山の中で、もののけ倶楽部

50歳過ぎて始めた時々摩訶不思議な田舎暮らしをつづったブログ・・・

ポールズヒマラヤンムスクが咲く

ポールズヒマラヤンムスクが咲く。

植えて、4年目、ようやく、それなりに、たくさん咲いてくれた。

このバラは、薄いピンク色で、桜を思わせる雰囲気があって好きなのだが、
4本植えたうち、西側の1本の花の色が白である。

日当たりの関係? 
1本だけ違う品種が混じった?
まぁ、それなりに調和しているから、気にしないでおこう。
ヒマラヤンモスク2
至福の時間だ・・・

ヒマラヤンモスク1

今年は、マイマイガの幼虫が多い。
見つけると補殺しているのだが、全てのバラを管理できず、
葉を全部食べられ、坊主になってしまったバラが何本かある。

家の入口にある赤いつるバラ
今年は、気が付いたらほとんどの花芽を食べられて、
花がほとんどない。 食い過ぎ・・・
赤いバラ
美味しいのはわかるが、半分は残しておいてほしかった。

そんなにたくさんの種類のバラを植えてはいない。
自分なりのバラを選ぶ基準、丈夫、強健、昔からある、匂う、の中から、
好きなバラを、植えている。 (バラは、匂わなければいけない!)

本に書いてあるような管理はできそうにない。(手間とお金がかかり過ぎてできない・・・)
テキトー、いい加減、思い付き管理でも、死なずに、花が咲くバラを植えている。

半分、負け惜しみだが・・・
細々とやるのが、身の丈にあっている・・・


ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

普通の日常の暮らし

この日曜日に草刈りのお手伝いに来てくれた「阿部正二さん」から
別の「阿部正二さん」のお父様が亡くなられたと聞いたので、
早速、お参りにいった。

「阿部正二さん」の奥様には、日頃より、大変お世話になっている。

「阿部正二さん」のお父様(以下、じいちゃんと記載します。)は、亡くなられて、
すでに、2週間経っていた。

お参りするだけのつもりが、ご飯を御馳走になって帰ってきた。(ご飯の言葉に弱い人間でした。)

御馳走になった話は、さて置き・・・
ここからが本題、「阿部正二さん」の奥様のお話、

亡くなったじいちゃんは、97歳、老衰、大往生で、泣く人はなく、
お葬式は、毎晩宴会だった。

じいちゃんは、97歳だが、ボケなく元気で、
亡くなる前の日まで、
鬼嫁からの家の周囲の草取りをせよとの命令で草取りをしていた。
亡くなった日は、草取りをやり終えて、
いつものとおり、昼ご飯を全部食べ、
いつものとおり、居間のソファーで昼寝をしていた。

その日は、休日で、鬼嫁は不在だったが、息子の「阿部正二さん」とお孫さんがいた。
昼ご飯を食べた後、「阿部正二さん」は納屋で農作業を行い、
お孫さん(20歳を過ぎた大人です。)は、自室でくつろいでいた。

お孫さんが自室でくつろいでいたら、、
地震でもないのに、部屋が突然ガタガタと揺れた!?

んっ!!?
じいちゃんだ・・・
  (即、じいちゃんだと思うお孫さんって変だよ。)

と大慌てで、居間のソファーでいつものとおり昼寝をしているじいちゃんのところへ
かけよった・・・

じいちゃんは、ソファーで眠るように穏やかな顔で亡くなっていた。

じいちゃんが、死んだよ~って知らせにきた・・・ (汗)

葬式となって、亡くなったじいちゃんの写真が必要になったが、
あんまりポックリ逝ったので、気が動転してしまい、
この日のためにと撮っていた写真のことをすっかり忘れ、
古い写真をいれた段ボール箱しか思い浮かばず、
段ボール箱の中から、テキトーにアルバムを1冊だし、アルバム開いた。

テキトーに開いた最初のページに、
亡くなったばあちゃと一緒に撮った笑顔のじいちゃんの写真があった。

この写真いいなぁ~と思い、写真を撮った月日を見たら、
10年前の今日の月日だった!! (ワッ! 10年前の今月今夜・・・)

じいちゃんが、この写真がいいって言ってる気がして、遺影はこの写真にした。 
正直、地震といい、写真といい、背筋が冷たくなった。。。

思えば、じいちゃんもばあちゃんも、その先代も、皆病床に伏すことなく亡くなっている。
どうも、この阿部家って、楽~にポックリ逝く家のようよ。 (羨ましい~)

「阿部正二さん」といい、「妖怪」といい、
どうも、、これが普通の日常の暮らしのようだ・・・ 

全く知る人のない所での田舎暮らしの中で、
友人として、声をかけていただき、大変有り難く感謝しているが、
あなたたちの日常生活、何か変じゃないかねぇ~


ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



次回の作業は、木杭打ちだ。

先日の日曜日、久し振りに、草刈りのお手伝いに「阿部正二さん」が来た。
「阿部正二さん」の担当は、美少年の森と呼んでいるエリアである。

10時から15時まで、日中の最も暑い中、2人で黙々と草刈りをした。
荒野に近い状態ですから、ハードワイルドな作業ばかりが続くのです。

こんなに草が生い茂っては、どこを歩けばいいのか、
どこに何が植えてあるか分からないので草刈りに気を使う。作業効率が悪いです。
歩道を決めて、歩道とするところに、石がブロックを置いて目印を作ってください。
>わかった。そうするけど、
  コンクリートでできたブロックは嫌いなの・・・ 石は草で隠れるし・・・
  石の代わりに木杭はどう?

なんでもいいですけど、目印ですから冬の雪でも倒れないものにしてください。
>わかった。それなりの太さの木杭を打つことにするw
  何本くらい木杭を買えばいい? 50本?100本?
  もちろん、次回の作業は木杭打ちね。。。

疲れた・・・ ヘロヘロに疲れた・・・ 正直、頑張り過ぎだ・・・
翌日まで疲れが完全に残り、、身体のあちこちが痛み、
右手首の関節に力が入らず、頭はボンヤリし、抜け殻人形のよう・・・ 

今日になってようやく回復してきた。

草刈りの最中、「阿部正二さん」から別の「阿部正二さん」のお父様が先日亡くなられたと聞いた。

亡くなった・・・

「阿部正二さん」の奥様には、日頃より、お世話になっている。
おまいりにいかなきゃ~



ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

財布が、フットンだ

休日の朝は、5時起床、6時庭仕事スタートが、定例であるが、

今朝は、5時に起きられなかった。(働き過ぎですw)
6時に起床して、7時30分庭仕事をはじめた。

10時30分、歯医者さんへ行き、(2500円、あと1回歯石の除去で終了となる。)
歯医者さんの後は、
丸洗いにだした布団をとりにクリーニング屋さんへいき、(3200円、安かった。)
その流れで、
髪のカットに美容院へいった。(最近、白髪がチラホラと目立ってきた。
美容院の後は、
激安スーパーで、バナナとグレープフルーツを買い、(1000円、果実だけのお値段ですw)
ホームセンターで、猫缶を買って、(1000円、安かった。)
財布の中が空になったので、15時に帰宅した。

布団をとりにいって、財布がフットンだ・・・(座布団1枚~) 

帰宅後、遅めの昼飯を食べ、コーヒーを飲んで、
16時~18時までの2時間、一心不乱に草取りをする。

お出かけは、金はでていくし、人に酔うので疲れる。
休日は、引きこもって庭仕事をするのがいい。

寝るべ・・・


ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

猫が帰ってくる呪文、帰ってきました。

この記事のカテゴリーは、猫にゃんではない。
完全に、遠野語り。今は昔。である。 バカバカしい摩訶不思議なお話。

昨年の7月に、迷子になった猫が帰ってくるという呪文を偶然入手した。(偶然ではないような・・・)
この呪文を唱えて2日目に、1週間いなかった猫の「おはぎさん」が帰ってきた。

先祖から伝わる秘伝の呪文ですw。(まさか!ウソだろう~!!)

この呪文は本物だと思うが、平成の世に呪文って、やっぱり変・・・(非科学的ですw)
科学的視点を持ってこの呪文が本物か、検証しなきゃ・・・(検証?どうやって?わからない・・・)

4月30日の夜、突然、一面識もない「まめさん」という方から、
猫が帰ってくる呪文を教えてほしいというメールが入った。(どこに住んでいる人かな?)

数日前、外へ出てしまった愛猫が帰ってこない。探したが見つからず、
どこをどう探せばいいかわからず、憔悴している。(完全室内飼いの猫さんのようだ。)
どうしょうかとネット検索してたら猫が帰ってくる呪文がヒットした。
おしえてもらえないか?という依頼であった。

もちろん、おしえました。
(バカバカしいが、他に手段がないから、藁にすがる思いで、呪文に賭けます。)

2週間後、猫さんが、ガリガリに痩せてしまっていたけど、怪我もなく、
帰ってきました。 疲れ果てたようで、今、猫さんは自宅で静養しているそうです。

以下、猫さんが帰って来てからもらった「まめさん」のメールの抜粋です。

いなくなった猫は、8歳のメス、小柄な猫で非情なビビり
小柄であるため、いなくなって2週間、体力的な限界を心配した。
(8歳、メス、ビビり、はじめての問い合わせのメールではそんな猫さんとは知りませんでした。)

ガリガリにやせていたが、怪我もなく、それほど汚れていなかった。
(ご飯が食べれなかったのね。ガリガリになる前に帰ってくればいいのに・・・)

この2週間、諦めを必死で打ち消しながら、呪文を唱えていた。
(この気持ちよ~くわかる。呪文を唱えずにはいられない。)

猫が帰って来た時、嬉しくて涙が止まらなかった。
ありがとうございます。ありがとうございます。
猫も私も、命拾いできました。 ありがとうございます。
(「まめさん」は、この数週間眠れなかったんですって。)

メールから「まめさん」の感謝の気持ちが伝わってきて、嬉しくて泣けた。(ホントによかった。)
秘伝?の呪文を教えただけなのに・・・
こんなに感謝されたことって、最近、記憶にないなぁ・・・
(泣いて感謝されるってなかなかないことよ。)

でもさ、、 この呪文を唱えなければ、猫さんは、帰って来れなかったかも? 

ここに住むようになって、
この世界には、科学で説明できない不思議なことってたくさんあるって思うようになった。
「まめさん」もきっと同じように感じた出来事だったと思う。

春の猫5 庭を眺める「さくらさん」

「まめさん」へ、
この呪文を「まめさん」に教えたのは、猫の「まめさん」のような気がします。
「まめさん」は、いなくなった猫さんの他に、もう1匹「まめ」という名前の猫さんを飼っています。


ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



今冬の灯油代と電気料合計

今冬、12月~3月までの灯油代合計金額、36000円
常時、薪ストーブを使っているので、灯油代は、ほどんど必要ない。
36000円の内訳は、お猫様のための灯油代である。
お猫様のために、毎晩、就寝時から起床時まで、灯油ストーブを点けていた。

猫の「さくらさん」は、この冬から、お婆の布団の中に潜ることを覚えたので、
灯油ストーブは必要ないが、
猫の「おはぎさん」は、布団の中どころか、寝室にさえ入ろうとしないで、
いつもの真ん中の部屋にいる。
「おはぎさん」のために、真ん中の部屋で、一晩中ストーブを点けていた。

早朝の寒い冬の朝、ストーブの前ではお尻をあぶっているおはぎさんを見ると、
ストーブは消せない。

今冬、12月~3月までの電気代合計金額、26771円
薪ストーブでお湯を沸かし、パンを焼くので、夏場より冬場のほうが電気料が安いのだが、
お婆が仕事にいく日中、寒くないようにと電気コタツをずっと点けていた。

朝ご飯を食べると、布団の中から、コタツの中へ移動する。
灯油のストーブが消えて寒くなると、コタツの中へ移動する。

一日中何がしかの暖房をしていたことになるが、安かったと思う。
次の冬は、灯油のストーブを止めて、夜間もコタツにしようかな・・・
コタツは安いね~

もし、お猫様がいなければ、灯油と電気合わせて、15000円以内ですむはずだが、
お猫様に寒い思いをさせるなんて、とんでもないことだ!
15000円を考えてはいけない・・・


ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

植物の植え替えを行う

雨降りの後ということで、今日も一人黙々と、植物の植え替えを行った。

最初に植えた場所が気に入らないので、ショウジョウバカマを別の場所に移動する。

大きくなったギボウシ、ヤブランの株分けをして、植え替える。(結構と重労働)

やっぱりこの場所では、育たないと、日の当たる場所へバラを植え替える。

シャベルを持って、庭をあっち、こっちに、ウロウロと移動。

植物の植え替えは、少しだけ頭を使う。。。植物個々に適した場所がある。

昨日は半日雨降り、今日の午前中はずっと植え替え作業をしていたので、
今週末の草取りは、目標の4分の1しかできなかった。

ゆっくり楽しみながらやるのがいい。焦らずにね。


ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

しばしの別れ

数日前の22時、
3月の末にお見舞いにいった友人の娘さんから、
今日、母が亡くなった。遠方、お見舞いにきていただきありがとうございました。
と、メールがあった。(片道170km)

見舞いにいった時から、この日を予感していたが、
貴女の明るい笑顔と優しい言葉が、思い出されて、すぐに、返信できなかった。

貴女は、63歳? さっさと行ってしまった。
人間は、寿命をいただいて、生まれてくるという。
死は、消滅ではなく、再生であるという。

次の人生で、お互いの着ぐるみは変わっていると思うが、
貴女の明るい笑顔と優しさは変わらず、きっと、出会えると思う。
次は、たった2年じゃなく、20年は一緒にいられるだろう。

人は寿命をいただいて生まれてくるという。
寿命が尽きるまで生きねばならない。

いつ寿命が尽きるかわからないが、
お猫様が生きている間は、この世にいる・・・(100歳を目標としている。)
寿命が尽きるまで、めいっぱい楽しんで終わるつもりだ。 (赤飯だな。)

貴女とは、しばしの別れである。(な~に、あっという間ですw)
また、会おうね。 バイ


ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

貧乏なのに高い猫缶を買う理由

貧乏なのに分不相応な高い猫缶を買っている。
猫缶は1缶100~120円、人間は98円のさんまである。

なんで、分不相応な猫缶を買っているかというと、

山の中で暮らす自由猫は、日中は寝ているのだが、夜ともなると活発に活動され、
ネズミ、蛙、もぐら、トリ、野ウサギと、手当たり次第に捕獲して、
得意顔で、家の中へ持ってくるのである。 (これをするのは主にさくらさんです。)

周囲のネズミを全て取り尽くすかと思われる勢いで、捕獲してくる。(上手ですw)
1晩に2~3匹が、常である。 (トラ科猫属でした・・・)

家の中で、充分満足のいくまで遊び、最後には、
召し上がってしまうのである。(天使の顔をした悪魔のような猫ですw)

遊ぶのはいいとしても、食べるのは止めて欲しい。(口が生臭くて、頬ずりできない。)
なんとか、食べるのを止めさせたい。 (生臭い口でお婆の顔をなめてくる・・・ゲッ)

ネズミより美味しいご飯をだせば、食べなくなるのではないかと思い、
あれやこれやと、お高い物を買ってきては召し上がっていただいてる。(食べ物に不自由はないはずだ!)

ねこぶし

いただいた超高級「ねこぶし」 完全猫用 
ねこぶし1

しかし、生のネズミやトリを超える美味しさがないようで、相変わらず、
毎晩、捕獲され、お召し上がりになっている。 (頼むから食べるのだけは止めてくれ~)

キャットフードに、チキン味とかマグロ味とか、舌平目とかエビ、鯛があるが、
是非とも、ネズミ味ってのを作ってほしい。

昔から、猫の好物は「かつおぶし」と「ネズミ」って言われているじゃない・・・
猫さんは、ネズミ味のキャットフードが絶対に好きだと思う・・・ 

ネズミ味じゃいくら美味しくてもネーミングが悪くて、売れないか・・・



ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

歯科受診料、中間集計額

2月16日から、週1回のペースで、3カ月間、歯医者さんに通っている。

まだ、終わらない・・・
歯医者は嫌いだ!

3か月間に支払った総額 22780円

高い!!

まだ終わっていないので、中間集計額である。

歯、ボロボロだが、神経を保存したまま抜くことなく治療できているから、よしとすべきなのだが、

もし、治療することなく、放置したら、どうなるのか?

8か月間、週1回、歯科治療に通っている友人が、おしえてくれた。

詰めた銀歯がとれたが、歯医者さん嫌いでそのまま放置。
1年半後に、残っていた歯が欠けた。
歯が欠けたら、痛みがでてきてご飯を噛めなくなった。
反対側の歯でご飯を噛み、やっぱりそのまま放置。
1年半後、物を噛まないのに、身体があたたまると歯が痛みだす。
昼も夜も歯が痛い。。。(単に歯医者嫌いなんです。我慢強い人ではありません。)

もう~ダメだと覚悟を決めて、歯医者へ行った。(ホントは、ご飯が食べれなくなったから行ったのです。)
「歯が痛いの。ご飯がたべれないの。なんとかして~」

歯医者さん、
なんで、もっと、はやく受診しないんですか、、、(相当、ひどかったようだ。)
これは、いったい何時から銀歯が取れていたんですか、、、(3年前からとは言えなかったようだ。)
もう治療できません。と抜歯して、部分入れ歯を作った。 (入れ歯になるんだね。納得・・・)

友人が言う。
歯医者さんは、早く行ったほうがいいよ~
早く行かないと、お金がかかるよ~ (問題は金か・・・)

3年間放置した貴女には、言われたくないけど、
お金かかるねぇ・・・

今回は、きっちりと治療するつもりだけど、気力と財布が折れそう~ 


ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

新事業所の顔合わせ会に出席した

先週の金曜日の夜、新しい事業所職員の顔合わせ会があり、出席した。

総勢20名程度 (ほぼ全員出席でした。)

社長の挨拶で、
10年前のこの会社の職員数は、パートと契約社員を含め40人程度
10年後の今は、140人、100人増えたことを知った。

順調というか好調に大きくなっている会社である。

会の席は、お偉い方々は決まっているが、平社員はくじ引きで決まる。
もちろん、お婆は末端平社員なので、くじを引いたのだが、
社長の一つ置いた向かいの席だった。

この時とばかりに、ひたすら栄養補給に専念していたが、
アスパラのフライをくわえながら、斜めの社長の顔を見ていて、

なぜか、この会社はつぶれないって感じがした。
社長さん、オーラがあるじゃん・・・
この人が社長でいる限り、この会社はつぶれない・・・

4月から始めた新規事業は、すでに、業績目標をクリアしている。
トップギアで走っている。この会社の経営をささえる車輪の一つとなるだろう。

前の事業所で、あぁ、この人は将来この会社を背負う人間の一人だなって
感じる人がいた。 

会社を背負う次期世代がいる。

お婆は、先が見えているけど、
この会社はつぶれないと思った顔合わせ会だった。

夜のおでかけは疲れる。若い頃の数倍の体力消耗だ。 
良い子(老い子)は、健康的な早寝早起きの暮らしが身に沁み込んでいる・・・
いつもだと、休日前の夜は嬉しくて寝られないのだが、(子供のよう)
ダメだ~ 起きてられなかった・・・

今日で、連休はおしまい。 明日からポチポチ働きますw




ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



ブログで隣の家と花の情報交換をする

ブログでお隣の家と花の情報交換をしている。

普通の隣の家ならば、家から首をだせば隣の庭が見えるし、
「お~い」と呼べば「あいよ」と返事が返ってくる、
普通の隣の家ならば、ブログを使う必要はないが、
ここでの隣の家は、6次元での隣のことで、
現次元では、車で1時間の距離があり、度々、訪問できないため、
ブログ内の画像で、庭の様子を知り、情報交換している。

祝詞婆 水芭蕉の株分けをしようとしたが、あまりに根が深く断念した。
      たまたま水芭蕉の苗が売っていたので、買って植えた。(生きていたょ~)

隣の家 私も株分けしょうとして、あまりに根が深く、1株をダメにした。
      どこで、水芭蕉の苗を買ったの? 水芭蕉の苗をみたことない。

春の花3

隣の家 最近のブログで、ご主人の好きな八重のキンポウゲを大切にしている。
      雑草に負けるので、草取りをしている。群生して咲くようになった。

祝詞婆 数年前、友人の家にあるこの花を見て気に入って1株もらってきた。(この花好きですw)
      年々株が増えてたが、今年は少ない。 なんで?
      雑草に負ける? 庭のキンポウゲの周囲には野スミレがびっしりと生い茂っていた。
      本日、野スミレを全部抜き取りました。 これでよし!

黄色キンポゲ

祝詞婆 4月5日のブログで、名前を忘れた山野草の画像をアップした。
      画質が悪くて(カメラが安物だから、、)この画像じゃわからないよね。

隣の家 4月12日のブログで、この山野草の画像と名前を、アップして、ご回答いただいた。

うん、うん、これこれ、 キクザキ イチゲ

春の花2 この画像で、キクザキ イチゲの名前はでない・・・

隣の家から、「ねえ~ あの山野草の名前なんだっけ?」って声が聞こえた? 

こんなブログの使い方もできるのねぇ・・・ (オモシロイ~)


ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

お嬢様猫の遠吠え

ここは集落のはずれの山の中の一軒家、
家の前の公道が、工事のため通行止めとなってから、
誰も通らない。

誰も通らず、来ないが、
山菜がとれる今の時期だけ、
お天気のいい休日は山菜を取りに人間がやって来る。

今朝、部屋の中から洗濯物を干すお婆を見ていた猫の「さくらさん」が
突然、う~っと低い声で唸りだし身構えた。

あれ?さくらさんどうしたの?
誰もいないよ。と声をかけたが、

よく見れば、
道路の向かい側の草藪の中で、わらびをとっている人影が見える。

草藪をウロウロし、頭がでたりひっこんだり、挙動不審である。

あのね。道路の向かい側の草藪まで30m以上あるうえ、
こちらは、家の中にいるんだよ。

相手方からは、もちろん、唸り声も聞こえてないし、見えてもいないよ・・・

まぁ、、、この距離だから吠えられるけど、もっと近ければ、逃げの一手だね。

お嬢様猫の遠吠えでした・・・


ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

4年間の草取りの成果

木が大きく成長して、電線を揺すようになったため、
カットしてもらった。

自分ではできないので、いつもの造園屋さんにお願いした。

カット 


遅い春がやってきて1か月、そして、GW中、ずっ~と、草取りをしていた。
ここで暮らすようになって、4年間、春から秋まで、草取りして、庭仕事していた結果、

15春の庭2
人間の背以上に伸びたカヤが生い茂っていた。

15春の庭
一面スギナが生い茂っていた。

花が咲き乱れるまではいかないが、少し、庭ぽくなってきたぞ。。。

ここに移り住んでから知り合った造園屋さんが、集金に来て、
「なんか、ようやく良い感じになってきましたね。
5年前、カヤを重機で刈り取った時は、どうなることかと心配しました。
山桜も後20年すれば良くなりますよ。(20年後が楽しみね。)
あの低い場所に、余っている腐葉土がありますから、運んできます。え運搬費だけください。
紅葉の苗がたくさんありますから持ってきますよ。(赤いのがいいけど。)
どれが赤いかなんてわかりません。秋になってからのお楽しみです。紅葉はタダです。
いや~、楽しみですね。」と言う。

おっ、、今までになく、前向きな発言じゃない。
5年目にしてようやくやる気になったか???

今年は、「美少年の森」造りに、着手だなぁ~  タイムリミット45年
お気楽、極楽だけど、お道楽って言われてます。。。



ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

猫生の楽園 マスオさんの猫生

昨年から、200mのゆるい登り坂を掛け上がって、オス猫の「マスオさん」が
遊びに来るようになった。

最初は、後ろ姿だったものが、だんだんと行動が大胆となり、
お婆のいない日中留守宅にあがりこみ、ご飯は食べるは、昼寝はするは、
冬の夜には、二階の猫部屋のこたつの中で朝まで寝過ごし、
好き勝手であったが (猫生の楽園)

我が家の「おはぎさん」と「さくらさん」に優しく接してくれるならそれでも良しと、
大きな心で、接している。(ご飯を食べるだけで悪戯はしない。)

「おはぎさん」も「さくらさん」も生まれた時から、食べ物に不自由したことがないためか
ガツガツと食べることはない。少し食べては遊びで、必ず残すのである。
一般的な猫さんに比べ、食が細いように思う。 

少しでもたくさん食べて欲しいと、
ご飯は、ヒルズとIAMSを基本に、モンプチ、シーバ、懐石、
100円以上の猫缶である。(人間より猫缶のほうが高いってどういうこっちゃ・・・)

その残したご飯を完食するのが、「マスオさん」である。
「マスオさん」が来た日は、ご飯がなくなっている。
 
連休でずっと日中、お婆が在居しているものだから、(チッ、、婆がいるぜ・・・)
夜になりお婆が寝ると、そっと猫用通用口から忍び込み、ご飯を食べる。

連休前から、玄関に、鯉用にと貰った格安のキャットフードを置いておいたら、
「おはぎさん」と「さくらさん」は、このキャットフードには、見向きもしないけど、

残したご飯を完食後、このキャットフードに気付いたようで、
この連休で鯉用のキャットフード400gを食べてしまった。(ガサガサと音がしていた。)

毎朝、このキャットフードの袋が破かれているので、新しい袋に入れ変える。
一晩過ぎると、袋が破かれているので新しい袋に入れ変える。(目に見えて減った)
これを繰り返した。


マスオさん、自宅でもご飯を食べているだろうに、
連休中に、キャットフード400gは、いくらなんでも食い過ぎじゃない? 
お腹は大丈夫かね?

いい猫生~  (猫がよかった・・・) 

PS:マスオさんは、麓のどこかの家で飼われている猫さんです。野良猫ではありません。
   今夜も来てますw



ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

ブヨに唇を刺されたら・・・

GWも残り1日、どこへも出掛けず、ずっと、引きこもって穏やかに草取りしていたと
言いたいところだが、

連休初日の夕方、草取りをしていて、下唇をブヨに刺された。
ブヨに刺されると、痒いわ、赤く腫れるわで、
唇がタラコを通り越して、明太子になってしまった。 

しまりなくポカンと口を開けているから、ブヨに刺された・・・ 

どこかへ外出することもなく、ずっと引きこもりだから、
どんなに唇が明太子で見た目が悪くても、(目の上を刺されて、お岩さんよりいいですw)
ご飯はちゃんと食べれるのだからなんら支障はなかったが、

篠笛の音が、かすれてでない。 アレ?? なんで音がでない???

ブヨに刺された2日目の夕方には、唇の腫れがだいぶ良くなったので、
篠笛教室にいったのだが、
いつにも増して、隙間風のような情けない音しかでなかった。(完全不快音)

先生に、ブヨに刺されて唇が腫れたことを言い訳すると、
先生から、歯が1本抜けても、笛の音が変わるし、
唇が荒れても割れても、笛の音が変わるから、
歯と唇は、大切にしないとダメですね。笛はデリケートな楽器です。
と言われた。

歯と唇ねぇ~

2月の下旬から通っている歯の治療はまだ終わっていない・・・
歯を抜くことなく、治療してもらっているが、 
総入れ歯だと笛はどうなるのか、教室の先輩に聞いてみた。
歯がないと笛を固定できないから、笛が吹けない。(下の歯で笛を固定するのでした。)
どんな音がでるかはわからないけど、総入れ歯で笛を固定できれば吹けると思う。
我々は、プロじゃないから、入れ歯で末永く篠笛を楽しみましょう~ (納得)

総入れ歯愛好者ですが、
自分の歯を大切に、これからは、定期健診にいかなきゃね・・・

連休もあと1日、
しっかりと口を閉めて、草取りしようか。


ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


一年中で一番爽やかな季節

一年中で一番いい季節がやってきた。

5月は、花が咲き、木の芽が吹き出し、風が爽やかでいい。

満開の八重桜と山吹 
3年前の冬の雪で倒れたので、造園屋さんから起こしてもらった。(2万円かかった・・・)
根がないと言われ、もう枯れるかと思ったら(老衰?)元気になった。
ひこばえがたくさん出てきたので、次世代にむけ、ひこばえを大切に育てている。
八重桜

庭の蕗で、きゃらぶきを作る 雑草の中の蕗は柔らかい。
ふき

店先に地物のタケノコが出回ってきた。今年は暖かいのでいつもより早い。
タケノコが食べたいが、竹林をもっていない。(笹やぶは持っている。)
掘ったばかりのタケノコが食べたい。 誰か、くれないかなぁ~ (贅沢ですw)

夕方、下唇をブヨに刺され、唇が明太子となってしまった。 
唇を動かさないで、草取りをしていたから。。
明日は、マスクをして、草取りするか・・・ (鼻が低いのでマスクをすると息苦しい。)

今夜は満月だ。空が明るくて、木の葉一枚一枚がはっきりと見える。
何か、でてきそう・・・ (汗)  

寝るべ。


ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村           

連休は、お気楽、極楽、お道楽

明日から待望の5連休だ。(嬉しくて寝られない。)

旅行の予定はない。
実家の老両親のご機嫌伺いに行く。(手ぶらでは行けない。お金が掛るのよ。)
歯医者さんへ行く。(2月から通って、まだ終わらない。)
友人とランチをする。(誘われた。)
篠笛教室に行く。(連休中だが、先生のご都合で教室はある。)
造園屋さんが集金に来る。(電線にかかる木の整備を頼んだ。)

近隣に住む友人たちは、この連休は、田植えで大忙しだろうから、
お茶はできない。
常連の日帰り温泉にいこうか、混むだろうから、行くなら夜だな。
お猫様とモフモフしたいけど、今も外へ遊びにいっていない・・・(憐)

時計を見ないで、時間を感覚で暮らせるって凄いこと。

お気楽、極楽、お道楽・・・


ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

祝詞婆

Author:祝詞婆
名前 祝詞婆(のりと婆)人生50年。二回目の人生を自分の思いのまま穏やかに暮らしたいと全てを捨てて?普通の田舎暮らしを始めました。暮らし始めたら・・何か変だぞ? マジー?!
普通とチト違う田舎暮らし。 
楽しい~ はまる~
今は昔。 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8)
プロローグ (1)
遠野語り。今は昔。 (59)
シンクロニシティ (17)
もののけ倶楽部部員 (4)
妖怪(倶楽部員) (2)
猫にゃんこ(倶楽部員) (89)
阿部正二(俱楽部員) (4)
美少年の森 (12)
山暮らし (254)
究極のエコ (13)
健康オタク (27)
越後三十三観音巡拝 (2)
木香 (10)
楽しい貧乏 (89)
思うこと (86)
自然栽培 (14)
ご近所様 (8)
鎮守の森 (10)
愛のエプロン (13)
ぼやき (45)
わらしべ長者 (1)

アクセスカウンター

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん