FC2ブログ

山の中で、もののけ倶楽部

50歳過ぎて始めた時々摩訶不思議な田舎暮らしをつづったブログ・・・

雪と猫

一枚の絵画のように・・・

猫と雪2

猫と雪1



ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

いい写真ですね。
雪だにゃー、外は寒いにゃ。
早く春が来ないかにゃ。
そんな声が聞こえてきそうな絵ですね。

癒されました。(=^・^=)

影絵みたい、白黒のコントラストが抜群ですね、ただこれは寒いなーと思わずにいられない厳しさも秘めています、素晴らしい写真ですが、ボケ爺には住めません^^;根っからの寒がり屋ですから

良いなあ・素敵な写真!
言葉はいらないよね。

こういう時は、やはりニャンコが絵になりますね。

家のワンコ、お散歩は大好きですが・・・
こたつで丸くなります(汗)

Re: タイトルなし

小黒とらさん、コメントありがとうございます。

> いい写真ですね。
褒めていただきありがとうございます。嬉しいにゃ~。
カメラが安物だからなかなか思うような写真が撮れなくて・・・
(腕をカメラのせいにしてます。)

春が待ち遠しいです。

Re: タイトルなし

ボケじいさん、コメントありがとうございます。

サブいです。冷蔵庫の中にいるみたいです。
私も寒がりなので、冬はコタツムリで、冬眠していたいのですが、
仕事があれば、嫌でも寒い中起きて動かなければならず、
辛いです。(泣)
言ってもしょうのないことですが、暖かい所がよかった。
年寄りは暖かい所がいいです。(泣) 



> 影絵みたい、白黒のコントラストが抜群ですね、ただこれは寒いなーと思わずにいられない厳しさも秘めています、素晴らしい写真ですが、ボケ爺には住めません^^;根っからの寒がり屋ですから

Re: タイトルなし

花ちゃんさん、コメントありがとうございます。

> 良いなあ・素敵な写真!
> 言葉はいらないよね。
つたない写真を褒めていただきありがとうございます。
雪景色をじっと見ている猫さんの後姿、メッサ可愛いですよ~

Re: こういう時は、やはりニャンコが絵になりますね。

びびさん、コメントありがとうございます。

> 家のワンコ、お散歩は大好きですが・・・
> こたつで丸くなります(汗)
座敷ワンコは、冬になるとコタツで丸くなるんですね。猫のようですね。
うちのお姫様猫は、薪ストーブが暑すぎてのぼせるようで、時々、雪の降る外へいって、
涼むようです。 こんな時は、すぐに帰ってきます。

にゃんこと雪は絵になりますなあ。
寒いのが苦手かと思ったら意外と雪の中で走り回る猫もいますね。

Re: タイトルなし

招き猫の右手さん、こめんとありがとうニャン、ニャン。

> にゃんこと雪は絵になりますなあ。
> 寒いのが苦手かと思ったら意外と雪の中で走り回る猫もいますね。
我が家のおはぎさんは、真冬でも1日一回は寒い外へ出て行きます。
何しにいくのやら?
生えている毛皮の厚さによって寒さの感じ方が違うのかもしれません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://imahamukashi.blog.fc2.com/tb.php/530-8165ece8

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

祝詞婆

Author:祝詞婆
名前 祝詞婆(のりと婆)人生50年。二回目の人生を自分の思いのまま穏やかに暮らしたいと全てを捨てて?普通の田舎暮らしを始めました。暮らし始めたら・・何か変だぞ? マジー?!
普通とチト違う田舎暮らし。 
楽しい~ はまる~
今は昔。 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
プロローグ (1)
遠野語り。今は昔。 (74)
シンクロニシティ (19)
もののけ倶楽部部員 (4)
妖怪(倶楽部員) (2)
猫にゃんこ(倶楽部員) (110)
阿部正二(俱楽部員) (5)
美少年の森 (22)
山暮らし (359)
究極のエコ (17)
健康オタク (40)
越後三十三観音巡拝 (2)
木香 (11)
楽しい貧乏 (138)
思うこと (121)
自然栽培 (18)
ご近所様 (9)
鎮守の森 (10)
愛のエプロン (20)
ぼやき (56)
わらしべ長者 (5)

アクセスカウンター

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん