FC2ブログ

山の中で、もののけ倶楽部

50歳過ぎて始めた時々摩訶不思議な田舎暮らしをつづったブログ・・・

年始恒例、遺言

年始、帰省してきたできの良くない息子に、恒例の遺言をする。
息子と一緒に暮らす気は全くない。息子とはスープの凍る距離がいいと思っている。

今は健康で元気であるが、人間の寿命はわからない。
100歳まで生きると言っても、もしかしたら、明日死ぬかもしれない。

息子が小さかった頃、一緒に遊んでいた1歳年下のY君のお母さんが、
最近、病気で亡くなったと聞いた。享年50歳。早すぎる死。
Y君が小学校に入学と同時に転居したためそれ以後会うことはなかったが、
小柄で華奢な綺麗な人だったと記憶している。

人はいつ死ぬかわからないから、年に1回、遺言をするのである。

今年は、 
恒例、
おはぎさんとさくらさんを見て欲しい。 今年から、モモタロウも加わるけど、
最後まで幸せな猫生を送って欲しい。 苦労させたくない。
>あいよ~ 心配するな。 任せてくれ!
おっ、今年はやけに即答するじゃないか。
>母より先に死ぬだろう~ 
おはぎさんとさくらさんを残しては死にきれない!長生きするけど、
人の寿命はわからない。万一の場合を想定してさ、、遺言する。
面倒をみないと、化けて出るぞ~
>母より先に死ねから大丈夫だ。 母、とても、長生きしそう・・・

母亡き後この家を維持管理しなくてよい。処分してよい。この家に未練はない。
必ずや、この家を買う人が現れる。 この場所が次の人を選ぶだろうから。
>たぶん、ここには住まないだろうから、その時、どうするか考えるよ。
好きにしていいよ。

この家にある家財のほとんどがガラクタであるが、
お値段の高かった皿やカップがいくらかある。 お気に入りのグラスもある。
捨てる時はよく見て捨てること。 もったいない。 未練たらたら・・・
>よく見ろっていったって、よく見てもわからない。
捨ててはいけない物は、
骨董好きの祖父からもらった切子の花瓶、骨董品の皿、マイセンとロイヤルコペンハーゲン
桜模様のご飯茶碗、織部の大皿と抹茶茶わん、清水焼の菓子鉢、輪島塗りの汁椀、
あ~、、限りなくでてくる・・・ 物欲のかたまり・・・
>キリコ? マンセン?? 岡部??? それってなんじゃいな?
とにかく、絶対に捨てるな!!  捨てたら化けてでるぞ~
>俺、間違って捨てそう~ 
>わかりやすいように、値段を書いたポストイットを貼ってくれると助かる。
わかった。いくまでに貼りつけておく。

母の遺骨は、ウエルダムで焼いてもらって、樹木葬にしてほしい。
カヤの木を植えておくから、カヤの木の根元に埋めてくれ。
カヤの木の下に、おはぎさんもさくらさんも眠るからね。
>了解したが、カヤの木って、どれ?
次回帰省した時、案内する。
>いや~ 案内されてもなぁ~ 木がいっぱいあって、別の木の根元に埋めそう・・・
おはぎさんとさくらさんと一緒じゃなきゃ・・・ 別の木じゃ困る!
間違えるな! 間違えると化けて出るぞ~~
>いや~ 間違えるなって言ってもさ~ 場所を忘れそうだし・・・
>木を囲って目印を付けておいてくれ。
しょうがない。 「ここ」って看板を立てておく。  

>あとさ、、、覚えられないから、わかりやすく紙に書いてくれると助かる。。。
毎年、更新して書くけどさ、手渡した遺言書を紛失するような気がする・・・
遺言書を額にいれて飾るのがいいかな。。。

あっ、あと一つ、金は残ってない。 

あしからず・・・ 



ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

カヤの木は良い材になりますね。
実も食べられるし。

骨董品は、みなさん処分に困るようですね
博物館も寄付される数が多くて、困っているようです^^

 この年になると、エンディングノート必要だと思います。
10年間で大姑100歳、舅84歳、実父86歳を見送りました。
遺品の片づけも遺産相続も結構手間取りました。身の回りを綺麗にして亡くなるのは理想的ですが・・・きっと無理だと思っています。

 現在認知症の姑と実母と同居し二人の財産管理をしていますが、通帳何処やった・頼まれた現金を渡しても貰っていないの一点張り・泥棒・腹黒女・・・いろんな疑いをかけられ、嫁と娘を止めたくなる時が多々ありました。
現在認知症が進み、お金に対する執着心が無くなりとても楽になりました。

 一方父方の叔母は、亡くなる数年前から生前形見分けを始め、私に自分ではとても買えない宝石を10点あまりを惜しげもなく下さいました。「お世話になった人に喜んで受け取って貰いたい」と言われました。死を予感していたのでしょうか、叔母は大動脈解離で急死してしまいました。
ジュエリーに興味のなかった私は、頂いてから身分違いの指輪とネックレスを身に付けています。叔母は喜んでくれていると思います。

 祝詞婆さんのブログを拝見して、考えさせられることが沢山あります。断捨離もエンディングノートも必要だけど、それが出来ないのが人間なのだと思います。

Re: タイトルなし

いろいろでセカンドライフさん、コメントありがとうございます。

> カヤの木は良い材になりますね。
> 実も食べられるし。
はい、良い材で、食べれて、とても長生きの木なんです。
樹木葬なら、カヤの木をお勧めします。

> 骨董品は、みなさん処分に困るようですね
> 博物館も寄付される数が多くて、困っているようです^^
古いから骨董品でして、なんの価値もないガラクラなんですけど、
もしかして? な~んて、欲をだすから捨てられない。(笑)
博物館も困っているんですか、はじめて知りました。

Re: タイトルなし

ゆーくんさん、考えさせられるコメントありがとうございます。

>  この年になると、エンディングノート必要だと思います。
> 10年間で大姑100歳、舅84歳、実父86歳を見送りました。
大変でしたね。

>  現在認知症の姑と実母と同居し二人の財産管理をしていますが、通帳何処やった・頼まれた現金を渡しても貰っていないの一点張り・泥棒・腹黒女・・・いろんな疑いをかけられ、嫁と娘を止めたくなる時が多々ありました。
> 現在認知症が進み、お金に対する執着心が無くなりとても楽になりました。
今も頑張っているんですね。姑さんと実母さん、幸せですね。

>  一方父方の叔母は、亡くなる数年前から生前形見分けを始め、私に自分ではとても買えない宝石を10点あまりを惜しげもなく下さいました。「お世話になった人に喜んで受け取って貰いたい」と言われました。死を予感していたのでしょうか、叔母は大動脈解離で急死してしまいました。
素敵な叔母さんですね。
生前形見分けや断捨離で、身の回りを軽くしていくのがいいですね。
わかっていても、整理できない、捨てられない・・・物欲が捨てきれず・・・
今日も煩悩の塊ですwwww

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://imahamukashi.blog.fc2.com/tb.php/507-a20ee364

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

祝詞婆

Author:祝詞婆
名前 祝詞婆(のりと婆)人生50年。二回目の人生を自分の思いのまま穏やかに暮らしたいと全てを捨てて?普通の田舎暮らしを始めました。暮らし始めたら・・何か変だぞ? マジー?!
普通とチト違う田舎暮らし。 
楽しい~ はまる~
今は昔。 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
プロローグ (1)
遠野語り。今は昔。 (74)
シンクロニシティ (19)
もののけ倶楽部部員 (4)
妖怪(倶楽部員) (2)
猫にゃんこ(倶楽部員) (110)
阿部正二(俱楽部員) (5)
美少年の森 (22)
山暮らし (359)
究極のエコ (17)
健康オタク (40)
越後三十三観音巡拝 (2)
木香 (11)
楽しい貧乏 (138)
思うこと (121)
自然栽培 (18)
ご近所様 (9)
鎮守の森 (10)
愛のエプロン (20)
ぼやき (56)
わらしべ長者 (5)

アクセスカウンター

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん