FC2ブログ

山の中で、もののけ倶楽部

50歳過ぎて始めた時々摩訶不思議な田舎暮らしをつづったブログ・・・

普通の日常の暮らし

この日曜日に草刈りのお手伝いに来てくれた「阿部正二さん」から
別の「阿部正二さん」のお父様が亡くなられたと聞いたので、
早速、お参りにいった。

「阿部正二さん」の奥様には、日頃より、大変お世話になっている。

「阿部正二さん」のお父様(以下、じいちゃんと記載します。)は、亡くなられて、
すでに、2週間経っていた。

お参りするだけのつもりが、ご飯を御馳走になって帰ってきた。(ご飯の言葉に弱い人間でした。)

御馳走になった話は、さて置き・・・
ここからが本題、「阿部正二さん」の奥様のお話、

亡くなったじいちゃんは、97歳、老衰、大往生で、泣く人はなく、
お葬式は、毎晩宴会だった。

じいちゃんは、97歳だが、ボケなく元気で、
亡くなる前の日まで、
鬼嫁からの家の周囲の草取りをせよとの命令で草取りをしていた。
亡くなった日は、草取りをやり終えて、
いつものとおり、昼ご飯を全部食べ、
いつものとおり、居間のソファーで昼寝をしていた。

その日は、休日で、鬼嫁は不在だったが、息子の「阿部正二さん」とお孫さんがいた。
昼ご飯を食べた後、「阿部正二さん」は納屋で農作業を行い、
お孫さん(20歳を過ぎた大人です。)は、自室でくつろいでいた。

お孫さんが自室でくつろいでいたら、、
地震でもないのに、部屋が突然ガタガタと揺れた!?

んっ!!?
じいちゃんだ・・・
  (即、じいちゃんだと思うお孫さんって変だよ。)

と大慌てで、居間のソファーでいつものとおり昼寝をしているじいちゃんのところへ
かけよった・・・

じいちゃんは、ソファーで眠るように穏やかな顔で亡くなっていた。

じいちゃんが、死んだよ~って知らせにきた・・・ (汗)

葬式となって、亡くなったじいちゃんの写真が必要になったが、
あんまりポックリ逝ったので、気が動転してしまい、
この日のためにと撮っていた写真のことをすっかり忘れ、
古い写真をいれた段ボール箱しか思い浮かばず、
段ボール箱の中から、テキトーにアルバムを1冊だし、アルバム開いた。

テキトーに開いた最初のページに、
亡くなったばあちゃと一緒に撮った笑顔のじいちゃんの写真があった。

この写真いいなぁ~と思い、写真を撮った月日を見たら、
10年前の今日の月日だった!! (ワッ! 10年前の今月今夜・・・)

じいちゃんが、この写真がいいって言ってる気がして、遺影はこの写真にした。 
正直、地震といい、写真といい、背筋が冷たくなった。。。

思えば、じいちゃんもばあちゃんも、その先代も、皆病床に伏すことなく亡くなっている。
どうも、この阿部家って、楽~にポックリ逝く家のようよ。 (羨ましい~)

「阿部正二さん」といい、「妖怪」といい、
どうも、、これが普通の日常の暮らしのようだ・・・ 

全く知る人のない所での田舎暮らしの中で、
友人として、声をかけていただき、大変有り難く感謝しているが、
あなたたちの日常生活、何か変じゃないかねぇ~


ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



コメント

まさに、私の理想とする亡くなり方です。
90歳なんてことは言いません、70歳でもいいので
こんな形でお願いしたい^^

多分、多くの方が望むんじゃないかな

良い話ですね~暗黙の内に 導かれるように 旅立ちの段取りをしてあげて。
温かく 絆の強いご家族だったんでしょう。
鬼嫁さん、お爺ちゃんがいなくなって 今頃はきっと淋しいですよ。
こんな風に 最期を迎えられたら 人間幸せです。
お葬式が宴会なんて 本当に幸せな人生だったんだな~と思いますもん。

Re: タイトルなし

iいろいろでセカンドライフさん、コメントありがとうがざいます。

> まさに、私の理想とする亡くなり方です。
> 90歳なんてことは言いません、70歳でもいいので
> こんな形でお願いしたい^^
私も、ご飯を食べてから、眠るように亡くなりたいです。
こんな形なら、いつでもオーケーですw

どうすればこういう形で逝けるのか?
何か秘訣があれば、おしえてほしいものです。

Re: タイトルなし

ムツゴロウさん、コメントありがとうございます。

ご飯を食べてから、(私的には、このご飯を食べてからが大事な点です。)
こんな風に、苦しむことなく、眠るように逝けたら最高です。

> お葬式が宴会なんて 本当に幸せな人生だったんだな~と思いますもん。
お葬式が、宴会って、幸せなことですよね。
まさに、大往生、天寿を全うしたということです。羨ましい限りです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://imahamukashi.blog.fc2.com/tb.php/369-4d1dffb8

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

祝詞婆

Author:祝詞婆
名前 祝詞婆(のりと婆)人生50年。二回目の人生を自分の思いのまま穏やかに暮らしたいと全てを捨てて?普通の田舎暮らしを始めました。暮らし始めたら・・何か変だぞ? マジー?!
普通とチト違う田舎暮らし。 
楽しい~ はまる~
今は昔。 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
プロローグ (1)
遠野語り。今は昔。 (74)
シンクロニシティ (19)
もののけ倶楽部部員 (4)
妖怪(倶楽部員) (2)
猫にゃんこ(倶楽部員) (110)
阿部正二(俱楽部員) (5)
美少年の森 (22)
山暮らし (359)
究極のエコ (17)
健康オタク (40)
越後三十三観音巡拝 (2)
木香 (11)
楽しい貧乏 (138)
思うこと (121)
自然栽培 (18)
ご近所様 (9)
鎮守の森 (10)
愛のエプロン (20)
ぼやき (56)
わらしべ長者 (5)

アクセスカウンター

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん