FC2ブログ

山の中で、もののけ倶楽部

50歳過ぎて始めた時々摩訶不思議な田舎暮らしをつづったブログ・・・

土鍋粥と酒粕汁

胸の痛みは、日に日によくなっている。
年齢の割には、回復力があるね~ 自画自賛!
と思っていたら、
今朝トイレに行こうと目が覚めて、胸の痛みをすっかり忘れて、
いつも通りガバっておきたら、
胸にズキンと痛みが走って、
振りだしに戻ったようだ。 トホホ

やっぱり、安静が必要だ・・・ トホホ

胸の痛みを抑えつつ、本日の投稿は、
冬の料理は、薪ストーブを使うである。

電気炊飯器を使わず、土鍋でご飯を炊く。
実際は、薪ストーブの火加減ができないので、
はじめチョロチョロ、中パッパがご飯炊きの基本だけど、できませんw
ご飯のつもりでもお粥ができる。

白米1合に玄米を少し入れて、テキトーに水を入れて、
土鍋を薪ストーブの上に置いておくと、お粥の完成。

1食に半分食べる。
お粥

味噌汁は、貰った白菜の葉2枚とネギ1本、時々カットワカメを入れて、
最後に味噌と一緒に酒粕を一片入れて完成。
味噌と酒粕の相性は抜群。

薪ストーブを使っての調理に何の不自由もない。(まぁこれしか作らないから・・・)

あとは、納豆や豆腐、ふりかけと海苔の佃煮、 
ジャガイモを消費するために作るポテトサラダ

これで終了。 

栄養バランスは、お昼は会社のしっかり管理された給食を食べているから大丈夫。



ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

お気楽・極楽・お堕楽
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

私もここ1−2年土鍋でご飯を炊いています。
タイミングがなかなかわからなかったのですが、ちょっと土鍋の蓋をするタイミングを遅らせると炊きやすくなることに気付きました。
つまり、お米と水を加熱し、お米が水を吸って膨らみ始めます。この間、しゃもじで焦げ付かないよう混ぜてもいます。水がお米の上面より少なくなった状態の時に初めて蓋をします。こうしてからも水蒸気が蓋の穴から出てきます。水蒸気の量が少なくなり少々お焦げの臭いがしたら(5−7分ぐらい)火を閉じ止め、15分ほど蒸らせば完成です。参考までに。

Re: タイトルなし

半隠遁さん、コメントありがとうございます。

> 私もここ1−2年土鍋でご飯を炊いています。
> タイミングがなかなかわからなかったのですが、ちょっと土鍋の蓋をするタイミングを遅らせると炊きやすくなることに気付きました。
> つまり、お米と水を加熱し、お米が水を吸って膨らみ始めます。この間、しゃもじで焦げ付かないよう混ぜてもいます。水がお米の上面より少なくなった状態の時に初めて蓋をします。こうしてからも水蒸気が蓋の穴から出てきます。水蒸気の量が少なくなり少々お焦げの臭いがしたら(5−7分ぐらい)火を閉じ止め、15分ほど蒸らせば完成です。参考までに。
ふむふむ。
やってみます。
ひたすら水を入れて煮るばかりではお粥しかできないのです。
ご飯を炊けるといいなぁ~ 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://imahamukashi.blog.fc2.com/tb.php/1043-52908d49

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

祝詞婆

Author:祝詞婆
名前 祝詞婆(のりと婆)人生50年。二回目の人生を自分の思いのまま穏やかに暮らしたいと全てを捨てて?普通の田舎暮らしを始めました。暮らし始めたら・・何か変だぞ? マジー?!
普通とチト違う田舎暮らし。 
楽しい~ はまる~
今は昔。 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
プロローグ (1)
遠野語り。今は昔。 (74)
シンクロニシティ (19)
もののけ倶楽部部員 (4)
妖怪(倶楽部員) (2)
猫にゃんこ(倶楽部員) (110)
阿部正二(俱楽部員) (5)
美少年の森 (22)
山暮らし (359)
究極のエコ (17)
健康オタク (40)
越後三十三観音巡拝 (2)
木香 (11)
楽しい貧乏 (138)
思うこと (121)
自然栽培 (18)
ご近所様 (9)
鎮守の森 (10)
愛のエプロン (20)
ぼやき (56)
わらしべ長者 (5)

アクセスカウンター

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん