FC2ブログ

山の中で、もののけ倶楽部

50歳過ぎて始めた時々摩訶不思議な田舎暮らしをつづったブログ・・・

日光 中三依紀行 親不幸者

先日の日曜日、34年ぶりに再会した中学時代の同級生の「かかし」さんから
お誘いを受け、会社の先輩であり、本当の同級生の由美さんと、中三依を訪ねました。

二人は同級生、お婆は、「付録」みたいなものだけど、まぁ、お婆がいなかったら、
34年ぶりの再会はなかったのだから、お婆が主役と大きな顔していました。

かかし

「かかし」さんが、高校を卒業して東京へいってからの34年間、音信不通だったのは、
かかしさんが、苦笑いしながら、言ってました。

オラのおっかは、同級会・同窓会の案内が来ると、オラに見せないで全部捨てていた。
どうも、地元の人にオラを会わせたくなかったようだ。

由美さん情報によれば、
かかしさんは、大変に優秀で、当時、トップクラスの学力の人しか入れない国立の高校(高専)に
合格したが、そこが嫌で、すべり止めだったこの地方で一番の県立の進学校へ入学した。
お母さんの自慢の息子だった。

34年の間にいろいろなことがあって今のかかしさんがいるんだけれど、
お母さんにすれば、一流企業に勤め、美しい奥さんと可愛い子供さんに囲まれ
誰もが羨む人生を送っているはずの息子が・・・という思いがあるのかもしれない。

かかしさんは、文章も絵もうまく、中国を自転車で旅行した時のことを
自分で手作りした本にまとめている。まだ30Pしか読んでないが、お世辞なく面白い。
自然体で生きている人である。才能豊かな人である。 
才能豊かであればあるほど、優秀であればあるほど、親として、なんでとの思いが強いのだろう。
せめて、人並みにという親の気持ちがわかる。(一応子を持つ親ですから。) 
そういう意味で、親不幸者だ。

音信不通が、よ~く、理解できました。

楽しい中三依のお話は、これでおしまい。  また、遊びにいこう~

蛇足ですが、
七田さんの奥様、綺麗な人です。フランス語ペラペラ、ボサノバも料理もプロ級、上流家庭の出身。
凛とした雰囲気があってとっても素敵な人です。
この方が、ド田舎の中三依で自給自足で暮らしている。ある意味、この人も、親不幸者?


ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



コメント

親の価値観と異なる生き方してしまうと、親不幸ということなのでしょうかね。

私も、「子供たちにはこんな生活送ってほしいな」
なんていう夢がありますけど、
多分異なる生き方するんだろうと思っています。

本人が幸せだと思える人生ならそれで良いと思ってはいるのですけど。

Re: タイトルなし

こんばんわ~

> 本人が幸せだと思える人生ならそれで良いと思ってはいるのですけど。

そうですね。
私も他人からどう思われようと、本人が幸せだと思える人生ならそれで良いと思っています。

ただ、とくに、田舎では、皆と同じことが大切で、
皆が同じ価値観で人の幸せを測る傾向があるようです。

親世代は、世間の目が全てのようです。

世間の目を気にしていたら、一般人はアーリーリタイアがなかなかできないでしょうね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://imahamukashi.blog.fc2.com/tb.php/256-d344dd0a

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

祝詞婆

Author:祝詞婆
名前 祝詞婆(のりと婆)人生50年。二回目の人生を自分の思いのまま穏やかに暮らしたいと全てを捨てて?普通の田舎暮らしを始めました。暮らし始めたら・・何か変だぞ? マジー?!
普通とチト違う田舎暮らし。 
楽しい~ はまる~
今は昔。 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
プロローグ (1)
遠野語り。今は昔。 (74)
シンクロニシティ (19)
もののけ倶楽部部員 (4)
妖怪(倶楽部員) (2)
猫にゃんこ(倶楽部員) (110)
阿部正二(俱楽部員) (5)
美少年の森 (22)
山暮らし (359)
究極のエコ (17)
健康オタク (40)
越後三十三観音巡拝 (2)
木香 (11)
楽しい貧乏 (138)
思うこと (121)
自然栽培 (18)
ご近所様 (9)
鎮守の森 (10)
愛のエプロン (20)
ぼやき (56)
わらしべ長者 (5)

アクセスカウンター

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん