聞かされた。
とても、有名な人で、

1回の拝観料(診断料?)が50万円だそうだ。(お客さんは金持ちや芸能人だけ・・・)

ごじゅーうまんえん!

即、50万×10回=500万
    50万×20回=1000万 計算してしまった。


つくづく、お婆は俗世に浸かった人間ですw

娘さんは、そういったことに関心がないので、 へェ~ 有名なの? 程度であった。

会合が終わる頃、突然、その有名な霊能者が娘さんの所へ歩み寄って来て、
少し、気になるので、見せてもらっていいでしょうか?
もちろん、タダで、、と言われた。、(当然だろ~ 50万もお金はだせないよ!)

霊能者が言うには、
○○ちゃんて名前の小さな女の子がいますね。(どうも、この女の子が気になるようだ。)
親戚で、亡くなった女の子で○○ちゃんって名前の子はいませんか?

はぁ~?? ○○ちゃん??? 知りませんけど。。。

白髪のおばあさんがいますね。

はい。 そのおばあさんは、103歳で亡くなった曾祖母です。
私の体調が悪い時とか、精神的に落ち込んだ時に、でてくるんです。(はぁ~?でてくる・・・)

曾祖母は、娘が生まれる前に亡くなったので、娘は顔を知らなかったのだが、
娘が高校生の時、偶然、押し入れの中からでてきた私(妖怪)が描いた似顔絵を見て、
このおばあちゃんがいつもでてくるの。って言うのよ。
娘の側で、娘を守っている・・・ 有り難いね。 (はぁ~? 死んでますけど・・・)

あと、白いフワフワとした毛の少し大きい動物がいますね。

はい。それは、一昨年の夏19歳で亡くなった愛ネコです。(ペルシャ猫だった。)
死ぬ前に、会いたかったのに会えなかったから、きっと側に居るんだと思います。

愛ネコが亡くなってから、しばらくは、足音や気配があったのに、最近、全くない。
夢も見ないから、どこにいったのかしらと思っていたら、娘の所に居た。
なんだ、娘の側に居るのか。 なんか安心した。 (はぁ~ ?? 死んでますけど・・・)

で、娘が○○ちゃんって名前の女の子を知ってる?って電話できいてきた。

実は、娘が生まれる前、親戚に不慮の事故で亡くなった女の子がいるんだけど、

名前が、、、○○っていうのよ・・・

娘から○○ちゃんて名前を聞いた時、思わず背筋がゾッとした。 
その霊能者って本物かもしれない。 なんか、背中が寒いね。
ず~と昔に亡くなった女の子。 とても可愛い女の子で、顔をよく覚えている。
103歳で亡くなった曾祖母が、憐れと思い、一緒にいるのかしらね。(??? 皆、死んでますけど・・・)

お婆は、あの世とこの世が混線して、、、わけがわからず・・・ 

妖怪にとって、これが日常の暮らしのようだ。(遠野の世界だ・・・)
不思議な人だ。。。

続く。

ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

愛のエプロン 沢庵編 いまさら塩

失敗した沢庵35kgを、いかに、気力と体力と知恵で消費するか、(捨てるのは勿体ない。)
消費の励みとなるよう「愛のエプロン」というカテゴリーを作った。(暇人ですw)

今年の沢庵漬けに失敗し、とても友人に配ることができず、
(沢庵漬けは、あくまで趣味であって、特技ではない。)

捨てるのは勿体ないと、頑張って食べてiいるが、
(食べ物を粗末にすると目がつぶれるぞ。)
到底、一人で35kgもの大根を食べきれるはずもなく、(残り33kg)

先日、実家へ沢庵をもっていった。(残り31kg)
毎月2~3日老父母の御機嫌伺いに実家を訪問している。(片道100km)

母に試食してもらった。
母が食べた途端、
この沢庵は塩が足りない。もっと塩を入れなさい。
糠の発酵には、塩が大事。 と言われたので、

いまさらジロー・・・(古っ) と思ったが、塩を適当に入れた。
(もう・・・やぶれかぶれ・・・)

沢庵を細かく刻んで、軽く水で洗って、ゴマ油で炒めて、砂糖とみりんを入れて、
醤油で風味付けして、最後にかつおぶしを入れて、リメイクする。 

リメイク1

リメイク2

美味しい~  
鍋の半分を1回で食べてしまった。。

これなら、ガンバレルかもしれない・・・ (残り30kg)

春になったら、山へ捨てりゃいいだけさね・・・ 


ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

春近し

たまにある平日休みは、忙しい。
楽しい引きこもりができず、残念。

運転免許の更新に行く。 
平日とあって、空いていた。
更新手数料と安全協会費で、5240円、支払った。(5年に1回とはいえ、高い!)
次回は5年後の更新である。え~と、何歳になるんだっけ。

免許更新

免許更新の後は、数日前、車のライトが切れたので、ライトの交換に
ガソリンスタンドへ行く。
ライト交換のついでにオイル交換もする。 4212円、支払った。(高い!!)

ガソリンスタンドの後は、髪が伸びてウザいので、髪のカットに
美容院へいく。
2月に1回は美容院へ行く。 3200円、支払った。(短い髪は金がかかる!)
平日とあって、待たずにカットできた。

美容院の後は、スーパーへ行き、定番食品を購入する。(バナナ、納豆、もやし、卵など)

スーパーの後は、お腹が空いてきたので、豪華に一人ランチもいいかなと思ったが
この時点で、財布の中が空になったので帰宅する。
(金がなくては、帰るしかない・・・お出かけは疲れる。)

日暮れ前に帰宅した。日が長くなった。
怒涛の春はもう少しだ。 
春近し

春近し1


沢庵とネギのみそ汁を食べて、寝るべ・・・


ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


なぜ、正職員で働くのか?

今日は、朝6時15分出勤、退社が19時だった。

ほぼ、12時間働いたことになる。セミリタイアしてから新記録だ。

お婆以外の職員の人達は、いつも、残って仕事をしているのに、
お婆はいつも一番に退社させていただいている。
自分が担当している仕事だから、人任せにはできないし、人任せにしたくない。
こういう時は、しっかり働かなきゃね。

今日は、正直、疲れた・・・ ヘタレお婆は、8時間が体力・気力の限界だ。

昨年1年間の生活費が車の維持費を含めて110万円程度であり、
110万円の半分以上を不労所得から賄えることを見れば
無理して正職員で働かなくても、週2・3日、1日4時間のパートで
充分に食べていけるのである。

それでも、正職員で働くのは、
家や小屋を整備したり、山を整備するために木を植えたり、草刈りを頼むためである。
(一人ではできないので、お手伝いを頼んでいる。今年はもう一人増員の予定。)
今年は、一昨年からの念願の蛍が棲めるように水路の整備を行う予定である。
(敷地内を小川が流れている。)
こういった、一般的にはやらなくてもいいことをやるのでお金が必要なのである。
(人はそれを道楽と言う・・・)


これでは、お金は貯まらないだろう。
金は残らない。


あの世へ持っていけるものは何一つない。
持っていけるものがあるとしたら、
それは、自分自身の身体(魂?)に沁み込んだ暮らし方・生き方かな・・・


ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


正月後の貧食と1月の食費


お正月に買った餅は、鏡餅で終わり。

鏡餅をキナコ餅にした。(しばらく、餅は食べなくていい・・・)

キナコ餅 色の変わった沢庵 長ネギと白菜の味噌汁
きなこ餅

正月後、もらった
白菜1玉を、2週間で、
大根1本を、1週間で、
人参4本を、2週間で、
キャベツ1個を、4日で、食べた。
正月後、もらった
長ネギ2束を、2週間毎日1本を味噌汁の具に入れて食べたが、まだ1束残っている。 
少し休んで、また2週間、毎日1本長ねぎの味噌汁が続く予定だ。 
ネギ好きだけど、飽きたので、ネギ+白菜 ネギ+大根 ネギ+じゃがいも にした。

もらったものを、完全消費する。 (拍手)

昼飯は会社で給食を食べているので、なんとか、一日、20食品くらいを
摂取できていると思うが、家だけだったら、完全な偏食、10食品くらいだな・・・
ずう~と これが続くのか・・・

1月の食費は、9980円 でした。 
もらったものを食べてるわりに食費がかかっっている。

お菓子と果物が、食費の大半を占めていたよう・・・
2月は、お菓子(せんべいとチョコと羊羹)を少し控えます。


ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

愛のエプロン 沢庵編 オンリーワン

沢庵と梅干しを漬けるのを、趣味としている。 発酵食品作りはオモシロイ。
(これは、趣味であって特技ではないので、誤解されませんよう。)

昨年度は、20kgの沢庵を作ったのだが、友人に配ったら、足りなかった。
そこで、
今年度は、25Kgと思ったのが、結果的に35Kgの沢庵となり、
美味しくできればよかったものが、
友人に配れない愛のエプロン的沢庵となってしまった。(どうしょう・・・)

愛のエプロン的というのは、
昔、「愛のエプロン」という料理番組(バラエティ番組?)が放送されていた。(今もある?)
料理をしたことのないタレントさんが、できあがった料理の画像を見て、
レシピなしで、料理をつくり、それを審査員が評価するといった番組だった。
審査員のうっ、これ食えるの?っていう表情と、ゲッ!マズッ!っと眉間によるしわを
見るのが笑えて、よく見ていた。

今年の沢庵は、愛のエプロン的沢庵だな・・・・

この1週間で、2本食べました。(食べようと思えば食べられます。)
初日は二分の一本食べたけど、だんだん、ペースダウン・・・
残り、33kgくらいだな。 

どこかのブログにひらすらカップラーメンを食べまくるってのがあったなぁ
3月31日まで、35kgの沢庵をひたすら食べまくるブログでもやれば食べきれるかな、
と、チラッと思ったが、、

すでに白旗でしたw  胃が重かった・・・  (根性・努力・勤勉の文字はなかった。) 

それでも、今日も食べようと、桶から出してきました。
(勿体ないからね。食べ物を粗末にしちゃいけない。)
  
3本目の沢庵 オンリーワン こんな沢庵,、どこの店にも売ってない・・・

沢庵足
渾身の1本?


オンリーワンだが、しばらく、休憩だな・・・  (ひ弱なヘタレ人間でした。)

な~に、春になったら、山に捨てればいいだけのことさね。 


ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

祝詞婆

Author:祝詞婆
名前 祝詞婆(のりと婆)人生50年。二回目の人生を自分の思いのまま穏やかに暮らしたいと全てを捨てて?普通の田舎暮らしを始めました。暮らし始めたら・・何か変だぞ? マジー?!
普通とチト違う田舎暮らし。 
楽しい~ はまる~
今は昔。 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8)
プロローグ (1)
遠野語り。今は昔。 (61)
シンクロニシティ (17)
もののけ倶楽部部員 (4)
妖怪(倶楽部員) (2)
猫にゃんこ(倶楽部員) (89)
阿部正二(俱楽部員) (4)
美少年の森 (13)
山暮らし (263)
究極のエコ (13)
健康オタク (29)
越後三十三観音巡拝 (2)
木香 (10)
楽しい貧乏 (94)
思うこと (91)
自然栽培 (14)
ご近所様 (9)
鎮守の森 (10)
愛のエプロン (13)
ぼやき (46)
わらしべ長者 (2)

アクセスカウンター

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん