FC2ブログ

山の中で、もののけ倶楽部

50歳過ぎて始めた時々摩訶不思議な田舎暮らしをつづったブログ・・・

忘れかけていた昔を思い出す。

今日も一日庭で遊んでいた。 いいね、この庭が好きなんだよ~
 
誰とも話さず、一人寂しく・・・穏やかに・・・
ちっとも寂しくない。 楽しくて、うふふっ~

めずらしく、セミリタイア前の忘れかけていた昔のことを思い出した。

ほとんど思い出すことがないこと。
普通に、夫なる人と姑なる人と子供と一緒に暮らしたこと。

更年期障害だったのだろうか、とにかく、身も心も疲れていた。うつ病だったかも。

嫁と姑の関係って難しい。
嫁と姑と夫の関係ってもの凄く難しい。 (2等辺三角だな)
うまくやれなくて、リタイアするしかなかった。

姑は、働く嫁を助けようと、食事作り以外の家事をセッセとしてくれた。
夫は、仕事以外何にもしなかった。

たまに、夫に家事を頼むと、脇から、姑が、私がする、と言った。

数日間、姑が食器を洗うと、皿や茶碗の裏に残った汚れに黒いカビがでるようになった。
皿や茶碗は重ねて収納される。
嫁から裏もよく洗って欲しいといわれるより、息子から言われるほうがよかろうと夫に言った。
夫は、手伝ってくれる母にそんなことは言えない。嫁が黙って洗いなおせばよいと言う。

洗濯干しは、洗った洗濯ものを、何故か、玄関の上り框に並べる。
せっかくきれいになった洗濯ものが、汚れるじゃないか。
夫に並べないように言ってくれと頼んだら、手伝っている母にそんなことは言えない。
並べられるのが嫌なら、嫁がやればいい、と言う。

たった一度、姑の言動に対して、これって意地悪じゃないって、夫に言ったら、
夫から、母は心の優しい仏のような人で、意地悪をするような人間ではない。
意地悪と感じる嫁の心が曲がっていて醜い。と言う。

毎日の中での小さなイザコザです。話を聞いて欲しかっただけなんです。
それ以来、じっと心を閉じました。 心の醜い嫁でございました。

東京へ単身赴任した時、夫の車を2カ月近く借りた。
毎週末、帰省しては、炊事洗濯掃除買いもので、ヘトヘトになっていた。
車をありがとうって返したら、
洗車してから返すのが常識だ、常識のない女と言う。

嫁は他人です。家族ではありませんね。 車は洗って返すのが常識なんでしょうね。
それ以来、じっと心を閉じました。 他人でした。。。

大きな出来事はないけど、小さな出来事が積もっていって、
ずっと心を閉じてきました。 うまくやれなかった。 (もう頑張れない・・・)

なめんなよ! いつまでもやってられないよ!  (嫁の反乱ですw)
セミリタイアとともに、きれいサッパリ全部捨てました。 
スッキリ~ 

さて、明日も楽しく遊ぼうじゃないか。。。  
ヘタレ、ダラダラ、グ~タラ、イーカゲンだ・・・  


ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

こんばんは

状況がよく分からない私が言うのは僭越なんですが
とにかく、身も心も疲れていたのなら
そこから離れることは必要だったと思いますよ。

うまくやれなかったのは誰のせいでもなく
ただ、巡り合わせが良くなかったのだと思います。
自分を責める必要はもちろんないですし
誰かを責めても嫌な思いが自分に返ってきちゃいますね。

だから、水に流して
「明日も楽しく遊ぼうじゃないか」がいいですね。

人生は、嫌なことは水に流し、
楽しい事だけを残せばいいんだと思います。(^^)/

同感です。

小黒さんに同感です。

昔読んだ本の一節
「朝起きて、自分にAre you happy?と問いかけてみる。もしそうでなかったらその原因を取り除く」
っていうのがあって
あれ以来それに励まされて
ずいぶん色んな決断をしてきたような気がします。
つまり、自分がhappyであるかどうかが大事です。

いい決断だったんじゃないですか。
友よまた逢おう!

お疲れ様でした

いつも楽しく拝見させております。

外でもフルで働いて単身赴任までして、家のこともやってらしたんですよね。

本当にお疲れ様でしたと言いたいです。

国が盛んに女性活用とか言ってますが、安い賃金で男並みに働き、家の事もやって、なおかつ子供もジャンジャン産めって言ってるようなもので、そんなに何でもかんでも出来るわけないじゃん!って頭にきます。
なんであんなに男って偉そうにしてるんだ?

いいんですよ、そんなのに合わせなくても。
今の祝詞婆さんの暮らしぶり、とてもいいなーと思って。
これからもお邪魔させてもらいます。

Re: タイトルなし

小黒とらさん、こんばんわ~。コメントありがとうございます。

> うまくやれなかったのは誰のせいでもなく
> ただ、巡り合わせが良くなかったのだと思います。
> 自分を責める必要はもちろんないですし
> 誰かを責めても嫌な思いが自分に返ってきちゃいますね。
ありがとうございます。
そういってもらえると、心が軽くなります。
巡り合わせですね。
今はお気に入りの場所で、楽しく遊んでいるのですから、
あの状況がなければ今の暮らしがないとこを思えば、
あの状況も正解なんでしょうね。



Re: 同感です。

Kukonatsuさん、こんばんわ~。コメントありがとうございます。

Are you happy?と問いかけられたら、
即、I am happy って答えます。

あの状況がなかったら、ここで暮らしていないし、
Kukonatsuさんに絶対に会えなかったのだから、
すべて、オーライですね。

> いい決断だったんじゃないですか。
そう言ってくれて、ありがとう。
また逢おうね~

Re: お疲れ様でした

ももさん、こんばんわ~。コメントありがとうございます。

> 外でもフルで働いて単身赴任までして、家のこともやってらしたんですよね。
仕事と家庭の両立って絶対できないことです。
両方手を抜かないとできないですw

> 国が盛んに女性活用とか言ってますが、安い賃金で男並みに働き、家の事もやって、なおかつ子供もジャンジャン産めって言ってるようなもので、そんなに何でもかんでも出来るわけないじゃん!って頭にきます。
> なんであんなに男って偉そうにしてるんだ?
あははぁ 跡取り息子って小さい頃から大事に育てられたからね。

> いいんですよ、そんなのに合わせなくても。
> 今の祝詞婆さんの暮らしぶり、とてもいいなーと思って。
ありがとうございます。
ヘタレ、ダラダラ、グ~タラ、イ~カゲンの生活って、マジに楽しいです。

結婚ってもともとあわない他人同士をつなぎ合わせてなおかつ制度でしばりつけるものですからね。
システムとして元々無理があるんですよ。
アメリカは1/3が離婚、日本もそれに近い数字になってきているはず。
僕は自由に離婚できる社会のほうがいいと思います。
会社と同じで一回入ったからといってずっと居るべきというのは窮屈でしょうがない。

Re: タイトルなし

招き猫の右手さん、コメントありがとうございます。

平均寿命が80歳以上の国では、結婚って、とくに無理がある制度だと思います。
結婚生活が長すぎて、、、
これが60歳位の国なら、早く死ぬからなんとか最後まで頑張れそうです・・・

> 僕は自由に離婚できる社会のほうがいいと思います。
> 会社と同じで一回入ったからといってずっと居るべきというのは窮屈でしょうがない。
耐えて、耐えて、ひたすら相手が早く死ぬのを祈るのは、人として問題有りですw
楽しく遊ばなきゃね。窮屈はダメ、ゆるっとがいい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://imahamukashi.blog.fc2.com/tb.php/448-61ff0e1d

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

祝詞婆

Author:祝詞婆
名前 祝詞婆(のりと婆)人生50年。二回目の人生を自分の思いのまま穏やかに暮らしたいと全てを捨てて?普通の田舎暮らしを始めました。暮らし始めたら・・何か変だぞ? マジー?!
普通とチト違う田舎暮らし。 
楽しい~ はまる~
今は昔。 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
プロローグ (1)
遠野語り。今は昔。 (74)
シンクロニシティ (19)
もののけ倶楽部部員 (4)
妖怪(倶楽部員) (2)
猫にゃんこ(倶楽部員) (110)
阿部正二(俱楽部員) (5)
美少年の森 (22)
山暮らし (359)
究極のエコ (17)
健康オタク (40)
越後三十三観音巡拝 (2)
木香 (11)
楽しい貧乏 (138)
思うこと (121)
自然栽培 (18)
ご近所様 (9)
鎮守の森 (10)
愛のエプロン (20)
ぼやき (56)
わらしべ長者 (5)

アクセスカウンター

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん