FC2ブログ

山の中で、もののけ倶楽部

50歳過ぎて始めた時々摩訶不思議な田舎暮らしをつづったブログ・・・

猫と暮らすのは悪くない


猫ニヤンと同居するのは、はじめてです。

同じ親から生まれ、ずっと一緒に暮らしてきた姉妹猫です。
生まれた時から、辛い思いも、淋しい思いもなく、お腹が空くこともなく、
自由に外へ行き、自由に家の中を歩き回る環境で育ってきた猫です。

どちらかをかわいがるということなくすべて平等に接してきました。
貧乏なのに、すべての物を2つ買い、撫ぜる時は右手と左手で一緒に撫で、
あっちに声をかけたら、次はこっちに声をかけてきました。

同じ環境で、全て同じに接してきたのに、全く、行動が違う・・・ なんで??
おはぎとさくら

さくらは、缶詰が好きだが、おはぎは、カリカリが好き。(食費1月5000円です。)
さくらは、ねずみや鳥を食べるけど、おはぎは、食べないし捕獲もしない。(勘弁して~)
さくらは、家に居るけど、おはぎは、時々、1~2日間いなくなる。 (どこで何をしてる?)
さくらは、抱っこできないけど、おはぎは、抱っこできる。(イヤだが我慢している。)
さくらは、襖と障子を破るけど、おはぎは、破らない。(お客をよべない・・・)

こんなに違うけど、それぞれの行動に、癒されるから不思議です。

猫にゃんと暮らす生活は悪くない。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
人の貧乏は蜜の味
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

猫は、結婚してからずっと飼い続けています。
初代の猫は、息子が大学で家を出て行くのを聞いてからすぐに亡くなりました、満19歳でした。
息子は今でも、この猫を「お姉ちゃんだ」といいます。彼は遺骨をキーホルダーにいれて肌身離さず持っています。
今でも、避妊する前に子供を産ませてやりたかったと後悔していますよ。
猫の個性がこんなに違うものだとは、知りませんでした。
今現在、2匹いるけど、まったく行動が異なります。

Re: 全てが愛おしい

コメントをありがとうございます。
いただくコメントを楽しく読んでいます。

人間に媚びない、マイペース、時々甘えながらいたずらをする。
家はボロボロで、とても、お客を呼べる状態ではありません。
今は、無理に遊びに来てくれなくてもいいと、開き直っています。

猫の全てが愛おしいです。大切な同居猫です。

息子さんの大切に遺骨を持たれる気持ちがわかります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://imahamukashi.blog.fc2.com/tb.php/218-481c306c

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

祝詞婆

Author:祝詞婆
名前 祝詞婆(のりと婆)人生50年。二回目の人生を自分の思いのまま穏やかに暮らしたいと全てを捨てて?普通の田舎暮らしを始めました。暮らし始めたら・・何か変だぞ? マジー?!
普通とチト違う田舎暮らし。 
楽しい~ はまる~
今は昔。 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
プロローグ (1)
遠野語り。今は昔。 (74)
シンクロニシティ (19)
もののけ倶楽部部員 (4)
妖怪(倶楽部員) (2)
猫にゃんこ(倶楽部員) (110)
阿部正二(俱楽部員) (5)
美少年の森 (22)
山暮らし (359)
究極のエコ (17)
健康オタク (40)
越後三十三観音巡拝 (2)
木香 (11)
楽しい貧乏 (138)
思うこと (121)
自然栽培 (18)
ご近所様 (9)
鎮守の森 (10)
愛のエプロン (20)
ぼやき (56)
わらしべ長者 (5)

アクセスカウンター

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん