FC2ブログ

山の中で、もののけ倶楽部

50歳過ぎて始めた時々摩訶不思議な田舎暮らしをつづったブログ・・・

自由猫にゃん

昨年から一緒に暮らし始めた「おはぎ」と「さくら」は
家付き、召使い付きの完全なる自由猫にゃんである。
(一般には野良猫と言う。)

猫5


お婆が最初に顔を見たのが、「おはぎ」と「さくら」の母猫の「たまさん」である。
(昔から猫の名前はタマと決まってる?)
たまさんは、野良猫だった。そして、3匹の子猫を連れていた。
3匹の子猫の名前は、「おはぎ」「さくら」そして「いろは」である。
(お婆が思慮してつけた名前です。)
今、お婆の家に居るのは、「おはぎ」と「さくら」の2匹である。
4匹まるごと飼う。と腹をくくったのであるが今は2匹である。
2匹になってしまったのである。
いま思えば不思議な「たまさん」との出会い、2匹になるまでの話は、
長くなるので、この話は近いうちにしましょう。

ちなみに、「たまさん」は、立派なもののけ倶楽部員です。

お婆は猫には全く興味がなかった。猫派?犬派?どちらかといえば犬派で
あった。 今は、完全なる猫派である。 メロメロよ~   
猫を飼うと、障子・襖・柱はボロボロ、家の中は砂だらけになると言われた。
確にそのとおりだと思った・・・
1匹ならまだしも、4匹だ!家の中には入れない!外で飼おう!と決めた。
が、
今は、召使い付きの家で、堂々と家と外を自由に行き来している。泥足
家の前から裏へ行くに、外を回らず家の中をつきぬけていく・・・はぁ~
庭中を縦横無尽に走り回る。木にのぼる。土を掘り返す・・・はぁ~
お腹が空けば、「にゃ~にゃ~。(まんま~ まんま~)」
        「にゃーにゃー。(おかわりー もっとー)」
召使いのお婆が、抱っこしょうとすればスルリと逃げていく。
眠くなれば、お婆のことなど無視して二階の布団のある部屋へ直行する。

なに不自由のないピカピカの箱入り自由猫にゃん

こんなの買っちゃった・・・うふっ
ねこ2
猫って床に寝るのは好きじゃないって聞いたから二階の布団のある部屋に
置きました。 ふかふか
2匹掛けでくつろぐには十分な大きさよ。リサイクル店でお値段は4000円。

爪のお手入れも大事よ。もちろん2個。
猫3

うっとり・・・猫6

これ、気にいってるの・・・猫8

毎日同じご飯じゃ飽きちゃう。今日の夕飯はどれにしょうかしら?
猫1
もちろん召使いのお婆のより高い金額をはらいました・・・

猫7 仲良くご飯

なんか、猫にゃんの家に住まわせていただいてるみたい。どっちが主?
だけど、しあわせ・・・ 田舎暮らしっていいもんだね~ 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://imahamukashi.blog.fc2.com/tb.php/32-dca9c7ed

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

祝詞婆

Author:祝詞婆
名前 祝詞婆(のりと婆)人生50年。二回目の人生を自分の思いのまま穏やかに暮らしたいと全てを捨てて?普通の田舎暮らしを始めました。暮らし始めたら・・何か変だぞ? マジー?!
普通とチト違う田舎暮らし。 
楽しい~ はまる~
今は昔。 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
プロローグ (1)
遠野語り。今は昔。 (74)
シンクロニシティ (19)
もののけ倶楽部部員 (4)
妖怪(倶楽部員) (2)
猫にゃんこ(倶楽部員) (110)
阿部正二(俱楽部員) (5)
美少年の森 (22)
山暮らし (359)
究極のエコ (17)
健康オタク (40)
越後三十三観音巡拝 (2)
木香 (11)
楽しい貧乏 (138)
思うこと (121)
自然栽培 (18)
ご近所様 (9)
鎮守の森 (10)
愛のエプロン (20)
ぼやき (56)
わらしべ長者 (5)

アクセスカウンター

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん