山の中で、もののけ倶楽部

50歳過ぎて始めた時々摩訶不思議な田舎暮らしをつづったブログ・・・

ただひたすらに愛おしい存在

いつか必ず別れる時が来ることを知っている。

今は、だたひたすらに愛おしい存在である。

迷子だったわけではないだろうに、もっと早く帰ってくればいいのに~ 
ここが貴方の家だよ。 
モモタン3月

モモタン3-1


雪の降る中、お外へ出て行ってばかりだったが、
4年目の冬にしてようやくストーブ脇の椅子にいるようになった。
おはぎ3-2

おはぎ3-1

猫小屋に棲んでいるワタシです。


ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

うちのお母さん猫は推定12歳。
この子は私の一番の相棒で、台所仕事してる時はテーブルの上にちょこんと座って終わるのを待っててくれる。

トイレやお風呂から出ると必ずドアの前にいる。
デスクワークしているといつも膝の上。
庭に出ればずっとそばを離れない。

>いつか必ず別れる時が来ることを・・・

私も一時この言葉が頭にちらついて離れない時期がありましたが、この子が私といて幸せで私もこの子といて幸せで。

漠然とした不安のせいでその幸せを堪能しきれないのは馬鹿げていると思い直し、今この時だけを一緒に素直に楽しむことにしました。
時間に限りがあるとしたら、暗いこと考えて時間を無駄にしたくない!

でも、一番の恐怖はこの子たちを残して私が倒れることです。
うちの可愛いさんたち(家猫3ニャン)には長生きしてもらいたいので、私も元気でいなくっちゃ!と、せっせとプールに通い暇さえあれば四股を踏んでおります。

何にしても(猫のためにも)、元気で達者が基本ですからね。
身体もココロも。

そうなんですよね、ネコ撫でるたびに
「長生きしてくれよ」
と声かけてしまう。

まだまだ4歳だから、先が長いと思うんだけど
その日を思うと、もう切なくて切なくて^^;

一緒に旅立てたら最高なんだけど。

いいね、いいね。
猫に囲まれて暮らしたい。

Re: タイトルなし

のえるさん、コメントありがとうございます。
返信が遅くなりました。ごめんなさい。

> うちのお母さん猫は推定12歳。
> この子は私の一番の相棒で、台所仕事してる時はテーブルの上にちょこんと座って終わるのを待っててくれる。
>
> トイレやお風呂から出ると必ずドアの前にいる。
> デスクワークしているといつも膝の上。
> 庭に出ればずっとそばを離れない。
かわいいですね~ 
人間以上の家族です。

>
> >いつか必ず別れる時が来ることを・・・
>
> 私も一時この言葉が頭にちらついて離れない時期がありましたが、この子が私といて幸せで私もこの子といて幸せで。
>
> 漠然とした不安のせいでその幸せを堪能しきれないのは馬鹿げていると思い直し、今この時だけを一緒に素直に楽しむことにしました。
> 時間に限りがあるとしたら、暗いこと考えて時間を無駄にしたくない!
ワタシも時間を無駄にしたくないです。
今の幸せを思う存分楽しみたいし、別れた時に、ありがとうって言えるといいなって思ってます。
>
> でも、一番の恐怖はこの子たちを残して私が倒れることです。
> うちの可愛いさんたち(家猫3ニャン)には長生きしてもらいたいので、私も元気でいなくっちゃ!と、せっせとプールに通い暇さえあれば四股を踏んでおります。
>
> 何にしても(猫のためにも)、元気で達者が基本ですからね。
> 身体もココロも。
そうです! この子たちを残して倒れるわけにはいかんのです! 
マジに死に切れません!
人間も猫さんも百歳めざして、シコ踏んで頑張りましょうね。

Re: タイトルなし

いろいろでセカンドライフさん、コメントありがとうございます。

> そうなんですよね、ネコ撫でるたびに
> 「長生きしてくれよ」
> と声かけてしまう。
うん、うん、ワタシも毎日「元気でいてね」と声をかけてます。
>
> まだまだ4歳だから、先が長いと思うんだけど
> その日を思うと、もう切なくて切なくて^^;
亡くなった実の親の話をしても涙はでないが、
5年以上も前に亡くなった愛犬の話をすると、大泣きする友人がいました。
友人は、親は全く泣けないのよね~と笑顔で言ってました。
必ずその日が来るんですよね。切なくなります。
>
> 一緒に旅立てたら最高なんだけど。
奥様は残して、猫さんと一緒じゃ、奥様が泣きますよ。
いや、泣かないか・・・

Re: タイトルなし

招き猫の右手にゃん、コメントありがとうにゃん、にゃん。

> いいね、いいね。
> 猫に囲まれて暮らしたい。
いいだろう~ 羨ましいだろう~
猫様の飯代を稼ぐために、仕事してるぜ・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://imahamukashi.blog.fc2.com/tb.php/775-09b8b508

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

祝詞婆

Author:祝詞婆
名前 祝詞婆(のりと婆)人生50年。二回目の人生を自分の思いのまま穏やかに暮らしたいと全てを捨てて?普通の田舎暮らしを始めました。暮らし始めたら・・何か変だぞ? マジー?!
普通とチト違う田舎暮らし。 
楽しい~ はまる~
今は昔。 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8)
プロローグ (1)
遠野語り。今は昔。 (61)
シンクロニシティ (17)
もののけ倶楽部部員 (4)
妖怪(倶楽部員) (2)
猫にゃんこ(倶楽部員) (89)
阿部正二(俱楽部員) (4)
美少年の森 (13)
山暮らし (263)
究極のエコ (13)
健康オタク (29)
越後三十三観音巡拝 (2)
木香 (10)
楽しい貧乏 (94)
思うこと (91)
自然栽培 (14)
ご近所様 (9)
鎮守の森 (10)
愛のエプロン (13)
ぼやき (46)
わらしべ長者 (2)

アクセスカウンター

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん