FC2ブログ

山の中で、もののけ倶楽部

50歳過ぎて始めた時々摩訶不思議な田舎暮らしをつづったブログ・・・

車が田んぼに落ちた・・・

田舎暮らしに、車は必需品。
歩くのが嫌い。 荷物を持って歩く。とんでもないことだ。
何処へでも車で行きます。
 
昨日の夕方、篠笛教室に行くために、いつもの田んぼ道を走っていた。
道路は先週降った雪が圧雪となり、ぼこぼこ。オマケに路面が凍りはじめていた。

時速30~40km でゆっくり運転していたはずが、、、
タイヤが滑って、あれ?!!!と思う間もなく、、(どうすることもできなかった。)

雪の中につっこんで、田んぼに落ちた・・・

車の前輪が道路脇の水路に落ちた・・・
車は前のめりに傾いて止まった・・・
辺りは見渡す限り雪原が広がる。 遠くに集落の明かりが見える。
道路沿いに電柱がポツリポツリとあり、薄暗く辺りを照らしている。

わぁぁぁぁ~ん 落ちたよぉぉぉぉぉぉ 

ダメだ~ 動けない。 助けを呼ばなきゃ~ (少しパニック状態。)
でも、ここどこだ? (田んぼの中だ。)

懇意にしている車屋さんに電話したら、(おばさんが半泣き~)
これからすぐに助けにいきます!と言ってくれた。 
ひとまず、ホッとする。

教室へ車が落ちて遅れるか、欠席することを電話する。(半泣き状態・・・)
電話すると、何処に落ちたのか?と聞かれるが、
う~ん・・・ 田んぼの中・・・ 何処かわかんない・・・
いつも豚カツ屋の角を曲がって、まっすぐに通ってくる。その田んぼの中・・・ 

様子を見にいくよ~ と言ってもらったが、
車屋さんが来てくれるから、大丈夫です。と半泣きで答える。

それでも、田んぼの中で心寂しかろうと、お稽古を止めて、(先生を残して・・・)
おじさん達全員で来て、車を押したり引き揚げたりしてくれた。
有り難くて泣けたよ~  
今日が今年初めてのお稽古日だってのに申し訳ない・・・ (嬉しくて半泣き~)


でもさぁ・・・ 助けが来るまでの傾いた車の中で思った。
誰のために笛を習っているのか・・・
ここの教室がいいって、紹介したのは、誰だ・・・
車を落とさんでもいいだろう・・・  ブツブツブツ

車屋さん到着~

教室のおじさんの1人と車屋さんがお互いに、
あれれ? 何故にこんな処にいるの?と、親しそうに話している。

どういうご関係?
おじさんの実姉さんの家が車屋さんの近所で、
車屋さんのお母さんと実姉さんは仲良しで、遊びにいったりきたりしている間柄。
年金暮らしのおじさんは、よく実姉さんの家へ遊びに行くので、
車屋さんと顔馴染みだった。(おじさんと実姉さんの家は30km位離れている。)

怪我もなく、車も無傷で、引き揚げてもらったが、
親戚、知人、友人の全くいない場所での田舎暮らしをはじめて数年、
人間の縁とは不思議なものだ。
ここで暮らすようになってから、
人との出会いは、どうも、シナリオがあるように感じてしまうワタシである。

明日、車をあげてもらったお金を払いに行く予定だ。(手土産持参で、)
多大な出費だと思ってはいけない。
必要経費である。


蛇足
この田舎で暮らしはじめて、2回目の車落ちだ・・・
1回目は、やっぱり夜、転居したばかりの頃、
近所の友人宅へご飯を食べにいく途中道を間違えて田んぼの中に迷い込み
まっ暗で道幅がよく見えず、ゴ~ンと落ちていた。
友人が田んぼの中へ迎えに来てくれて、友人宅でご飯を食べている間に
車屋さんが車を引き揚げて、車を友人宅まで運んでくれた。

都会で暮らしている時は、車が落ちるなんてことは一度もなかった・・・


ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村





 



スポンサーサイト

コメント

人情だね。

人のありがたさがわかりますねぇ。
よかったよかった。
でもさ、それですんでよかったよね。
転落して、怪我でもしたら多分全国ニュース・・・。
一躍有名人になるところだった。

怪我もなく、車も無事で、人の人情に触れ
正月早々縁起がいいと思いましょう~!

でも、まだまだ冬は続くよ、くれぐれも気をつけて!
外出は最小限にしてね。

1.車 田んぼに突っ込む       ×
2.すぐに車屋さんが来てくれるという 〇
3.教室のお仲間が駆けつけてくれた  〇
4.思わぬ人間関係を発見       〇
5.ケガもなく車も無事        〇
6.車の引き上げ代だけで済んだ    〇

〇のほうが多いじゃないか~!


不運な事件というより、色んなものに守られている
自分を発見できた一件。
何も心配せずに暮らすがよい。
・・・と、誰かが言ってます。

とにかくおけががなくて何よりです
4ニャンも扶養家族がいるんですから気をつけてくださいね

Re: 人情だね。

kukonatsuさん、コメントありがとうございます。

> 人のありがたさがわかりますねぇ。
> よかったよかった。
> でもさ、それですんでよかったよね。
> 転落して、怪我でもしたら多分全国ニュース・・・。
> 一躍有名人になるところだった。
人のありがたみがわかりました。
人って1人で生きてるんじゃない。支えあって生きている。
それにしても、もし、大けがをしたら、地方紙に、
老女、運転を誤り、側溝に転落するってでるんだろうな。老女だよ・・・

>
> 怪我もなく、車も無事で、人の人情に触れ
> 正月早々縁起がいいと思いましょう~!
>
> でも、まだまだ冬は続くよ、くれぐれも気をつけて!
> 外出は最小限にしてね。
冬、夜間の雪の中での外出はできるだけ避けますね~ 
夜は、家の中で猫さんとヌクヌクがいいてすね~

Re: タイトルなし

のえるさん、コメントありがとうございます。

> 1.車 田んぼに突っ込む       ×
> 2.すぐに車屋さんが来てくれるという 〇
> 3.教室のお仲間が駆けつけてくれた  〇
> 4.思わぬ人間関係を発見       〇
> 5.ケガもなく車も無事        〇
> 6.車の引き上げ代だけで済んだ    〇
>
> 〇のほうが多いじゃないか~!
>
>
> 不運な事件というより、色んなものに守られている
> 自分を発見できた一件。
> 何も心配せずに暮らすがよい。
> ・・・と、誰かが言ってます。

そうだね~ こうして見ると、確かに守られている。
ノー天気、極楽で暮らしていいってことだな。


Re: タイトルなし

まいけるさん、コメントありがとうございます。

> とにかくおけががなくて何よりです
> 4ニャンも扶養家族がいるんですから気をつけてくださいね
気をつけます。
4ニャンのことを思うと、どんなことがあっても逝きません!
旅行ですら、ニャンが待ってると思うと、心から楽しめないです。
旅行しなくていい。ニャンとまったりここに居るのがいいですね。
歳とともに、反射神経や認知能力が落ちているんだろうな・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://imahamukashi.blog.fc2.com/tb.php/915-7fc21529

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

祝詞婆

Author:祝詞婆
名前 祝詞婆(のりと婆)人生50年。二回目の人生を自分の思いのまま穏やかに暮らしたいと全てを捨てて?普通の田舎暮らしを始めました。暮らし始めたら・・何か変だぞ? マジー?!
普通とチト違う田舎暮らし。 
楽しい~ はまる~
今は昔。 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
プロローグ (1)
遠野語り。今は昔。 (70)
シンクロニシティ (19)
もののけ倶楽部部員 (4)
妖怪(倶楽部員) (2)
猫にゃんこ(倶楽部員) (105)
阿部正二(俱楽部員) (5)
美少年の森 (20)
山暮らし (337)
究極のエコ (17)
健康オタク (34)
越後三十三観音巡拝 (2)
木香 (11)
楽しい貧乏 (124)
思うこと (114)
自然栽培 (18)
ご近所様 (9)
鎮守の森 (10)
愛のエプロン (17)
ぼやき (53)
わらしべ長者 (5)

アクセスカウンター

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん