FC2ブログ

山の中で、もののけ倶楽部

50歳過ぎて始めた時々摩訶不思議な田舎暮らしをつづったブログ・・・

ハイ。少し山奥でございますよ。

この辺では、冬の貴重な蛋白源として食用鯉を飼っている家が多くあった。
これも昔の話で、今は除雪された道を車で町のスーパーマーケットまで行けば
何でも買えるため食用鯉を飼う家はほとんどなくなった。

鯉を飼うのは止めたが、鯉を飼っていたイケスはそのままで、
ワタシが今住んでいる家も玄関脇にイケスがあった。

引っ越してきた頃、イケスの中には大小の食用鯉が30匹以上がいた。
じゃまにならんので、時々鯉の餌を買ってきては餌をやっていた。

数年前の冬、このイケスにヒビがはいりイケスの水位が下がった。
水位が下がったため、30匹近くいた鯉が、イタチ?ハクビシン?ムジナ?に捕られ、
ついにはこの春、たった1匹しか残っていなかった。

この残った鯉、餌を水面に蒔いてもすぐに食べに来ないのである。
池の中の岩影に隠れていて水の中からじっと水の上の様子を見ているようで、
安全を確認してから餌を食べに水面に上がって来るのである。
非常に用心深く利口な鯉である。 
さすがに最後まで残っただけのことはあると妙に感心していた。

1匹では淋しかろうと、新しい鯉を探したが、手に入れることができなかった。
錦鯉は割と簡単に手に入るが、色の鮮やかさから目に付くのですぐに捕獲されてしまうため、
黒い食用鯉じゃなきゃダメなのである。

何かしらのご縁がそのうちあるだろうと思っていたら、
行きつけの豆腐屋さんの親戚が、上流にあるダム工事で池の水が止まるため、
死んだじいさんが飼っていた鯉が死んでしまう。誰か貰ってくれる所を探している。
という話を聞きつけた。

貰っていただけませんか?

もちろん、貰った。
50~60cm の大きさの立派な食用鯉3匹

家まで運んでもらったのだが、
嫁さんと息子さん(小学生)2人が鯉が見たいと一緒に来ていた。

小学生の息子さん2人、我が家の池のほとりに立って、大きな鯉だね~とは言わず、

お父さん、凄い山奥だね・・・」 

はい。少し山奥でございますよ。。。

新しい3匹の鯉と仲良く泳いでいる。(よかった~)
来春に入れようと、稚魚20匹を予約した。 
しょぼくれた貧相な人間1人、お猫様は4匹、鯉は24匹、   

山奥だがにぎやかだ・・・


ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



コメント

生け簀は修理したんですか?
食用鯉をそんなに増やしてどうするんですか?
いざという時のタンパク源?
猫は鯉にちょっかい出しませんか?

お久しぶり〜。

私の実家でも黒い鯉を飼っていましたが、
しょっちゅう猫が、水際で見張っていましたので、
そして時々鯉がいなくなっていたので
父が上に網を張っていました。

でも飼っていた鯉はとても懐いていて、
頭を撫でても大丈夫、
開いた口に餌を入れてやってました。
そうなったらいいね。

ぜひ手乗り鯉に

最近、手乗り鯉が話題になっています。
是非、挑戦してください。
ネコさんとの共存が課題となりますが…

Re: タイトルなし

pinさん、コメントありがとうございます。

> 生け簀は修理したんですか?
ほとんど修理したのですが、もう1か所修理が必要です。
冬が来る前に修理する予定です。

> 食用鯉をそんなに増やしてどうするんですか?
> いざという時のタンパク源?
> 猫は鯉にちょっかい出しませんか?
鯉がいないと、ボウフラ(蚊)が大量発生する。
鯉がいると、鯉が掃除をするのでそれなりにイケスの中が綺麗である。
そして、一番の理由は、イケスをつぶさないのであれば、
厄除け?鯉を入れておいたほうがいいと言われたから。
我が家の猫さんは、池の中で泳ぐ鯉に興味ないというより、水が怖いようです。
池の中に手を入れようとしません。

Re: お久しぶり〜。

Kukonatsuさん、おひさしぶりです。コメントありがとうございます。

> 私の実家でも黒い鯉を飼っていましたが、
> しょっちゅう猫が、水際で見張っていましたので、
> そして時々鯉がいなくなっていたので
> 父が上に網を張っていました。
もしかして、鯉を捕っていたのは、我が家のお姫様猫??
鯉を捕ったか問いただしてみます。 

>
> でも飼っていた鯉はとても懐いていて、
> 頭を撫でても大丈夫、
> 開いた口に餌を入れてやってました。
> そうなったらいいね。
長く一緒に暮らしているってだけで鯉と言えどかわいいです。
頭を撫でられるようになるといいね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://imahamukashi.blog.fc2.com/tb.php/860-ced9c19d

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

祝詞婆

Author:祝詞婆
名前 祝詞婆(のりと婆)人生50年。二回目の人生を自分の思いのまま穏やかに暮らしたいと全てを捨てて?普通の田舎暮らしを始めました。暮らし始めたら・・何か変だぞ? マジー?!
普通とチト違う田舎暮らし。 
楽しい~ はまる~
今は昔。 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
プロローグ (1)
遠野語り。今は昔。 (74)
シンクロニシティ (19)
もののけ倶楽部部員 (4)
妖怪(倶楽部員) (2)
猫にゃんこ(倶楽部員) (110)
阿部正二(俱楽部員) (5)
美少年の森 (22)
山暮らし (359)
究極のエコ (17)
健康オタク (40)
越後三十三観音巡拝 (2)
木香 (11)
楽しい貧乏 (138)
思うこと (121)
自然栽培 (18)
ご近所様 (9)
鎮守の森 (10)
愛のエプロン (20)
ぼやき (56)
わらしべ長者 (5)

アクセスカウンター

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん