FC2ブログ

山の中で、もののけ倶楽部

50歳過ぎて始めた時々摩訶不思議な田舎暮らしをつづったブログ・・・

猫にゃん さくら 九死に一生! 検証報告 

祝詞婆と一緒に暮らしている猫にゃんの「さくら」が

トンビに油揚げをさらわれるじゃなく、トンビに猫をされわれそうになったことは、ブログで書きました。


「さくら」の顎の下のトンビの爪痕は、思ったよりも大きな傷でした。

トンビは、獲物が弱って動かなくなるまで、決して、爪を緩めはしなかったと思います。猛禽類です。(怖~っ)


あの時、祝詞婆が窓から外を見なければ、気付くのが遅ければ、「さくら」は、トンビに空へ連れ去られないまでも、

咽に爪が食い込み、穴が空く大けがをしていたと思います。(心臓がバタバタしてきた・・)

ホントに助かってよかった。まさに九死に一生でした。(祝詞婆は鬼婆に変身しました。怖~っ)

運がよかった? 

これは、単に運がよかったのだろうか? 

雪の降る所に住む人間は、朝起きるとすぐに雪の積もり具合いを知るためカーテンの隙間から外を見ますけれど、

あの時間帯に窓から外を見ることはしません。あの日だけ見た・・・(お婆は見た。お~怖~っ

 
あの日は、職場に携帯電話を忘れたため、(携帯を目ざまし時計として使っている)いつもより30分早く起きました。

30分早く起きたから、あの時間帯に引き寄せられるように外をみたものすごいジャストタイミング・・・

なんで外を見たのかな? 

なんで携帯電話を職場に忘れたのかな?


前日、仕事でこの地域で一番大きな病院へいきました。病院へは仕事で月に1~2回不定期で行きます。

その病院の玄関で、顔色が非常に悪い婆友にバッタリ出会いました。婆友は「これから入院する。」と言いました。

あまりに顔色が悪かったのが気になって(土色、今にも死にそうな顔色でした。)仕事帰りに病院へ寄らねばと

気が焦っていたため、携帯電話を忘れてしまったのでした。

この婆友、大の猫好きです。

大きな病院ですので人の出入りがたくさんです。突然具合が悪くなった友人と出会う確率は非常に低いはずです。

でも、出会いました。   3分違っても出会いませんね。

婆友と出会ったので、携帯電話を忘れ、朝30分早く起きました。早く起きたので窓から外を見ました。

運がよかった。偶然です。が、

シナリオがあるような・・・  臭いがしません?


おはぎとさくら  「おはぎ」さんと「さくら」
ストーブの前であったか~ 


(田舎暮らし)
ランキングに参加しています。1クリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://imahamukashi.blog.fc2.com/tb.php/79-e79e965a

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

祝詞婆

Author:祝詞婆
名前 祝詞婆(のりと婆)人生50年。二回目の人生を自分の思いのまま穏やかに暮らしたいと全てを捨てて?普通の田舎暮らしを始めました。暮らし始めたら・・何か変だぞ? マジー?!
普通とチト違う田舎暮らし。 
楽しい~ はまる~
今は昔。 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
プロローグ (1)
遠野語り。今は昔。 (74)
シンクロニシティ (19)
もののけ倶楽部部員 (4)
妖怪(倶楽部員) (2)
猫にゃんこ(倶楽部員) (110)
阿部正二(俱楽部員) (5)
美少年の森 (22)
山暮らし (359)
究極のエコ (17)
健康オタク (40)
越後三十三観音巡拝 (2)
木香 (11)
楽しい貧乏 (138)
思うこと (121)
自然栽培 (18)
ご近所様 (9)
鎮守の森 (10)
愛のエプロン (20)
ぼやき (56)
わらしべ長者 (5)

アクセスカウンター

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん