FC2ブログ

山の中で、もののけ倶楽部

50歳過ぎて始めた時々摩訶不思議な田舎暮らしをつづったブログ・・・

8月半ばで、すでに夏バテ。 撃沈・・・

冬より夏が好き。つまり、寒いより暑いほうが好きなんだけど、
身体は、寒いほうが好きのようで、
毎年、9月になると、夏バテで1~2日寝込んでいた。

今年は、猛暑で、すでに夏バテ・・・

日中暑いのは全く問題ない。(クーラーいらない。)
問題は、夜間。暑くて何回も目が覚めて熟睡できなくてふらふら。(蒸し風呂状態。)
寝不足なのに、夜明けとともに目が覚めるから起きる。(暑くて寝てられないよ。)

最近、猫のモモタンがこの暑いのに、ワタシのベットに上がってきて、
ワタシの上で寝るから、暖かいんよ・・・ 湯たんぽのっけてるみたい。(暑い・・・)

盆踊りの笛の練習が3日間続いたので、毎晩24時就寝だった。

お猫様のお世話とタニシさんの水槽の水替え、(タニシさんが死んじゃう~)
暑さのため池に入れている沸き水の水量が半減したので、
朝晩井戸水を池に注水する作業・・・(鯉さんが死んじゃう~~)
春先に植えた草木への水やり・・・(雑草が枯れてきた。)

目が回って撃沈。 無理できませんw


ランキングに参加しています。
時々摩訶不思議
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

我慢しない暮らし
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

お気楽・極楽・お堕楽
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

クーラーなんて必要ないってのは、古き良き時代の話。
今は意地と根性で乗り切れるかもしれないけど、身体が弱ってる時に酷暑の中で養生できますかっ?
年を重ねてこれからもっと体力が無くなってくるんですからね。
現代の異常気象に逆らうのは限界があるかもです。

程々のところで白旗あげて、文明の利器に頼ることもご検討下さいな。
とにかく、これ以上酷暑が続かない事を祈るばかりです。
お大事にしてくださいね。

はじめまして
暑中お見舞いもうしあげます
祝詞婆さんにように田舎暮らしをしたいと思っている ささ といいます
本当に今年の夏は暑いですね
6月末の梅雨明けの暑さの一撃で、いきなり参ってしまいました、以来夜は毎晩氷枕です
私も夏の方が冬より好きですが、今年の暑さはねぇ…
何卒ご自愛くださいね
これからもブログ楽しみにしています

Re: タイトルなし

さささん、はじめまして~ コメントありがとうございます。

> はじめまして
> 暑中お見舞いもうしあげます
> 祝詞婆さんにように田舎暮らしをしたいと思っている ささ といいます
> 本当に今年の夏は暑いですね
> 6月末の梅雨明けの暑さの一撃で、いきなり参ってしまいました、以来夜は毎晩氷枕です
> 私も夏の方が冬より好きですが、今年の暑さはねぇ…
暑い!暑い!が4日前。 今はサブい~ サブい~ 
チト、極端過ぎですw(怒) ちょうどいいのがちょうどいい。(ハァ~)

> 何卒ご自愛くださいね
> これからもブログ楽しみにしています
ありがとうございます。 暑さ(金欠も)に負けず頑張ります!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://imahamukashi.blog.fc2.com/tb.php/983-dd2fe10b

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

祝詞婆

Author:祝詞婆
名前 祝詞婆(のりと婆)人生50年。二回目の人生を自分の思いのまま穏やかに暮らしたいと全てを捨てて?普通の田舎暮らしを始めました。暮らし始めたら・・何か変だぞ? マジー?!
普通とチト違う田舎暮らし。 
楽しい~ はまる~
今は昔。 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
プロローグ (1)
遠野語り。今は昔。 (71)
シンクロニシティ (19)
もののけ倶楽部部員 (4)
妖怪(倶楽部員) (2)
猫にゃんこ(倶楽部員) (107)
阿部正二(俱楽部員) (5)
美少年の森 (22)
山暮らし (340)
究極のエコ (17)
健康オタク (37)
越後三十三観音巡拝 (2)
木香 (11)
楽しい貧乏 (128)
思うこと (116)
自然栽培 (18)
ご近所様 (9)
鎮守の森 (10)
愛のエプロン (18)
ぼやき (54)
わらしべ長者 (5)

アクセスカウンター

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん