FC2ブログ

山の中で、もののけ倶楽部

50歳過ぎて始めた時々摩訶不思議な田舎暮らしをつづったブログ・・・

茗荷栽培農家への野望

夏茗荷の畑から、茗荷を収穫しました。

ミョウガ

夏茗荷の畑と、秋茗荷の畑、2つを持っています。
 夏茗荷は、お盆の頃から採れます。
 秋茗荷は、9月の中旬頃から採れます。

もちろん、無農薬、無肥料、適当に草取りするだけ。(植えっぱなし・・・)

日当たりと土地が、抜群にいい環境のようで、(どんどん広がっている)
葉の丈は、お婆の腰位の高さ位まで伸び、(とにかく丈夫)
大きな、丸々とした茗荷が、たくさん採れます。 (商売できそう)

茗荷って手間いらずの、優等生野菜です。

お盆の頃、茗荷が、スーパーで3個100円で売られていました。
3個100円の茗荷では高すぎて、茗荷が主役の茗荷サラダは作れませんが、
畑から、たくさん採れるので、茗荷サラダを作りました。
値段にすると、1000円以上のサラダです。

たくさん採れた茗荷は、都会の友人におすそ分けしています。(とても喜ばれる)
それでも、食べきれず、半分は捨てています。(3個100円だ・・・)

今の時期、 無性に、スーパーマーケットへ、茗荷を売りに行きたくなるのです。
茗荷栽培農家になる自信があります。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
人の貧乏は蜜の味
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

わかる、、、。

ミョウガの増え方は半端じゃないです。
一度にたくさん取れて、もて余すのも、商売にしたいのも
よくわかります。
でも残念なのは、どこの家もおんなじと言うこと。
この辺り、両隣もご近所さんもみんな、持て余してるよ。
私は最近、割り切って減らすべく抜いて捨てたり、
葉っぱを刈り取って、マルチに使ってます。
でも、その野望、叶うことを祈ってるね。
有る所には有るけど、ない所にはないでしょうからね。

Re: わかる、、、。

> ミョウガの増え方は半端じゃないです。
> 一度にたくさん取れて、もて余すのも、商売にしたいのも
> よくわかります。
> でも残念なのは、どこの家もおんなじと言うこと。
> この辺り、両隣もご近所さんもみんな、持て余してるよ。
> 私は最近、割り切って減らすべく抜いて捨てたり、
> 葉っぱを刈り取って、マルチに使ってます。
> でも、その野望、叶うことを祈ってるね。
> 有る所には有るけど、ない所にはないでしょうからね。

そうなんです。田舎の家には、必ず茗荷が植えてあって、
みなさん持て余しているんです。
都会に住む友人は、高いお金出してスーパーで買わなきゃいけないので、
あげると、とっても喜ぶんです。

肥料も消毒もなく手間いらずで、どんどん繁殖する茗荷です。
手間賃と運搬費用を入れても、3個100円は、高すぎると思うんです。

持て余す位茗荷が採れる田舎の生活は、豊かですね。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://imahamukashi.blog.fc2.com/tb.php/194-48a635ee

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

祝詞婆

Author:祝詞婆
名前 祝詞婆(のりと婆)人生50年。二回目の人生を自分の思いのまま穏やかに暮らしたいと全てを捨てて?普通の田舎暮らしを始めました。暮らし始めたら・・何か変だぞ? マジー?!
普通とチト違う田舎暮らし。 
楽しい~ はまる~
今は昔。 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
プロローグ (1)
遠野語り。今は昔。 (74)
シンクロニシティ (19)
もののけ倶楽部部員 (4)
妖怪(倶楽部員) (2)
猫にゃんこ(倶楽部員) (110)
阿部正二(俱楽部員) (5)
美少年の森 (22)
山暮らし (359)
究極のエコ (17)
健康オタク (40)
越後三十三観音巡拝 (2)
木香 (11)
楽しい貧乏 (138)
思うこと (121)
自然栽培 (18)
ご近所様 (9)
鎮守の森 (10)
愛のエプロン (20)
ぼやき (56)
わらしべ長者 (5)

アクセスカウンター

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん