FC2ブログ

山の中で、もののけ倶楽部

50歳過ぎて始めた時々摩訶不思議な田舎暮らしをつづったブログ・・・

土鍋ご飯

土鍋でご飯の炊き方をおしえてもらったので、
おしえてもらった通りにやってみました。

水が多くて、やっぱりお粥だったり、
米が硬い・・・ 水を加えてやっぱりお粥だったり、
でも、少しずつお粥からご飯に近づいている。

白米に玄米を混ぜる。黄色に見えるのが玄米
土鍋ご飯1

ぶくぶく煮えて、何回かかき混ぜる。
土鍋ご飯2

一見ご飯 実はお粥 あと一歩
土鍋ご飯3

土鍋で炊いたお粥って美味しいからご飯も美味しいはず。

ご飯を電気炊飯器で炊くって、けっこう電気がかかるから、土鍋でご飯炊いて、
ご飯にかかる電気料を、お猫様のコタツ電気料にまわすぞ。

薪ストーブで火加減できないから、(カマドでも火加減できないけど・・・)
その時の薪の燃え具合によって、ご飯にならないんだよ。 
難しい。 水を多めに入れて煮るだけのお粥は簡単だ。

いや、この冬の間に、ご飯を炊く技を会得してみせる。


ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

お気楽・極楽・お堕楽
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

 不燃ゴミの日に拾った、韓国製の厚手のステンレス両手鍋で、かれこれ二十年ちかく、毎朝の様に玄米を炊いております。
「はじめチョロチョロ、中パッパ」と、どなたが言い出しっぺなのか存じ上げませんが、そんな迷信を真に受けて、ガスコンロでメシを炊くと、百発百中、失敗します。
 鍋の中のお米に水を注いで、玄米の場合は三時間以上置いてから、白米の場合は即、強火のガスコンロに掛け、鍋ブタから吹きこぼれが始まったら火を弱小にして、水気が引いて、ちょこっとお焦げの匂いが漂ったら火を止めて、お鍋ごと、何枚か重ねた新聞紙やタオルにくるんで三十分ほど置くと、百発八十中ぐらいで、ふっくらとメシが炊き上がっていることでしょう。

炊飯器の電気代ってマジでスゴイです。
保温なんてしようもんならハンパないらしい!したことないけど。
今は羽釜で炊いてますが(めちゃウマ!)、私も以前は蓋つきの片手鍋で炊いてました。
めちゃウマとはいかなくても普通にご飯でしたよ(笑)
そうですね、最初に強火で一気に!が肝心です。
でも薪ストーブだと弱火は難しそうですから、沸騰したら下に五徳(あるいはそれっぽい何か)を置いてみたらいかがでしょう。
ストーブから鍋底を若干遠ざけて弱火ゲットする。
ちなみに私はふっとうした後弱火で13分、火を止めて15分蒸らすって感じです。
玄米はわからないですが。

私は「四畳半の住人」というブログでメシを旨く炊く幸せを教えて頂きました。

でも美味しいご飯なんて炊かない方がいいよっ!
旨くてやばすぎる。特に腹のあたりが・・・。

玄米を入れて白米を炊いたことはありませんけど、玄米が全体の20%程度以下だったら気にすることもないでしょうかね。
100%白米の場合、水の量は、白米2合(360cc)炊く場合、洗米後の米に400cc入れて、30分−1時間放置しておきます。白米1合だったら水200ccぐらいです。

余談ですが、実家の80歳を超えた両親は健康のため50%ほどの玄米ご飯にしていました。私はあの玄米の食感が嫌いなので実家に帰る時は私用の白米を炊いて貰っていました。
ある時、実家の食卓で一緒に食事していた両親に、玄米ご飯は実は美味しくはないと言っていましたので、『老い先短く美味しい食事の回数も限られているし、今更健康を気にする歳でもないでしょう。思いっきり美味しいご飯を食べた方が残りの人生幸せじゃないの?』とつい口走ってしまいました(^_^; その後実家に帰った時、実家では毎回直前に精米しての白米のご飯になっていました(^▽^)
多分、善行をしたのではないかと思っていますけど(^_^;。

追加です。

火を止めたあと、15−20分程度、蓋を開けずに蒸らしが必要です。

Re: タイトルなし

半隠遁さん、コメントありがとうございます。

白米100%のご飯のほうが断然美味しいですが、健康のため、
玄米10%なら気にならずに食べれるので10%程度入れます。
玄米は半日水に浸して、白米は30分から1時間水に浸してから炊いてます。

土鍋ご飯、おこげが美味しいですね~
電気炊飯器では作れないおこげにはまってます。

健康も大事だけど、毎日美味しいご飯を食べるってほうがいいですね。


Re: タイトルなし

のえるさん、コメントありがとうございます。

美味しいご飯が炊けるようになりました。
ご飯が美味しくて、下腹ともも尻がふっくら・・・やばいです!

お粥のほうがよかったか・・・トホホ


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://imahamukashi.blog.fc2.com/tb.php/1051-5dc644e5

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

祝詞婆

Author:祝詞婆
名前 祝詞婆(のりと婆)人生50年。二回目の人生を自分の思いのまま穏やかに暮らしたいと全てを捨てて?普通の田舎暮らしを始めました。暮らし始めたら・・何か変だぞ? マジー?!
普通とチト違う田舎暮らし。 
楽しい~ はまる~
今は昔。 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
プロローグ (1)
遠野語り。今は昔。 (74)
シンクロニシティ (19)
もののけ倶楽部部員 (4)
妖怪(倶楽部員) (2)
猫にゃんこ(倶楽部員) (110)
阿部正二(俱楽部員) (5)
美少年の森 (22)
山暮らし (359)
究極のエコ (17)
健康オタク (40)
越後三十三観音巡拝 (2)
木香 (11)
楽しい貧乏 (138)
思うこと (121)
自然栽培 (18)
ご近所様 (9)
鎮守の森 (10)
愛のエプロン (20)
ぼやき (56)
わらしべ長者 (5)

アクセスカウンター

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん