FC2ブログ

山の中で、もののけ倶楽部

50歳過ぎて始めた時々摩訶不思議な田舎暮らしをつづったブログ・・・

左手箸修行

日頃よりお気楽グ~タラで、、所作なんて全く気にせず、全く関係ない暮らしをしているのが、
ある日突然、所作のことが気になりだしたのは、
ある若い女の子の食事風景を見てからある。
ここではA子さんとしておく。

所作とは、身のこなしや立ち振る舞いのことをいう。

A子さん、ちゃんとご馳走さまでしたと言うし、音をたてて食べるわけでなく、
箸の持ち方が変というわけでなく、遊びながら食べるわけでなく、
犬食いってわけでもない。 普通に食事をする。
それなのに、
食事の所作が美しくない、汚い感じさえするのである。(自分が歳をとったせいかな・・・)

何故に、美しくないのか? 考えてみた。、

A子さんは、少し前かがみでモクモクとご飯を食べる。
ご飯が好きなようで、真っ先にご飯を食べきってしまう。
お茶碗をもつ時、必ず、左手の人差し指の第一関節から先が、お茶碗の中に入る。
これが一番の問題かな・・・
4~5歳の子供がご飯を食べているように見えるのである。

A子さんを見ていて、
1汁2菜、質素な食事でも、誰が見てなくても、(いつも一人ご飯です。)
美しい所作で食べるって大事だと思った。

現実は、我と我が身を振り返れば、、
利き手でない左手に箸をもってご飯を食べている自分は、(左手を使おう~)
ラーメン・そば・うどんは、箸から麺がスルッと落ちる。(すべる食材ですw)
油断すると、左手の箸から、刺身がポロって落ちる。(早く食べたいと思うと落ちていく・・・)
ポロって落ちる前に、口を箸の方へもっていってキャッチ。(美しくない・・・)
突き刺せる食べ物は、気がつくと、箸に突き刺している。(この方法は効率がいい・・・)
汁のかかった丼は、最後のごはんが箸でつかめず、完全犬食い。(こりゃ、ダメだ・・・)
シャッツとパンツは、シミだらけ。(醤油のシミって落ちないのよね・・・)
床には、ご飯粒と菜っ葉が落ちている。 (はぁ~・・・・)

美しくない所作でした・・・

食事は、見ている人が美味しそうって思う位、美しい所作でいただきたいものだ。
不器用ですから、左手箸修行、まだまだですw 


追記 食事の所作で、以前伯母が語った話を思い出した。 (実話です。)
    家族皆での食事中、お嫁さんが、自分の箸を持ったまま家族のご飯の
    おかわりをするので、箸を置いたらどうか?と伯母が言った。
    お嫁さんは、箸を置くと、どこへ置いたか忘れるから持ってます、と答え、
    何があろうと、食事中は、箸を手離さなかった。 (なかなか、奥深い話ですw・・・)
    

ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村    
スポンサーサイト



コメント

 右手・左手の第一関節が茶碗に入る持ち方とても気持ち悪いです。すべてにおいて指が入る持ち方をしている姑をだらしなく感じているのが私です。今は何も出来ないとは言え、目の前の食器を触ろうとするとぞっとします。昔は野良仕事をして手も綺麗に洗わない人で、茶碗の内側に泥水で指の跡が付きます。何度食器を洗いなおしたことか・・・(怒)
茶碗を持ったまま、箸で小鉢や皿を引き寄せる。味噌汁の中で箸を洗う。茶碗をおりんのようにチンチンと箸で叩く・・・90歳の姑の食べ方は更にひどくなってきています。

祝詞婆が代弁してくれて、本当に同じことを感じている人もいるってことが分かって嬉しかったです。

 きっとA子さん気付いていないと思うので、そっと優しく教えてあげて下さいね。
 人の振り見て我が振り直せと言われるので、気を付けようと思います。

左右で鍛えて・・・ですねぇ〜(笑)

はい、私は箸と鉛筆以外は左利き(汗)
子どもの時、叩かれて、変えさせられました。
今、左で書く人も多く見られますねぇ〜、
時代だったのかなぁ〜???
昔、エアーブラシで絵を描くとき、どちらで持てばいいのか???でした(大汗)

人と楽しく食事ができるって、人の幸せのひとつだな〜と感謝する事多々ありです。所作について考えないようになっていました。親といた時代はあんなに気をつけていたのに...ただただ煩わしく思ってましたがw

気をつけよっと です。

Re: タイトルなし

ゆーくんさん、コメントありがとうございます。

>  右手・左手の第一関節が茶碗に入る持ち方とても気持ち悪いです。すべてにおいて指が入る持ち方をしている姑をだらしなく感じているのが私です。今は何も出来ないとは言え、目の前の食器を触ろうとするとぞっとします。昔は野良仕事をして手も綺麗に洗わない人で、茶碗の内側に泥水で指の跡が付きます。何度食器を洗いなおしたことか・・・(怒)
> 茶碗を持ったまま、箸で小鉢や皿を引き寄せる。味噌汁の中で箸を洗う。茶碗をおりんのようにチンチンと箸で叩く・・・90歳の姑の食べ方は更にひどくなってきています。
ひどいですね・・・
お行儀も所作もなし・・・
一緒にご飯を食べたくないです。

> 祝詞婆が代弁してくれて、本当に同じことを感じている人もいるってことが分かって嬉しかったです。
>
>  きっとA子さん気付いていないと思うので、そっと優しく教えてあげて下さいね。
>  人の振り見て我が振り直せと言われるので、気を付けようと思います。
A子さんが若い女の子だからなおさら、気になったのだと思います。
そうですね。そっと教えてあげようと思います。
所作って、その人の品格を現しますね。
いい年のおばさんが、ぼろぼろとご飯をこぼしては、
品格低いって言われますW(汗)

Re: 左右で鍛えて・・・ですねぇ〜(笑)

びびさん、コメントありがとうございます。

> はい、私は箸と鉛筆以外は左利き(汗)
両方の手を使わなきゃと思い、左手でご飯を食べています。
びびさんは、私の理想の両手使いですね。

> 子どもの時、叩かれて、変えさせられました。
> 今、左で書く人も多く見られますねぇ〜、
> 時代だったのかなぁ〜???
昔は、なんであんなに無理やり利き手を変えさせたんでしょうね?
私は完全右利きなので、全て右手でやってきましたが、
右肩の具合が悪かった時、何にもできませんでした。
両手使えるって、もの凄く便利です。

> 昔、エアーブラシで絵を描くとき、どちらで持てばいいのか???でした(大汗)
どちらで持てばいいのか迷う、これは困りますね。(笑)

Re: タイトルなし

ブーさん、コメントありがとうございます。

> 人と楽しく食事ができるって、人の幸せのひとつだな〜と感謝する事多々ありです。所作について考えないようになっていました。親といた時代はあんなに気をつけていたのに...ただただ煩わしく思ってましたがw
私も今は、所作なんて全く気にしない暮らしです。が、
自分のことは棚に上げて、人のこと特に若い女の子が目につく・・・
おばちゃんになった証拠だとも思います。

>
> 気をつけよっと です。
所作って人間の品格に通じるものがあるように思うので、
私も気をつけようと思います。 

私も祝詞さんに教わってから食事をたまに左手で取っています。パスタなんかは簡単ですね。
あと当然ながらスプーンですくうような単純なものならすぐに出来ました。

PCのマウスはほぼ完璧に左でできるようになりました。こちらはもっと簡単ですね、すぐ慣れました。
おかげで右手首の腱鞘炎かというような痛みは無くなってきましたよ。

Re: タイトルなし

招き猫の右手さん、コメントありがとうございます。

> 私も祝詞さんに教わってから食事をたまに左手で取っています。パスタなんかは簡単ですね。
> あと当然ながらスプーンですくうような単純なものならすぐに出来ました。
スプーンは割と上手にできるけど、箸で丼ものがうまく食べられないのですwww

>
> PCのマウスはほぼ完璧に左でできるようになりました。こちらはもっと簡単ですね、すぐ慣れました。
> おかげで右手首の腱鞘炎かというような痛みは無くなってきましたよ。
招き猫の右手さんは、器用ですね。
私は、マウスは左手でやるとイライラしてきてダメでしたけど、
脳にもいいようなので、できるだけ左手も使うようにしています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://imahamukashi.blog.fc2.com/tb.php/547-d6fee144

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

祝詞婆

Author:祝詞婆
名前 祝詞婆(のりと婆)人生50年。二回目の人生を自分の思いのまま穏やかに暮らしたいと全てを捨てて?普通の田舎暮らしを始めました。暮らし始めたら・・何か変だぞ? マジー?!
普通とチト違う田舎暮らし。 
楽しい~ はまる~
今は昔。 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
プロローグ (1)
遠野語り。今は昔。 (74)
シンクロニシティ (19)
もののけ倶楽部部員 (4)
妖怪(倶楽部員) (2)
猫にゃんこ(倶楽部員) (110)
阿部正二(俱楽部員) (5)
美少年の森 (22)
山暮らし (359)
究極のエコ (17)
健康オタク (40)
越後三十三観音巡拝 (2)
木香 (11)
楽しい貧乏 (138)
思うこと (121)
自然栽培 (18)
ご近所様 (9)
鎮守の森 (10)
愛のエプロン (20)
ぼやき (56)
わらしべ長者 (5)

アクセスカウンター

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん